亥鼻公園と亥鼻城址

千葉の歴史を色濃く残す公園と史跡をぶらり

亥鼻公園と亥鼻城址

  • 散策・モデルコース

  • 体験・アミューズメント

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

県庁所在地・千葉市は、実は歴史ファンにとって魅力的な場所ってご存知? 千葉市は、かつて源頼朝を助け、頼朝から父のように慕われていた「千葉常胤」をはじめとする千葉氏の本拠地。今でも市内には歴史探訪にぴったりなスポットがたくさんあるんです。その中でも「亥鼻城」と「亥鼻公園」はアクセスがお手軽。歴史散策におすすめです。

千葉発祥の地につくられた亥鼻公園

亥鼻公園と亥鼻城址 千葉モノレールの県庁駅から歩いて5分足らずの場所にある亥鼻公園。戦前からある市内3つの公園のひとつとしても知られていますが、そのはるか昔から千葉八景として親しまれ、名所として多くの人々が憩ってきた由緒ある場所でもあるといいます。
現在も桜の名所として人気が高く、4月に行われる「千葉城さくら祭り」には、多くの人々で賑わいを見せています。
また、園内を散策すると気になるのが、「亥鼻城址」と書かれた石碑。そう、実はここは、千葉氏のお城「亥鼻城」があった場所。つまり、亥鼻公園は千葉県発祥の地でもあるんです。

ゆったり散策、まったりコスプレは「いのはな亭」で

亥鼻公園と亥鼻城址 ほかに訪ねてもらいたいのが、公園入り口にある「お茶の水」。かつて千葉氏が代々産湯として使っていた井戸の跡で、源頼朝を招いたときにも使われたんだとか。現在は水は出ていませんが、何やら神聖な雰囲気を感じます。
ゆったり散策を楽しんだら、最後は「いのはな亭」に立ち寄ることをおすすめします。園内併設の甘味処で、名物の「いのはな団子」などの甘味や本格抹茶もあって、思わずまったり気分。また、時代劇のコスプレをして殺陣を楽しめるイベントスポットでもあるので、時代劇&歴史ファンはぜひお見逃しなく!

そういえば園内にあるお城って、亥鼻城?

亥鼻公園と亥鼻城址 亥鼻公園の目印が「お城」。駅からも見えるので、「あれが亥鼻城だ!」と思ってしまう人もしばしば。でも、実は亥鼻城ではなく、「郷土資料館」なのでした。
亥鼻城は、かつてあった天守閣などの場所は特定されていますが、どんな形だったかなどはわかっていない謎多きお城なんだそう。また、千葉城とも呼ばれることが多いですが、それは俗称となっています。歴史に詳しい人は、いろいろと推理しながら散策を楽しんでみるのも楽しいのでは…?
郷土資料館にも千葉氏の資料がたくさんあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

亥鼻公園と亥鼻城址の基本情報

住所 千葉県千葉市亥鼻1-6
アクセス JR総武線・外房線「千葉」駅、または京成線「京成千葉」駅より京成バス「大学病院」行で「郷土博物館」下車、2分
千葉都市モノレール「県庁前」駅より徒歩10分
JR外房線「本千葉」駅より徒歩15分
お問い合わせ 043-251-5103

亥鼻公園と亥鼻城址周辺のホテル・旅館

京成ホテルミラマーレ

京成ホテルミラマーレ

千葉・市原

四季折々のシーンに演出と味わいを提供 誰にでも優しいバリアフリー館内

ホテルサンルート千葉

ホテルサンルート千葉

千葉・市原

JR千葉駅西口改札直結、雨でも傘の出番なし! ビジネス・観光に最適!便利で快適! 朝食は種類豊富な和洋ビュッフェをご用意

ホテルポートプラザちば

ホテルポートプラザちば

千葉・市原

JR・モノレール「千葉みなと駅」から徒歩1分 TDRまでは京葉線直通で26分アクセス最高 全室のWi-Fi、駐車場無料◎

バーディーホテル千葉

バーディーホテル千葉

千葉・市原

千葉駅西口から徒歩1分の都市型ホテル 東京・幕張・舞浜へもアクセス抜群の立地 会議室・レストランなど充実の設備も魅力

周辺の宿一覧へ

亥鼻公園と亥鼻城址周辺の観光スポット

1000年以上の歴史を誇る、千葉氏ゆかりのパワースポット

千葉神社

1000年以上の歴史を誇る、千葉氏ゆかりのパワースポット

神社やお寺をめぐるのがブームなのだそう。御朱印の収集を趣味にする“御朱印ガール”も登場しているのだと…

千葉県の自然と人間の歴史をまるごと。面白くてためになる博物館

千葉県立中央博物館

千葉県の自然と人間の歴史をまるごと。面白くてためになる博物館

「千葉県立中央博物館」は、千葉の魅力をより感じられるスポット。かつて千葉に生息していたというナウマン…

街歩きで、ゆったり訪れたい千葉のお寺

千葉寺と大イチョウ

街歩きで、ゆったり訪れたい千葉のお寺

観光地じゃなくても、何気ない街並みの雰囲気をのんびり楽しむのって、意外と思い出に残るもの。緩やかな丘…

自家焙煎珈琲とカレージャンボトーストが話題のカフェ

カフェ&ギャラリー呂久呂

自家焙煎珈琲とカレージャンボトーストが話題のカフェ

美味しいコーヒーが飲めると、地元の人たちに愛され続けてているお店。静かにBGMが流れるなか、丸みを帯…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

門司港レトロ地区を代表する大正モダン建築

旧門司三井倶楽部

門司港レトロ地区を代表する大正モダン建築

旧門司三井倶楽部は、旧三井物産門司支店の社交クラブ(接客・宿泊施設)として建てられた洋館。かつてはア…

仕事疲れを癒す今宵の酒は、ディープ亀戸ホルモン居酒屋密集地帯にて

亀戸北口裏通り

仕事疲れを癒す今宵の酒は、ディープ亀戸ホルモン居酒屋密集地帯にて

下町の喧騒と活気にあふれた亀戸駅北口周辺。明治通り沿いにかかる亀戸十三間通り商店街の路地裏は、昭和の…

東京23区内で唯一の天然島、知られざる妙見島

妙見島

東京23区内で唯一の天然島、知られざる妙見島

東京と千葉の境を流れる旧江戸川に浮かぶ、雨のしずくのような形をした小さな島。その形状から「軍艦」と表…

緑と水と人が触れ合うオアシスへ出かけよう

葛西臨海公園/葛西臨海水族園

緑と水と人が触れ合うオアシスへ出かけよう

東京の水辺スポットのひとつ、葛西臨海公園を中心とした臨海エリア。とにかく範囲が広いので、1日時間をと…

体験・アミューズメントの他の記事を見る

シンボルは博多湾を望む大観覧車。九州最大級のアウトレットモール

マリノアシティ福岡

シンボルは博多湾を望む大観覧車。九州最大級のアウトレットモール

福岡市の中心部から西へ約30分。九州最大級のアウトレットモール「マリノアシティ福岡」のあるエリアは、…

働く・遊ぶ・観る・食べる・暮らす街

汐留シオサイト

働く・遊ぶ・観る・食べる・暮らす街

旧国鉄汐留貨物駅跡地の再開発で誕生した巨大複合都市が「汐留シオサイト」。「カレッタ汐留」などがある1…

沢山の動物と出会い自然に触れ合う横浜市民の憩いの場

横浜市立野毛山動物園

沢山の動物と出会い自然に触れ合う横浜市民の憩いの場

「野毛山動物園」はJR桜木町駅からのんびり歩いても15分ほどの距離。昭和26年に開園して以来、モルモ…

千葉みなとで楽しむ、小さな船旅

千葉港めぐり

千葉みなとで楽しむ、小さな船旅

千葉の重要産業拠点でもある千葉みなと。「千葉ポートタワー」や「千葉県立美術館」「港公園」といったスポ…

公園・名所・史跡などの他の記事を見る

日本で一番有名な陰陽師 安倍晴明公をお祀りする神社

晴明神社

日本で一番有名な陰陽師 安倍晴明公をお祀りする神社

日本で一番有名な陰陽師である安倍晴明公をお祀りしている神社です。平安から続くご由緒正しい神社の清らか…

和むならウッドデッキのある大阪港の突堤で。夕日や夜景の美しさは感動もの!

中央突堤(ダイヤモンドポイント)

和むならウッドデッキのある大阪港の突堤で。夕日や夜景の美しさは感動もの!

明治時代に「新大阪港」としてスタートした中央突堤付近は、昭和初期には横浜、神戸と並んで日本三大港とし…

街中に突如現れるパワースポットは、市民の憩いの場

二荒山神社

街中に突如現れるパワースポットは、市民の憩いの場

宇都宮市民から「二荒さん」の愛称で親しまれている二荒山神社。初詣はもちろんのこと、受験祈願、七五三な…

「旧・ランの館」が生まれ変わって「久屋大通庭園フラリエ」に

久屋大通庭園 フラリエ

「旧・ランの館」が生まれ変わって「久屋大通庭園フラリエ」に

1998年にランをテーマとした「ランの館」が開園したものの、来場者が低迷。そのため「廃止」が決まり、…

千葉・市原の他の記事を見る

四季折々の自然と触れ合える、千葉のセントラルパーク

千葉公園

四季折々の自然と触れ合える、千葉のセントラルパーク

自然に触れ合えば、誰でもホッと気分が安らぐもの。千葉公園は春は桜、夏は大賀ハス、秋はイチョウや紅葉の…

マリーンズファンは必見! ミュージアム&ショップ

ZOZOマリンスタジアム

マリーンズファンは必見! ミュージアム&ショップ

千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムは、県立幕張公園の中にあります。野球ファンのア…

大人も子どもも楽しく遊んで学べる、千葉市のサイエンス・スポット

千葉市科学館(Qiball)

大人も子どもも楽しく遊んで学べる、千葉市のサイエンス・スポット

千葉駅周辺は、商業施設から神社仏閣、史跡、公園などがたくさんあって、まさに街の散策にぴったりなエリア…

千葉県の自然と人間の歴史をまるごと。面白くてためになる博物館

千葉県立中央博物館

千葉県の自然と人間の歴史をまるごと。面白くてためになる博物館

「千葉県立中央博物館」は、千葉の魅力をより感じられるスポット。かつて千葉に生息していたというナウマン…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top