千葉港めぐり

千葉みなとで楽しむ、小さな船旅

千葉港めぐり

  • 散策・モデルコース

  • 体験・アミューズメント

周辺のホテル・宿へ

千葉の重要産業拠点でもある千葉みなと。「千葉ポートタワー」や「千葉県立美術館」「港公園」といったスポットが点在し、観光の視点からもちょっと目が離せないエリアです。そして、みなととくれば船。千葉みなとでは、周辺のクルーズが楽しめる施設があり、それが「千葉港めぐり」。海から眺める京葉工業地帯、彼方に見える東京や横浜のビル群など、普段なかなか見ることのできない東京湾の姿が楽しめます。

潮風を肌に感じて、まったり観光船トリップ

千葉港めぐり 千葉港めぐりの観光船が発着するのは千葉県立美術館のとなり。「港めぐりコース(平日・日曜・祭日)」と「幕張メッセ沖合遊覧コース(日曜・祭日)」の2つのコースが用意されていて、それぞれ出航は、13時30分と14時30分の1日1便です。
所用時間40分の港めぐりコースは、ポートタワーを横目に、周辺にある工場や施設のまわりをぐるりと遊覧。海から眺めるJFEスチール東日本製鉄所や食品コンビナートなどの壮大な景色は、シャッターチャンス満載。
一方の幕張メッセ沖合遊覧コースは、少し長めの50分。幕張メッセを前方に、空を飛び交うカモメや「いなげの浜」や「けみがわの浜」の浜辺の景色を楽しむことができます。

「工場夜景クルーズ」や「納涼船プラン」なども

千葉港めぐり 千葉港めぐりでは、ナイトクルーズも用意されています。「工場夜景クルーズ」は、最近は写真集やフォトコンテストまであるという工場夜景を思いっきり満喫できるので、とっても人気なんだとか。
ほかにも、夏季は生ビール&ジュース飲み放題付きの「サマーナイトクルージング(グループ予約のみ)」や、千葉市民花火大会に合わせた「花火見物納涼船(グループ予約のみ)」もあって、夜のクルージングはかなりの人気。カップルのアクティビティーとしても魅力的です。

新しいクルーズプランも登場するかも?

千葉港めぐり もともとは、70年代後半から80年代にかけて、川崎製鉄の従業員のための海上タクシーとして利用されていた千葉港めぐり。それから遊覧船として公開され、近隣の小学生の社会科学習でも人気のスポットになりました。
現在は移転とリニューアルが計画されていて、いずれはポートタワー近くの場所で新しくなった千葉港巡りに出会えるかも。
新プランや遊覧コースの追加なども企画しているとのこと。すでに乗ったことがある人も、まだこれからの人も、周辺を訪れる機会があるならば、ぜひ千葉みなとめぐりをチェックしてみましょう。

千葉港めぐりの基本情報

住所 千葉県千葉市中央港1-6-1
アクセス JR京葉線「千葉みなと」駅より徒歩14分
千葉都市モノレール「市役所前」駅より徒歩10分
お問い合わせ 043-242-4568

千葉港めぐり周辺のホテル・宿

ホテルサンルート千葉

ホテルサンルート千葉

千葉・市原

JR千葉駅西口改札直結、雨でも傘の出番なし! ビジネス・観光に最適!便利で快適! 朝食は種類豊富な和洋ビュッフェをご用意

ダイワロイネットホテル千葉駅前

ダイワロイネットホテル千葉駅前

千葉・市原

≪JR千葉駅より徒歩3分の好立地!≫ レディースルーム&アメニティが大好評★ 全室インターネット&Wi-Fi接続可能!

アーバンホテル三幸

アーバンホテル三幸

千葉・市原

蘇我駅徒歩2分!メッセやTDLまで乗換えなし! フクアリやJFEにもアクセス抜群 出張、レジャー&スポーツ観戦に◎

テトランゼ幕張稲毛海岸ホテル

テトランゼ幕張稲毛海岸ホテル

千葉・市原

JR京葉線稲毛海岸駅から徒歩2分。海浜幕張駅まで2駅5分。舞浜駅まで8駅22分。JR京葉線で1本、乗り換え無し!

周辺の宿一覧へ

千葉港めぐり周辺の観光スポット

東京湾の美しい夕陽が見られる広大な公園

稲毛海浜公園

東京湾の美しい夕陽が見られる広大な公園

「県立幕張海浜公園」の隣に位置する「稲毛海浜公園」は、人工海浜「いなげの浜」やプール、バーベキュー施…

1000年以上の歴史を誇る、千葉氏ゆかりのパワースポット

千葉神社

1000年以上の歴史を誇る、千葉氏ゆかりのパワースポット

神社やお寺をめぐるのがブームなのだそう。御朱印の収集を趣味にする“御朱印ガール”も登場しているのだと…

千葉の歴史を色濃く残す公園と史跡をぶらり

亥鼻公園と亥鼻城址

千葉の歴史を色濃く残す公園と史跡をぶらり

県庁所在地・千葉市は、実は歴史ファンにとって魅力的な場所ってご存知? 千葉市は、かつて源頼朝を助け、…

113mの展望台から、東京湾や遠く富士山を望む

千葉ポートタワー

113mの展望台から、東京湾や遠く富士山を望む

千葉県は実は平均海抜高度が日本一低い県。ということから、ちょっと高いところに上がると広〜く周囲を見渡…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top