福岡アジア美術館

アジアの近現代美術作品を収集し展示する、世界で唯一の美術館

福岡アジア美術館

  • 定番

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

自慢のコレクションは、アジア22カ国・地域の作品約2,800点。アーティストによる滞在制作、ワークショップなどの交流イベントも随時行っています。併設の「FAAM CAFE」では、こだわりの豆を使ったエスプレッソやカフェラテ、フレンチプレスコーヒーなど10以上のスペシャルティーコーヒーが人気。カレーなどの食事メニュー、デザートも提供しています。ミュージアムショップも充実の品揃えです。

繁華街中洲のほど近く「博多リバレイン」の中に、アジアの玄関口・福岡ならではの美術館を発見!

福岡アジア美術館

「福岡アジア美術館」は、19世紀以降のアジア近現代美術作品を収集・展示する世界で唯一の美術館。一大繁華街・中洲のほど近くに位置する、劇場やレストラン、アパレルショップなどが集まった複合施設「博多リバレインモール」の7・8階に開館しています。
日本とも欧米とも異なる、多様で豊かなアジア美術を系統的に紹介しているのがこの美術館の特徴です。3年に一度開催される「福岡アジア美術トリエンナーレ」をはじめ、数々の企画展や、アジアの作家・研究者を招いての滞在制作、アジア美術研究などの交流イベントを意欲的に開催。人々がアジアの芸術文化に親しむ場を提供しています。
ふかふかのソファーやクッションでくつろぎ、不思議な形の積み木やアジアの絵本を楽しめる「キッズコーナー」や、オリジナルグッズ、アジア美術関連書籍、ユニークなデザインの日常雑貨などを揃えた「ミュージアムショップ」、福岡市文化芸術振興財団が運営する文化芸術の発信基地「文化芸術情報館アートリエ」も併設しています。
「博多リバレインモール」での食事やショッピングとセットにして訪れてみるのもいいですね。

福岡アジア美術館の基本情報

住所 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F
アクセス 市営地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅より徒歩1分
お問い合わせ 092-263-1100

福岡アジア美術館周辺のホテル・宿

アパホテル〈福岡渡辺通駅前〉EXCELLENT

アパホテル〈福岡渡辺通駅前〉EXCELLENT

福岡市・太宰府市・糸島市

福岡市営地下鉄七隈線の渡辺通駅から徒歩3分の好立地。JR博多シティ、天神、中洲、ヤフオクドームへアクセス抜群!

R&Bホテル博多駅前

R&Bホテル博多駅前

福岡市・太宰府市・糸島市

JR博多駅から徒歩4分でアクセス良好!朝食は焼き立てあつあつのパンを無料サービス!Wi-Fiや有線LANも接続無料。

ホテルスカイコート博多

ホテルスカイコート博多

福岡市・太宰府市・糸島市

福岡空港から地下鉄8分・博多駅徒歩8分 キャナルシティや中洲屋台も徒歩圏内 ビジネス、観光に抜群のロケーション☆

Residence Hotel Hakata 5

Residence Hotel Hakata 5

福岡市・太宰府市・糸島市

2017年4月グランドオープン!全室にキッチン・洗濯機・バルコニー併設。最大6名様まで宿泊可能な広々空間が自慢のホテル。

周辺の宿一覧へ

福岡アジア美術館周辺の観光スポット

昼も夜も美しい。日本一の海浜タワーならではの絶景を楽しもう!

福岡タワー

昼も夜も美しい。日本一の海浜タワーならではの絶景を楽しもう!

天神の西、博多湾に面したウォーターフロントは、「福岡ヤフオク!ドーム」「ヒルトン福岡シーホーク」「福…

愛らしい動物と花々に心和む、緑茂る都会のオアシス

福岡市動植物園

愛らしい動物と花々に心和む、緑茂る都会のオアシス

空港や港、繁華街などの都市部から海、山、川といった豊かな自然までが近く、移動のストレスが少ないコンパ…

見れば幸せになれる? シンボル「福の神」は必見!

はかた伝統工芸館

見れば幸せになれる? シンボル「福の神」は必見!

「博多人形」や「博多織」など、福岡・博多の代表的な伝統工芸品を展示・紹介する施設。歴史と伝統に培われ…

秀吉や明治天皇にも献上。博多の和菓子文化を牽引してきた菓匠

五十二萬石如水庵 博多駅前本店

秀吉や明治天皇にも献上。博多の和菓子文化を牽引してきた菓匠

もともと神社仏閣の御供物調進所であった「筑紫菓匠 如水庵」。「如水」とは福岡黒田藩藩祖・黒田官兵衛の…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top