北海道神宮

開拓の歴史を感じる! 北海道神宮へ参拝しよう!

北海道神宮

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

開拓民の心のよりどころとして造営された北海道神宮。現在はその歴史の重要性もふくめて札幌市民の心のよりどころとなるこの神社に訪れて札幌市民気分で散策してみてはいかがでしょうか。花見スポットとしても有名な北海道神宮ですが、一年中楽しめるおすすめ散策スポットです。

北海道神宮の由緒を知ろう

北海道神宮

北海道神宮の始まりを知らずして参拝しては、醍醐味が半減してしまいます。なので、簡単に北海道神宮についてここでご紹介しましょう。北海道神宮は、開拓事業成功を願い、開拓民の心の拠り所とすべく、明治天皇の詔により明治2年に大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の開拓三神を鎮斎したのが創祀です。その後、近代日本の礎を築かれた天皇として昭和39年にご増祀し、現在四柱の神様をお祀りしています。また、開拓功労者を顕彰すべく、70周年の昭和13年に開拓神社が創建されました。時代の移り変わりを生きた開拓者たちの御霊が眠っていると思うと感慨深いものがあります。現在の幸せに感謝して、開拓神社にお参りしたいですね。

梅と桜の共演? 絶景のお花見スポット!

北海道神宮

春の花、と言われたらお花見の花として桜を連想する人が多いでしょう。しかし、昔の貴族たちは庭に咲く梅の花を愛でてお花見をしていたといいます。そんな古来から人を癒してくれる梅の花と、気持ちを浮き立たせてくれる桜が両方楽しめるお花見スポットが、ここ北海道神宮にあるのです。本殿へと向かう参道に立ち並ぶ美しい桜と梅の木がとても幻想的。また、ゴールデンウィークには屋台も並ぶほどのにぎわいを見せてくれます。ちなみに、境内の桜を使った桜湯茶や同じく梅を使った梅酒なども販売しています。お立寄りの際にはぜひ、お土産としていかがしょうか。

燦爛たる渡御が見られる! 「札幌まつり」

北海道神宮

北海道神宮の例祭、6月14日~16日は「札幌まつり」が行われる特別な日。特に16日に行われる市中への神輿渡御は絢爛豪華で見どころ満載! 北海道神宮のご祭神四柱(明治天皇を並びに、開拓三神である大国魂神・大那牟遅神・少彦名神)をお乗せした鳳輦(ほうれん)四基と、そのお供の山車(だし)九基が市内中心部を練り歩き、その渡御に際し総勢約千四百人がこの札幌まつりに参加するというから壮大ですね! 特に三越前四丁目交差点で行われる駐輦祭は祭りの見せ場、交差点の中心に鳳輦が櫛比する荘厳さは見逃せません!

北海道神宮の基本情報

住所 北海道札幌市中央区宮ヶ丘474 北海道神宮社務所
アクセス 【地下鉄】東西線円山公園駅下車→徒歩15分
【バス】JRバス神宮前停留所下車(西14・西15)→徒歩1分
お問い合わせ 011-611-0261

北海道神宮周辺のホテル・宿

札幌プリンスホテル

札幌プリンスホテル

札幌・定山渓

地下鉄西11丁目駅より徒歩3分!市内でも珍しい温泉露天風呂があるタワーホテル。札幌の夜景を眺めながらくつろぎのひとときを

ウォーターマークホテル札幌

ウォーターマークホテル札幌

札幌・定山渓

すすきの駅徒歩4分、札幌の中心部に位置。浴室とトイレを分離した構造の客室が機能的!旬の道産食材を使う健康朝食を満喫。

ジャスマックプラザホテル

ジャスマックプラザホテル

札幌・定山渓

最寄駅から徒歩2分の札幌すすきのエリア 都会にある癒しの温泉宿で上質な寛ぎ 旅や好みに合わせた選べる朝食スタイル

Tマークシティホテル札幌

Tマークシティホテル札幌

札幌・定山渓

すすきの駅より徒歩5分&新千歳空港から電車で40分。ビジネスや観光に最適な立地!北海道産の食材を使用した朝食が自慢。

周辺の宿一覧へ

北海道神宮周辺の観光スポット

札幌の隠れお食事スポット

北海道庁食堂

札幌の隠れお食事スポット

北海道の定番観光スポットとしてお馴染みの北海道庁旧本庁舎。洋風な外観からは明治時代の開拓途中だった北…

老舗の味、昔ながらのアイスクリームを楽しむ!

雪印パーラー

老舗の味、昔ながらのアイスクリームを楽しむ!

札幌駅に来たならば行っておかねば損といっても過言ではない、喫茶店・雪印パーラー。昔ながらのアイスクリ…

ディープな札幌を味わえる狸小路商店街

狸小路商店街

ディープな札幌を味わえる狸小路商店街

札幌駅から大通り公園をさらに南に進むと見えてくる「狸小路商店街」。東西約1kmにわたるアーケード型商…

地上160mの高さから、札幌市内を一望

JRタワー展望台T38

地上160mの高さから、札幌市内を一望

レストランやショッピングモールなどが集結する、札幌駅直結の複合施設JRタワー。札幌駅にも直結している…

周辺のスポット記事一覧へ

top