金隈遺跡(きんのくまいせき)
2016.5.24更新

歴史ロマンあふれる弥生時代に営まれた共同墓地跡。

金隈遺跡(きんのくまいせき)

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

地下鉄で博多までわずか5分の福岡空港は、周辺にも市民の生活の歴史が色濃く残っている遺跡が多数。福岡空港の南、那珂川と御笠川流域の春日市に至る丘陵上は、『魏志倭人伝』に記された「奴国」の領域とされ、特に弥生時代の遺跡が点在し、歴史好きにはたまらないエリアです。「金隈遺跡」はそのひとつで、出土品には古代人の広範な行動範囲がうかがい知れる貴重なものも多くあります。

お墓から古代の海外交流や生活文化を知る

金隈遺跡(きんのくまいせき) 金隈遺跡は、弥生時代前期の中頃から後期の前半までの約400年間にわたって営まれた共同墓地の遺跡。福岡市教育委員会が行なった発掘調査の結果から、遺跡は弥生時代墓制の典型的な遺跡とされ、昭和47年(1972)に国指定の史跡として保存されることとなりました。
この遺跡からは、「甕棺墓」「土壙墓」「石棺墓」といった種類の異なる墓が発掘され、なかでも348基ともっとも多かった甕棺墓からは、136体の人骨が出土。その平均身長は、男性が162.7cm、女性が151.3cmで、現代人よりはかなり小柄ですが、縄文人に比べると顔も面長になり、身長も急に高くなっているとのこと。また、墓の中からは、種子島からオーストラリアまでの海中にしか生息しないゴホウラ貝でつくった装身具や石剣などが見つかり、中国大陸や南方文化と交流していたことがわかります。なんだか歴史のロマンがかき立てられるような話ですね。
発掘調査現場に屋根をかけるような形で建てられた「金隈遺跡展示館」(写真)では、100基以上の甕棺や人骨を、ほぼ発見されたままの状態で見学することができます。
近隣では金隈遺跡の南西にある「板付遺跡」も有名です。歴史に興味がある人もそうでない人も、併せて訪れてみてはいかがでしょう?

金隈遺跡(きんのくまいせき)の基本情報

住所 福岡県福岡市博多区金隈1-40
アクセス 福岡空港国内線ターミナルより、またはJR鹿児島本線「南福岡」駅より西鉄バス・43番にて「金隈遺跡前」下車、徒歩5分
お問い合わせ 092-503-5484(金隈遺跡展示館)

金隈遺跡(きんのくまいせき)周辺のホテル・旅館

南福岡グリーンホテル

南福岡グリーンホテル

福岡市・太宰府市・糸島市

JR南福岡駅より徒歩1分・大宰府ICから15分!身体に優しいマイナスイオンクロスを客室に使用。別棟サウナ付温泉無料♪

Casa

Casa

福岡市・太宰府市・糸島市

最大4名様迄ご宿泊が可能!福岡空港からすぐ近く。無料WiFi・簡易キッチン備え付けの禁煙ルーム

周辺の宿一覧へ

金隈遺跡(きんのくまいせき)周辺の観光スポット

博多商人がこぞって参拝する商売繁盛のえびす様

十日恵比須神社

博多商人がこぞって参拝する商売繁盛のえびす様

商売繁盛の神様として知られる「十日恵比寿神社」。商売繁盛のえびす様と縁結びのだいこく様を祀っています…

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多百年蔵

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多に残る唯一の“現役の酒蔵”として、今なお昔ながらの酒造りを続ける「博多百年蔵」。昔の趣を残す白壁…

出張中にも立ち寄れる「福岡の巡り方」を一挙公開

ひとりでも楽しめる福岡!【博多・大宰府の街散策プラン】

出張中にも立ち寄れる「福岡の巡り方」を一挙公開

今回は、定番の「太宰府天満宮」から交通の便の良い「福岡市内」まで時間をかけずにサラッと行けるスポット…

明太子の名店が太っ腹で提供するボリュームランチ

博多もつ鍋 やまや 博多店

明太子の名店が太っ腹で提供するボリュームランチ

飲食店がひしめくJR博多駅筑紫口エリアの高架沿い。ヨドバシカメラの目の前にある「博多もつ鍋やまや 博…

周辺のスポット記事一覧へ

公園・名所・史跡の他の記事を見る

【保存版】子供と一緒に上野観光!観光&グルメスポット

【保存版】子供と一緒に上野観光!観光&グルメスポット

上野は動物園や美術館、博物館など東京の中でも多くの文化施設が集まっているエリアです。また、大きな公園…

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖と遊歩道

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖は日本三名園のひとつ、水戸の偕楽園の南東に隣接する淡水湖。湖の周囲は遊歩道や木々の緑が整備され…

「天神さん」の愛称で親しまれる京の神社

京都・北野天満宮

「天神さん」の愛称で親しまれる京の神社

北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社。天神…

江戸中期に造られた名庭園。アーティスティックな和の風情に酔いしれる

六義園

江戸中期に造られた名庭園。アーティスティックな和の風情に酔いしれる

六義園が造られたのは江戸中期の元禄15年(1702)。この場所は当時川越藩主だった柳澤吉保という大名…

福岡市・太宰府市・糸島市の他の記事を見る

お一人様OK!本格もつ鍋を究極の白みそ仕立てで堪能

博多もつ鍋 浜や 博多駅前朝日ビル店

お一人様OK!本格もつ鍋を究極の白みそ仕立てで堪能

数ある博多グルメの中で、やはり外せないのがもつ鍋。名物だけに数えきれないほどもつ鍋店はあるが、どの店…

花見シーズンにはぜひ訪れたい! 福岡城跡にある絶景公園

舞鶴公園

花見シーズンにはぜひ訪れたい! 福岡城跡にある絶景公園

福岡藩主だった黒田長政とその息子、官兵衛が築城した福岡城跡にある公園。現在は多門櫓(重要文化財)と大…

これぞ福岡の夜の醍醐味。温かな人情に触れ心地よく酔う

屋台街

これぞ福岡の夜の醍醐味。温かな人情に触れ心地よく酔う

提灯の明かりに導かれて暖簾をくぐると、気さくで人情味あふれる店主がお出迎え。美味に舌鼓を打ちながら初…

明るうちから乾杯!博多の“ネオ大衆酒場”を満喫しよう!

酒処 あかり

明るうちから乾杯!博多の“ネオ大衆酒場”を満喫しよう!

今福岡は、“ネオ大衆酒場”ブームに沸いています。その火付け役とも言われているのが、JR博多駅前にある…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

福岡県のホテル・旅館

top