原鉄道模型博物館

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

原鉄道模型博物館

  • 体験・アミューズメント

周辺のホテル・宿へ

世界的に著名な鉄道模型製作・収集家だった故・原信太郎氏。原氏の世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係コレクションを一般公開しているのが、ここ「原鉄道模型博物館」。膨大なコレクションから選りすぐった鉄道模型約1,000両が展示され、精巧なつくりの室内ジオラマで走る鉄道模型は、臨場感があって迫力満点。日本、ヨーロッパ、アメリカを中心とした鉄道が再現され、新たな“鉄道名所”として人気です。

世界最大級の一番ゲージ鉄道ジオラマ「いちばんテツモパーク」

原鉄道模型博物館 館内で最も広い展示スペースを占めているのが、「いちばんテツモパーク」。精巧な鉄道模型が走るジオラマは、一周が約70m、線路数は6本、総延長は約450mあり、1番ゲージ(縮尺約1/32)の室内ジオラマとしては世界最大級の面積(約310�)を誇っています。
5mの長さの駅舎は、フランスのリヨン駅をイメージし、世界の車両が走行する様子にマッチしています。とりわけ、アメリカの蒸気機関車「ビッグボーイ」が十数両の貨車を引く場面は壮観ですよ。

「動鉄実習」で運転体験!

原鉄道模型博物館 本物の鉄道車両を忠実に再現している原模型は、レールのつなぎ目でゴトンゴトンと鳴るリアルな走行音も魅力のひとつ。「いちばんテツモパーク」には、そんな一番ゲージを動かす体験プログラム「動鉄実習(ウゴテツジッシュウ)」があるので、ぜひ体験してみてくだい。
本物の運転台を使い、運転車両の車載カメラを見ながら一番ゲージを動かせば、まるで自分が本当に車両に乗って運転しているよう。実習時間は1日に3回あり、約10分間の臨場感のある走行が楽しめます。

横浜の今昔を再現した「横浜ジオラマ」

原鉄道模型博物館 鉄道が日本で初めて開通した横浜。かつての横浜駅(現在の桜木町駅)周辺や、馬車道、中華街など、横浜の街並みを再現した「横浜ジオラマ」も見どころです。
HOゲージの鉄道模型が同時に最大5本の線路で走行し、横浜の移り変わる1日の景色が情緒たっぷりに照明等の演出で表現されます。

原鉄道模型博物館の基本情報

住所 神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング2F
アクセス JR各線、東急東横線、京急線「横浜」駅より徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅より徒歩2分
お問い合わせ 045-640-6699(11:00〜18:00)

原鉄道模型博物館周辺のホテル・宿

アパホテル〈横浜関内〉

アパホテル〈横浜関内〉

横浜・新横浜・関内

市内観光名所も徒歩圏内の好立地。最上階に大浴場、露天風呂、サウナを完備で日頃の疲れを癒していただけます!

ホテルテラス横浜

ホテルテラス横浜

横浜・新横浜・関内

桜木町駅徒歩約5分、仕事と観光の拠点に! 朝食は大人気の和洋バイキング! 酸素が多く含まれる大浴場は無料貸切利用も可能♪

ホテルマイステイズ横浜関内

ホテルマイステイズ横浜関内

横浜・新横浜・関内

地下鉄関内駅より徒歩1分と好アクセス!横浜中華街や横浜スタジアムも徒歩圏内。観光やビジネスの拠点に◎

ブリーズベイホテル リゾート&スパ

ブリーズベイホテル リゾート&スパ

横浜・新横浜・関内

≪横浜観光の拠点に≫桜木町駅から徒歩3分!全館マイナスイオン水を採用。サータ社製の寝具&朝食バイキングが大好評◎

周辺の宿一覧へ

原鉄道模型博物館周辺の観光スポット

レトロ感満載。昭和初期の駅舎は鉄道ファンでなくても必見!

JR鶴見線・国道駅

レトロ感満載。昭和初期の駅舎は鉄道ファンでなくても必見!

まるで時間がずっと止まっているような不思議な空間。JR鶴見線国道駅は、現在でも1930年の開業以来の…

日本最大級の複合コンベンションセンター

パシフィコ横浜

日本最大級の複合コンベンションセンター

メインの展示ホールが総面積2万㎡、パシフィコ横浜の施設のなかで最大の面積を持つ展示場です。展示ホール…

本格バー発見! 日本中のウイスキーファンよ、鶴見に集え!

Slainte mhor スランジバー

本格バー発見! 日本中のウイスキーファンよ、鶴見に集え!

「Slainte mhor」と書いて「スランジバール」ないしは「スランジバー」と発音する。スコットラ…

サンマーメンを語るならココ!

玉泉亭

サンマーメンを語るならココ!

「玉泉亭」はイセザキ・モールの奥を少し入ったところにある中華料理店。100年の歴史を誇り“サンマーメ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top