横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

  • 定番

  • 公園・名所・史跡

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治末期から大正初期時代にかけて建てられた国の模範倉庫。海外から運ばれる物資や品物を受け取る拠点として、近代文化を発展させた場所なのです。そんな歴史ある建物には、カフェやレストラン、ショッピングを楽しめる店舗があり、アートや音楽などのイベントも随時開催。赤レンガパークから見える景色も気持ちいいですよ。

パークや多目的スペース、ホールで行われるイベントは必見

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク 赤レンガパークは、正面に大さん橋が見える海沿いの広場。イベントなどが開催されます。晴れた日は潮風が心地よく、大さん橋国際客船ターミナルに発着する客船をぼんやり眺めるのも横浜らしい過ごし方です。
横浜赤レンガ倉庫は、1号館と2号館からなる施設ですが、1号館は横浜みやげが揃うショップのほか、多目的スペースやホールが備わっています。また、美大生による作品から国内外のアーティストまでさまざまな作品展示や、音楽や演劇の公演など、幅広いエンターテインメントを提供しています。

みなとみらいや横浜港が一望できるバルコニーで大人の休日

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク 2号館は1階は「港ヨコハマのおもてなし」、2階は「予感をふくらませる、とっておきのこだわり」をテーマに、バラエティー豊かなショップやレストランが揃います。
2号館で特にオススメはグルメ。気軽に楽しめるフードコートから、JAZZの生演奏が楽しめるライブレストランまでバリエーションは豊富。バルコニー席に座れば、海風が心地よいけれど、さらに夜になると横浜の夜景は息を飲む美しさ。デートにも文句なしにオススメできる場所です。

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパークの基本情報

住所 神奈川県横浜市中区新港1-1
アクセス 横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅、または「日本大通り」駅より徒歩6分
JR根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅、または「関内」駅より徒歩15分
お問い合わせ 045-211-1515(赤レンガ倉庫1号館)、045-227-2002(赤レンガ倉庫2号館)

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク周辺のホテル・宿

アパホテル<横浜関内>

アパホテル<横浜関内>

横浜・新横浜・関内

市内観光名所も徒歩圏内の好立地。最上階に大浴場、露天風呂、サウナを完備で日頃の疲れを癒していただけます!

ダイワロイネットホテル横浜公園

ダイワロイネットホテル横浜公園

横浜・新横浜・関内

異国情緒溢れる港町横浜の雰囲気をココロから感じるホテル。横浜スタジアは目の前、中華街・山下公園へも徒歩圏内!

ホテルマイステイズ横浜関内

ホテルマイステイズ横浜関内

横浜・新横浜・関内

地下鉄関内駅より徒歩1分と好アクセス!横浜中華街や横浜スタジアムも徒歩圏内。観光やビジネスの拠点に◎

ダイワロイネットホテル横浜関内

ダイワロイネットホテル横浜関内

横浜・新横浜・関内

JR関内駅より徒歩3分! 横浜の観光地や東京方面へもアクセス抜群 全室空気清浄機完備&充実の朝食バイキングあり

周辺の宿一覧へ

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク周辺の観光スポット

中華街のお土産探しなら、迷わずココ!

駄菓子屋百貨店本店

中華街のお土産探しなら、迷わずココ!

魅惑のグルメ&街歩きスポット「中華街」。行ったら必須のお土産探しですが、みんなによろこばれるお土産を…

駅直結のスパ&サウナで、思い立ったらリフレッシュ!

スカイスパYOKOHAMA

駅直結のスパ&サウナで、思い立ったらリフレッシュ!

街のホコリと汗で、疲労感に包まれているビジネスマンのみなさん! 横浜駅からアクセス抜群のスパ&サウナ…

厳選された具材によるできたてサンドウィッチの美味しさを堪能

リアン・サンドウィッチ・カフェ 横浜店

厳選された具材によるできたてサンドウィッチの美味しさを堪能

フレンチサンドウィッチのお店、「Lien(リアン)横浜店」は、みなとみらい線日本大通り駅から歩いてす…

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

イセザキ・モール

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

伊勢佐木町の1丁目2丁目にあるのがイセザキ・モール。JR関内駅から歩いて1分程度のところに入口があり…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top