志賀島(しかのしま)

古代ロマンにあふれ、マリンスポーツのメッカでもある玄界灘の別天地

志賀島(しかのしま)

  • 定番

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

「金印」のおかげで、知名度バツグンの志賀島。でも、「金印」は知っていても、志賀島がどんなところかあまり知られていないのが残念。歴史的な見どころがいろいろあるのに加え、福岡市民にとってはマリンスポーツのメッカとして人気が高い。市内から足を延ばし、青い海を眺めながらドライブを楽しみ、玄界灘の新鮮な海の幸を味わいに行く、というのも楽しいもの。旅行者は、ぜひレンタカーで志賀島を訪れてみよう。

クルマでもアクセスできる志賀島は、島であって島でない?

志賀島(しかのしま)

どんな歴史の教科書にも登場する「金印」(国宝)が発掘された場所として、全国的にも有名な志賀島。実は、島といっても志賀島橋で本土と結ばれている。船でも訪れることができるけれど、クルマで行くのがおすすめだ。旅行者ならば、レンタカーを利用しよう。両側に青い海を眺めながらのドライブはまさに爽快そのもの。
志賀島は周囲約11kmの小島で、古代から大陸や朝鮮半島との交流拠点になっていた。金印が出土した場所には「金印公園」となっているが、ホンモノの金印は、福岡市博物館に展示されている。
島内には、古代ロマンを感じさせるスポットもたくさんある。海神の総本社といわれる「志賀海神社(しかうみ)」は、2世紀から4世紀といわれる古社。かつては壮麗な社殿があったといわれるが、今は古式ゆかしい楼門や本殿が残るのみ。また、志賀島は万葉集にも登場し、23首もの歌が残っている。それを記念して、10基の万葉歌碑が島内に点在するなど、見どころ満載。
志賀島は、マリンレジャー・スポットでもあり、夏場は海水浴、ヨット、ウインドサーフィンなどを楽しむ人がどっと訪れる。玄海灘の新鮮な魚介類が味わえる店が多くあるので、食い道楽にも魅力的なスポットだ。
写真提供:福岡市

志賀島(しかのしま)の基本情報

住所 福岡県福岡市東区志賀島
アクセス ベイサイドプレイス博多・博多埠頭より市営高速船利用。志賀島港まで約30分
お問い合わせ

志賀島(しかのしま)周辺の観光スポット

島中が花であふれる季節に訪れたい。博多湾に映えるフラワーパーク

のこのしまアイランドパーク

島中が花であふれる季節に訪れたい。博多湾に映えるフラワーパーク

「のこのしまアイランドパーク」は花や緑が豊富なフラワーパーク。その美しさは一年中楽しめるが、特にオス…

1日ではとても回りきれない! 花いっぱいの海浜公園

海の中道海浜公園

1日ではとても回りきれない! 花いっぱいの海浜公園

293.5万㎡という広大な敷地を誇る国営公園。四季折々の草花が咲き誇り、年中来園者を楽しませてくれま…

周辺のスポット記事一覧へ

top