光胤山(こういんざん) 本光寺

オリジナルキャラが光る「笑って帰れるお寺」

光胤山(こういんざん) 本光寺

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

お寺といえば、一歩足を踏み入れると姿勢を正したくなるような雰囲気に満ちているのが一般的。それに対し、ここ「本光寺」は、お寺の堅苦しいイメージを覆すフレンドリーな雰囲気で注目を浴びています。2010年に放映された「はひふへ本光寺」という衝撃的なCM。「寺社コン」など、ネーミングだけで気になるイベント。オリジナルのゆるキャラ……。お寺にあまり興味がない人にもぜひ訪れてほしいスポットです。

24時間365日参拝できる開かれたお寺

光胤山(こういんざん) 本光寺 「本光寺」はJR武蔵野線・市川大野駅からすぐの、住宅街の中にある小ぢんまりとしたお寺。門をくぐって左手にあるパネルには、「なんと24時間365日参拝できます そうだ! 本光寺までお散歩に行ってこよう!」の文字。この言葉が、本光寺のノリ(?)をもっともよく表しているといえるでしょう。
本光寺は、縁結びや子授け祈願で知られるお寺。ですが、商売繁盛、厄除け、方位除け、就職祈願、芸能祈願、健康祈願など、すべての祈願があって、なんというかもう「なんでも来い!」の百貨店状態。近年は、縁切り祈願で訪れる人も多いとか。男女の縁ばかりでなく、上司・部下との縁を切りたいと思っている人は、ぜひこちらへ!

五行のパワースポットがすべて揃う! コンビニエンスさがたまらない

光胤山(こういんざん) 本光寺 近年、本光寺のイチオシとなっているのがパワースポット。境内に五行(古代中国に端を発した自然哲学思想)の木・火・土・金・水、5つのスポットが揃っており、さっと巡れば5分とかからないという、なんとも便利なパワースポットです。それぞれのお守りも、もちろん販売(授与)されていますよ。
ちなみに、お守り、木札、神札、おみくじなど、すべてのグッズは本光寺のWebサイトからも通販で購入可能! この敷居の低さは、もはや衝撃的。

オリジナルのゆるキャラに癒される

光胤山(こういんざん) 本光寺 そんな「なんでもあり」の本光寺ですが、もっとも力を入れているのは子育て応援。小さな子どもたちにお寺を身近に感じてもらおうと、2013年に生まれたのが、マスコットキャラクター「木魚のぽっくん」です。絵本の出版にはじまって、今ではお守り、金太郎飴、おみくじなどさまざまなグッズが揃い、なんとLINEスタンプにもなっているんだとか。
そして嬉しいことに、本光寺は結婚を希望する独身者への気配りも万全。「寺社コン」、すなわちお寺での合コン・婚活を年4回、開催しています。写経してお経を聞けば、心がほぐれて見知らぬ相手との会話もほぐれるというもの!……らしいですよ。

光胤山(こういんざん) 本光寺の基本情報

住所 千葉県市川市大野町3-1695-1
アクセス JR武蔵野線「市川大野」駅下車、改札を出て左へ。徒歩3分
お問い合わせ 047-337-8324

光胤山(こういんざん) 本光寺周辺のホテル・宿

カプセルホテル レインボー総武線・市川・本八幡店

カプセルホテル レインボー総武線・市川・本八幡店

舞浜・浦安・船橋・幕張

JR総武線各駅停車 本八幡駅南口から徒歩1分の男性専用カプセルホテルです。大浴場有・全室コンセント完備 ・全室禁煙ルーム

周辺の宿一覧へ

光胤山(こういんざん) 本光寺周辺の観光スポット

市川駅すぐ近くに、素晴らしい風景のマル秘スポットあり

市川市アイ・リンクタウン展望施設

市川駅すぐ近くに、素晴らしい風景のマル秘スポットあり

東京から千葉、千葉から東京という、普段の通勤に通り過ぎる印象が強い市川駅。でも実は、市川駅周辺は魅力…

「有馬記念」など3つのG1が開催される歴史ある競馬場

中山競馬場

「有馬記念」など3つのG1が開催される歴史ある競馬場

「中山競馬場」は、JRA(日本中央競馬会)が管轄する10カ所の競馬場の中でも、中央競馬に分類される主…

楽しいイベントが開催される日本唯一のボールパーク

ファイターズタウン鎌ケ谷

楽しいイベントが開催される日本唯一のボールパーク

北海道に本拠地をもつ「北海道日本ハムファイターズ」。そのファーム(二軍)本拠地兼練習施設が「ファイタ…

なんでだろう? どうして? 遊びながら学ぶ日本の産業

千葉県立現代産業科学館

なんでだろう? どうして? 遊びながら学ぶ日本の産業

1994年6月15日「千葉県民の日」に開館し、子どもから大人まで、だれもが産業に応用された科学技術を…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top