恋木神社(こいのきじんじゃ)
2016.5.24更新

全国でここだけ! 「恋命(こいのみこと)」を祀る歴史ある神社

恋木神社(こいのきじんじゃ)

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

福岡市内から南へ車で約1時間。福岡県筑後市の「水田天満宮」は、太宰府天満宮に次ぐ九州二大天満宮に数えられる由緒ある神社です。「恋木神社」は、その水田天宮末社の末社として建てられた、全国で一社のみ「恋命(こいのみこと)」を祀るとても珍しい神社。良縁成就を願い、遠方からも多くの方が訪れています。

鳥居にも石灯籠にも。境内にはハートがいっぱい!

恋木神社(こいのきじんじゃ) 人を恋しく思う気持ちは今も昔も変わらないもの。実は、恋木の「木」は東を意味しています。菅原道真公が太宰府で生涯を終えるまでの間、東に残してきた都の天皇と妻子をいかに思っていたか、その道真公の御心をせめて御霊魂だけは慰めようと祀られたのが恋木神社だといわれています。水田天満宮の末社として、鎌倉時代の建立当初より鎮座していました。
そんなちょっと哀しい逸話が残る恋木神社ですが、現在では「良縁幸福の神様」「恋の神様」として、良縁成就祈願や結婚式の名所となっています。
鳥居や石灯籠など「こんなところにも!」と驚くほどハートのモチーフであふれる境内は、居るだけで心が温まる雰囲気。本殿へと続く参道や神殿の床にも伝統ある水田天満宮窯元水田焼のハート型の陶板が敷き詰められています。このハート型の陶板は焼き上げるまでに高度な技術を要するため、恋木神社の用途以外には焼かない希少価値の高いものなのだそうです。
恋愛も一歩一歩、2人で並んで歩いていくように、たくさんの参拝者が願いを込めて歩んだ恋木神社の参道は、いわば「恋の道」。誰かを思い焦がれるあなたも、歩いてみませんか?

恋木神社(こいのきじんじゃ)の基本情報

住所 福岡県筑後市水田62-1
アクセス JR鹿児島本線「羽犬塚」駅より徒歩20分
お問い合わせ 0942-53-8625

散策・モデルコースの他の記事を見る

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

福寺松原商店街

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

相鉄線「天王町」駅で下車。降りてすぐの商店街を抜けて5分ほど歩くと国道16号線。この道を渡ったところ…

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

イセザキ・モール

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

伊勢佐木町の1丁目2丁目にあるのがイセザキ・モール。JR関内駅から歩いて1分程度のところに入口があり…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

馬車道

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

横浜市中区にある道路の通称である「馬車道」は、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線が開通し、「馬車…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

コーヒーハウス ザ・カフェ(ホテルニューグランド)

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

関東大震災で崩壊した横浜の衰退に歯止めをかけるべく建設され、ハイカラな文化を発信してきたホテルニュー…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

江東・江戸川・葛西の他の記事を見る

ジオラマから運転シミュレーターまで、地下鉄の魅力満載

地下鉄博物館

ジオラマから運転シミュレーターまで、地下鉄の魅力満載

地下鉄の歴史から最新技術まで、「みて・ふれて・動かして」学習できる体験型ミュージアム。戦前に都内を走…

緑と水と人が触れ合うオアシスへ出かけよう

葛西臨海公園/葛西臨海水族園

緑と水と人が触れ合うオアシスへ出かけよう

東京の水辺スポットのひとつ、葛西臨海公園を中心とした臨海エリア。とにかく範囲が広いので、1日時間をと…

木場のフレンチで夢のオリエント急行の旅へ出かけよう

A ta gueule(アタゴール)

木場のフレンチで夢のオリエント急行の旅へ出かけよう

緑豊かな江東区、木場公園の向かいに鮮やかな色のブルートレインの車両。ここは、なんとフレンチレストラン…

大統領お墨付きの本格インド料理を召し上がれ

スパイスカフェフンザ

大統領お墨付きの本格インド料理を召し上がれ

葛西はインド出身の方が多い街。一説によると、近くを流れる荒川がガンジス川の流れに似ているからなのだと…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top