横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

  • 定番

  • 公園・名所・史跡

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治末期から大正初期時代にかけて建てられた国の模範倉庫。海外から運ばれる物資や品物を受け取る拠点として、近代文化を発展させた場所なのです。そんな歴史ある建物には、カフェやレストラン、ショッピングを楽しめる店舗があり、アートや音楽などのイベントも随時開催。赤レンガパークから見える景色も気持ちいいですよ。

パークや多目的スペース、ホールで行われるイベントは必見

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク 赤レンガパークは、正面に大さん橋が見える海沿いの広場。イベントなどが開催されます。晴れた日は潮風が心地よく、大さん橋国際客船ターミナルに発着する客船をぼんやり眺めるのも横浜らしい過ごし方です。
横浜赤レンガ倉庫は、1号館と2号館からなる施設ですが、1号館は横浜みやげが揃うショップのほか、多目的スペースやホールが備わっています。また、美大生による作品から国内外のアーティストまでさまざまな作品展示や、音楽や演劇の公演など、幅広いエンターテインメントを提供しています。

みなとみらいや横浜港が一望できるバルコニーで大人の休日

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク 2号館は1階は「港ヨコハマのおもてなし」、2階は「予感をふくらませる、とっておきのこだわり」をテーマに、バラエティー豊かなショップやレストランが揃います。
2号館で特にオススメはグルメ。気軽に楽しめるフードコートから、JAZZの生演奏が楽しめるライブレストランまでバリエーションは豊富。バルコニー席に座れば、海風が心地よいけれど、さらに夜になると横浜の夜景は息を飲む美しさ。デートにも文句なしにオススメできる場所です。

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパークの基本情報

住所 神奈川県横浜市中区新港1-1
アクセス 横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅、または「日本大通り」駅より徒歩6分
JR根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅、または「関内」駅より徒歩15分
お問い合わせ 045-211-1515(赤レンガ倉庫1号館)、045-227-2002(赤レンガ倉庫2号館)

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク周辺のホテル・宿

ホテルテラス横浜

ホテルテラス横浜

横浜・新横浜・関内

桜木町駅徒歩約5分、仕事と観光の拠点に! 朝食は大人気の和洋バイキング! 酸素が多く含まれる大浴場は無料貸切利用も可能♪

アパホテル〈横浜関内〉

アパホテル〈横浜関内〉

横浜・新横浜・関内

市内観光名所も徒歩圏内の好立地。最上階に大浴場、露天風呂、サウナを完備で日頃の疲れを癒していただけます!

ホテル横浜キャメロットジャパン

ホテル横浜キャメロットジャパン

横浜・新横浜・関内

JR横浜駅から地下街を抜けて徒歩5分 悪天候や荷物の多い日も移動がスムーズで便利 観光スポットへのアクセスも抜群

ホテルリブマックス横浜関内

ホテルリブマックス横浜関内

横浜・新横浜・関内

伊勢佐木長者町駅6A出口から徒歩5分!関内駅・日ノ出町駅から徒歩圏内! 全室Wi-FI・空気清浄機・DHC製シャンプー類

周辺の宿一覧へ

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク周辺の観光スポット

エリア随一のパワースポット「汽笛が聞こえるお伊勢さま」

横濱総鎮守 伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)

エリア随一のパワースポット「汽笛が聞こえるお伊勢さま」

みなとみらいを見下ろす丘の上にある「伊勢山皇大神宮」は、明治3(1870)年に、市民と港の守り神とし…

海に囲まれた島国、日本の近代海運の発展を知る

日本郵船歴史博物館

海に囲まれた島国、日本の近代海運の発展を知る

赤レンガ倉庫にも近い海岸通り沿いで、ひと際目を引く重厚で風格漂う建物。海運事業を手掛けるこの日本郵船…

横浜港を望む、みなとみらい最大の緑地

臨港パーク

横浜港を望む、みなとみらい最大の緑地

水と緑にあふれ、休日には多くの人々が憩のためにここを訪れます。園内には石畳、芝生、水辺のエリアがあっ…

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

馬車道

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

横浜市中区にある道路の通称である「馬車道」は、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線が開通し、「馬車…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top