鳥鶏研究団

“はかた地どり”のあらゆる部位で、焼き鳥と鶏ガラスープラーメンを提供

鳥鶏研究団

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

博多駅から高架下に沿う裏通りの一画に、穴場感満点の店構え。サラリーマンやカップル、女性会グループで連日にぎわいを見せる「鳥鶏研究団」は、その名が示すように、焼き鳥の真髄を学んだ店主、いや、団長が地どりにこだわり、その本来の旨さで勝負している隠れた名店だ。肉質は高級でありながらコストパフォーマンスに優れ、ざっくばらんにワイワイやれるのもいい。めくるめく“鳥鶏ワールド”にハマること間違いなし。

コンセプトは「はかた地どりを食べつくす」。鶏好きをうならせる魅惑のラインナップ

鳥鶏研究団 焼き鳥店で17年、肉質を見極め、焼きの技を磨いてきた団長が、「どこを使ってもうまい」と太鼓判を押すはかた地どり。必食の炭火焼き鳥は、とり皮やレバー、砂ずりなどの定番から、業者を口説き落としてやっと仕入れ可能になったという「あか」「そり」「つなぎ」といった希少部位を堪能でき、部位によってこんなにも味わいが違うのかと感動を覚える。
また、「もも炭火焼」や「鶏生ハムのユッケ風」など単品メニューもバラエティーに富み、ほかに居酒屋メニューもあるので、串が進むごとに1回の来店では済まなくなることを実感させられるのである。

うまい鶏とは本来この味か! 1本ごとにしみじみ感じる「団長気まぐれ串盛8種」

鳥鶏研究団 メニューのイチオシであり人気No.1は、希少部位も盛り込んだ「団長気まぐれ串盛8種」だ。塩は有名な唐津加唐島の「一の塩」を用い、タレは修業時代から18年間継ぎ足してきたというオリジナル。化学調味料不使用はいわずもがな、部位によって最適な味付けで提供される。
たとえば、この日の希少部位「あか」は、もも肉の赤身で筋肉の塊だそうだが、実に柔らかく、肉の味が濃い。背中の筋肉「そり」は、ジューシーな脂がノッた肉らしい肉の旨みが身上だ。
今までの焼き鳥もおいしいと思って食べてきたハズだが、自分の舌は明らかに違いを感じている。しかもこの串盛8種は1,080円。団長に、拍手!

アッサリでシメるか、こってりでいくか。ラストの楽しみも地どりのスープで味わうラーメン

鳥鶏研究団 豚骨が主流の博多にあっても、鳥鶏研究団のラーメンはもちろん鶏ガラスープ。シメは「あっさり塩らーめん」「昔なつかしい味しょうゆらーめん」「こってり鶏白湯らーめん」の3種が揃う。
団長がまずおススメするのが塩らーめん。地どりの旨みは最大限に引き出し、臭みは最大限に取り除いたというスープには、たっぷり一緒に煮込んだ野菜の旨みも加わり、すっきりとした後味に旨みの余韻が続く。自家製鶏チャーシューは、淡白さのなかにひそむチャーシューらしい味の奥ゆきとしっとり感が絶妙だ。
体に優しい、というより体にいい、と断言したいラーメンである。きっとあなたも最後の一滴までスープを飲み干すだろう。

鳥鶏研究団の基本情報

住所 福岡県福岡市博多区博多駅前4-31-11 サンフクユウコーポ1101
アクセス JR各線「博多」駅博多口より徒歩8分
お問い合わせ 092-516-2347

鳥鶏研究団周辺のホテル・宿

アパホテル<福岡渡辺通>EXCELLENT

アパホテル<福岡渡辺通>EXCELLENT

福岡市・太宰府市・糸島市

福岡市営地下鉄七隈線の渡辺通駅から徒歩3分の好立地。JR博多シティ、天神、中洲、ヤフオクドームへアクセス抜群!

セントラルホテルフクオカ

セントラルホテルフクオカ

福岡市・太宰府市・糸島市

西鉄福岡天神駅徒歩5分、人気エリアも徒歩圏内!サウナ付き展望大浴場で夜景を満喫♪館内レストランは和食も中華も充実!

ホテルニューガイア上呉服

ホテルニューガイア上呉服

福岡市・太宰府市・糸島市

地下鉄 呉服町駅より徒歩3分!アクセス便利な天神・博多エリア。洗練された落ち着きのあるホテル。観光・ビジネス拠点に最適

天然温泉 八百治の湯 八百治博多ホテル

天然温泉 八百治の湯 八百治博多ホテル

福岡市・太宰府市・糸島市

博多駅徒歩5分!福岡空港へもアクセス良好 サウナと天然温泉の大浴場でリフレッシュ 会議室やインターネットなどの設備も充実

周辺の宿一覧へ

鳥鶏研究団周辺の観光スポット

福岡のアートシーンを引っ張る県立の美術館

福岡県立美術館

福岡のアートシーンを引っ張る県立の美術館

天神北 の須崎公園内に位置する「福岡県立美術館」。児島善三郎、高島野十郎、古賀春江など、九州・福岡県…

歴史ロマンあふれる弥生時代に営まれた共同墓地跡。

金隈遺跡(きんのくまいせき)

歴史ロマンあふれる弥生時代に営まれた共同墓地跡。

地下鉄で博多までわずか5分の福岡空港は、周辺にも市民の生活の歴史が色濃く残っている遺跡が多数。福岡空…

うどん・そば・饅頭発祥の地? アートな石庭も必見!

承天寺(じょうてんじ)

うどん・そば・饅頭発祥の地? アートな石庭も必見!

うどん、そば、饅頭など、いわゆる“粉モノ”の食文化を広めたといわれるお寺。1242年に貿易商・謝国明…

朝まで営業!博多が生んだ、ちゃんこスープと麺の究極料理

博多めんちゃんこ亭 中洲店

朝まで営業!博多が生んだ、ちゃんこスープと麺の究極料理

さまざまな食材からダシが出て、旨みが凝縮した鍋のシメに食べる麺は本当においしいもの。それを誰もが手軽…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top