菊池渓谷
2019.7.8更新

マイナスイオンに癒される!九州屈指の渓谷は見どころ満載!

菊池渓谷

  • 定番

  • 散策・モデルコース

熊本には、阿蘇山をはじめ、豊富な森林が広がる名所など、九州でも有数の見どころが点在しています。今回紹介する「菊池渓谷」は、日本名水百選に選ばれている菊池川を中心に広がる渓谷です。道中には、滝や渕など、自然が作り出す芸術が見られ、森林浴を楽しみながら散策できる、人気の散策エリアとなっています。夏や秋など、気候の良い時期に渓谷散策に出かけるのがおすすめですよ!

自然が生み出した、大小様々な滝は必見

菊池渓谷

九州自動車道菊水ICから阿蘇方面へ車で約50分。日本名水百選の菊池川の上流に広がる「菊池渓谷」は、周辺に駐車場や休憩所などがあり、快適に散策できるように整備されています。第一駐車場からスタートすると最初に見えてくるのが「掛幕の滝」。その名の通り、水が幕のように落ちる様子が美しい滝です。そして、そこから東に歩くと、「菊池渓谷」を代表するような見応えのある「黎明の滝」が現れます。水が勢いよく流れ、その迫力に目を奪われるばかりです。マイナスイオンをたっぷり浴びながら、じっくりと渓谷の偉大さに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
さらに、「黎明の滝」から少し歩き、橋をわたる途中に見えるのが、「天狗滝」と「竜ヶ渕」です。橋からの見渡しが良く、おすすめの撮影スポットです。もう一つ撮影に最適な場所として「広河原」があります。川に木々が覆いかぶさり、天気がよければ木漏れ日が辺りを包みます。川の近くまで行くことができるので、日本名水百選の美しい川の様子を間近で見ることもできますよ。
夏には新緑を、秋には紅葉が美しく、季節ごとに違った姿を見せる「菊池渓谷」。往復約1~2kmほどのコースには、ほかにも見どころが点在しています。マナーを守って自然の景観を守りながら、渓谷に癒されましょう。

菊池渓谷の基本情報

住所 熊本県菊池市
アクセス 九州自動車道「菊水IC」より車で約50分
お問い合わせ 0968-25-0513(菊池観光協会)
0968-27-0210(菊池渓谷管理事務所)
公式サイト https://kikuchikanko.ne.jp

散策・モデルコースの他の記事を見る

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

イセザキ・モール

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

伊勢佐木町の1丁目2丁目にあるのがイセザキ・モール。JR関内駅から歩いて1分程度のところに入口があり…

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

馬車道

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

横浜市中区にある道路の通称である「馬車道」は、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線が開通し、「馬車…

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

福寺松原商店街

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

相鉄線「天王町」駅で下車。降りてすぐの商店街を抜けて5分ほど歩くと国道16号線。この道を渡ったところ…

定番の他の記事を見る

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

山下公園

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

大さん橋入口から山下埠頭まで約700mの海岸に面し、横浜の顔として全国的に有名な公園ですが、実は、1…

サンマーメンを語るならココ!

玉泉亭

サンマーメンを語るならココ!

「玉泉亭」はイセザキ・モールの奥を少し入ったところにある中華料理店。100年の歴史を誇り“サンマーメ…

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治…

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

横浜マリンタワー

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

エレベーターに乗って一気に30階の展望フロアへ! 地上94mから眺める横浜港の青い海、外人墓地、横浜…

上野・日暮里・浅草・葛飾の他の記事を見る

創業160年を超える老舗で、しみじみ味わう名物団子

向島 言問団子

創業160年を超える老舗で、しみじみ味わう名物団子

「名にしおはば いざ言問はん 都鳥 我が思ふ人は ありやなしやと」。どこかで聞いたことがありませんか…

落語に漫才、曲芸、紙切り…。これぞ日本のエンタテインメント!

浅草演芸ホール

落語に漫才、曲芸、紙切り…。これぞ日本のエンタテインメント!

落語や漫才などが行われる場所を「寄席」といいますが、1日だけ行われる興行のことも「寄席」と名がつくこ…

思い思いの楽しみ方ができる下町のガレージカフェ

蔵前4273

思い思いの楽しみ方ができる下町のガレージカフェ

東京の下町、蔵前は、おもちゃ、駄菓子、花火など扱う玩具問屋街として栄えてきた街。ここ数年は、古い建物…

浅草で代々受け継がれているつげ櫛専門店

よのや櫛舗

浅草で代々受け継がれているつげ櫛専門店

髪や肌によいとされ、日本人に古くから愛用されてきたつげ櫛。現在、東京に残るつげ櫛の店はわずか2軒。そ…

top