2019.6.21更新

【2019年】ハウステンボスの夏は3大プールと期間限定イベントがアツい!

  • 定番

  • 宿泊・温泉

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

  • 芸術・文化施設

  • グルメ

  • まとめ

周辺のホテル・宿へ

季節を問わず、関東圏からも旅行者が多い九州。夏は、九州の中でもトップクラスの人気を誇るテーマパーク「ハウステンボス」に注目!この時期パーク内は、ひまわりをはじめとした季節の花で彩られ、楽しいイベントも盛りだくさん。特に、夏といえばプール!海上に作られたアトラクションや大きなスライダーのあるプール、全天候型の屋内プールなど、3つのウォーターパークが登場します。さらに、大ひまわり展や夏仕様のイルミネーション、大規模な花火大会なども必見です。令和元年の夏、ハウステンボスで最高の思い出を作りましょう!

目次

夏の旅行はハウステンボスに決まり! 盛り上がること間違いなしのイベント

佐世保は港町だから、暑い夏でも心地いい風が吹き、爽やかな空気を感じることができるのが特徴です。そんな港町ならではの雰囲気を味わいながら、季節の花が咲き誇るハウステンボス内の散策をするのもいいですが、暑い時期にぴったりのスポットも要チェック。子供も大人も楽しめるプールや氷をテーマにしたカフェ、船で優雅に運河巡りなど、編集部イチオシのポイントをリポートします!

夏といえば、やっぱりプール!ハウステンボスの今夏目玉のプール

ハウステンボスの夏といえば「水の王国」。今年は3大スポットが登場します。大プールやロングスライダーのある「OASIS」、海上に浮かぶアスレチックが楽しい「海キング」、南国の植物に囲まれた「森のプール」と、趣向をこらしたウォーターパークばかり。朝から夜まで楽しめるウォーターパークを遊び尽くしましょう。

ナイトプールも楽しめる!スライダー&リゾートプール OASIS

まずチェックしておきたいのが「OASIS」。こちらは、アートガーデンにできる、屋外プールエリアです。開放感抜群の広いプールで自由に遊べるうえ、スリル満点のロングスライダーが人気。この約100mもの長いスライダーは、子供からカップル、親子まで、幅広い世代で利用可能です。今年は他にもターザンライドなども登場するので、楽しみは倍増ですよ。

夜はライトアップされて、幻想的なムード漂うナイトプールへと変身します。水着のまま利用できるカフェ&バーもオープンし、とってもロマンチック。どこを切り取ってもインスタ映えしそうなスポットで、プールから見えるハウステンボスのイルミもまた格別です。おしゃれなアングルで“映える”写真がたくさん撮れちゃいますよ。さらに実はここ、アートガーデンの「光の滝」を一望できる特等席。お酒やトロピカルドリンクなどを飲みながら、リゾート気分を満喫しましょう。
<開催情報>
開催期間:7月6日(土)~9月8日(日)
営業時間:9:00~18:00、18:00~22:00
場所:アートガーデン
料金:パスポート対象

アイテム数は50以上!海上ウォーターパーク 海キング

ハウステンボスのプールといえばこれ!ハーバータウンに登場する大規模なウォーターアトラクションは、今年も健在です。見るからに楽しそうな遊具は全部で50アイテム以上!トランポリンやシーソー、障害物などが連なっていて、好きなルートで全制覇を目指しましょう。

大人数ならば、アトラクションを使ったいろんな遊び方ができそうですね。フロートの上は滑りやすいので、くれぐれも注意しながら、満喫しましょう!
この日本最大級のアスレチックは海上に設置されていますが、ライフジャケットを着用し、監視員もいるから安心して遊べます。水着、サンダル、タオルなどはレンタルや販売もしているので、手ぶらでもOK。ここでしかできない水遊びで、この時ばかりは童心に帰り、体力が続く限り遊び尽くしてみてはいかがでしょうか。
<開催情報>
開催期間:7月6日(土)~9月8日(日)
営業時間:9:00~17:30
場所:ハーバータウン
料金:パスポート対象
対象年齢:10歳以上(9歳でも小学4年生ならば可、小学生は要保護者同伴)

流れるプールやジャグジー完備!室内型プール 森のプール

「プールに行きたいけど、日焼けしたくない……」なんて人におすすめなのが「森のプール」です。屋根のあるウェルネスセンター内にあるから、日焼けはもちろん、悪天候でも気にせず楽しめるプールとなっています。「森」というだけあって、室内は南国の植物に囲まれて、まるで密林の中を泳いでいるよう。ゆったりとした雰囲気だから、穏やかなひと時を過ごしたい人にもぴったりのプールです。しかも、パーク内ではここだけの流れるプールやジャグジーも完備。「海キング」で思いきり遊んで、遊び疲れた人はここで休憩しつつ癒されるのもありですね。

<開催情報>
開催期間:7月13日(土)~9月1日(日)
営業時間:11:00~18:00
場所:ウェルネスセンター
料金:パスポートお持ちで600円(土日祝および8/3~15は1.000円)
※ホテルヨーロッパおよびホテルアムステルダムクラブフロア宿泊者は無料
対象年齢:小学生以下 要保護者同伴

▼ハウステンボスの詳しいプール情報はコチラ!
ハウステンボス 3大ウォーターパーク情報!

盛り上がること間違いなし!ハウステンボスのアツい夏イベント

年中通じて、さまざまな季節イベントを展開するハウステンボス。夏には、サマー仕様のイルミネーションが夜のパークを彩り、咲き誇る夏の象徴·ひまわりも注目です。さらに、ビール好きにはたまらないイベントもあり、どれもこれも目が離せない内容となっています。

約1,200万球が夏の夜を演出!夏の光の王国

ハウステンボスが多くの人を魅了する、その大きな理由が「光の王国」。約1,200万球ものイルミネーションが「夏の光の王国」を演出します。見どころは3つ。1つ目はアートガーデンに出現する巨大な「光の滝」、光り輝きながら流れ落ちる巨大な滝は圧巻です。さらに、そのブルーの滝を眺めるのに最適なのが、滝の目の前にある「光の天空カフェ」。ここからなら、迫力ある光の滝を間近に見ることができますし、床がガラス張りになっているから、宙に浮いているような幻想的な雰囲気を楽しめるんです。

2つ目のポイントは、音楽に合わせて吹き出す噴水ショー「ウォーターマジック」。昨年新たに誕生したこのショーは、全長85mにも及ぶ噴水が音楽に合わせて多彩なグラデーションで、踊るように吹き出します。ハウステンボスでの一日の締めくくりにぴったりな迫力ある演出は必見です。


そして、3つ目は宮殿「パレス ハウステンボス」に映し出されるプロジェクションマッピング。全長110mの宮殿の壁を巨大スクリーンに、美しい光の物語が繰り広げられます。
他にも、イルミネーションで作る「光のどうぶつえん」や広場を包み込むような「光の天空ツリー」など、見どころはたくさんあります!以上のポイントを踏まえて、光り輝くハウステンボスの世界観に浸りましょう。

<イベント情報>
開催期間:6月29日(土)~9月8日(日)

巨大ハーフヤードビールがおいしい!ビール祭

夏といえばやっぱりビール!毎年好評の「ビール祭」が今年も開催されます。7月13日(土)から11月4日(月)までの約4ヶ月間、アトラクションタウン·噴水広場がビアガーデンへと様変わり。フルーツビールやホワイトビールなど種類豊富なビールがラインアップし、世界の珍しいビールも楽しめます。さらに、高さ約45cmのハーフヤードビールも登場!みんなで豪快に味わいましょう。また、ビールにぴったりの具材が刺さった大きなメガ串をはじめ、フードメニューも充実。子供向けのドリンクやフルーツ串もあるから、ノンアルコールの方でもOKですよ!
<イベント情報>
開催期間:7月13日(土)~11月4日(月)
場所:アトラクションタウン·噴水広場

夏を花々から感じる♪大ひまわり展

夏の風物詩·ひまわりが今年もハウステンボスに咲き誇ります。メインスポットはバスチオン広場。期間中は、約65,000本のひまわりを見ることができ、今年はひまわり畑の中を巡る「ひまわりの迷路」が登場します。さらに、宮殿パレス ハウステンボス内にもひまわりで作られたモニュメントを展示。写真好きにはたまらないスポットばかりです。ぜひ、一面に広がるひまわりをバックに記念撮影をしてみてください。
<イベント情報>
開催期間:7月20日(土)~8月4日(日)
場所:バスチオン広場、パレス ハウステンボス

インスタ映えスポットの宝庫♪ハウステンボスいちおしフォトスポット

パーク内はどこを切り取っても絵になる風景が広がっています。ここでは、写真撮影に特におすすめのスポットをご紹介。インスタグラムやツイッターなど、SNSでも人気のスポットで、この夏一番の写真映えショットを撮りましょう!

幸せのハート傘も隠れている!アンブレラストリート

アトラクションタウンに広がる「アンブレラストリート」は、その名の通り、頭上にカラフルな傘が連なったスポットです。色とりどりの傘をバックに記念撮影したり、フォトジェニックな角度で撮影したりと、実に絵になるストリートです。ここもスマホ撮影必須のスポットですよ!

夜にはさらにイルミネーションで彩られます。音楽に合わせて光る演出も必見です。たくさんの傘の中にはハートの形をしたものもあるとか。見つければその日ハッピーな気分になること間違いなし!ぜひ探してみてくださいね。
<開催情報>
場所:アトラクションタウン

ハウステンボス屈指のロケーション!風車のあるフラワーロード

入場してすぐ目に入るのが、ハウステンボスを象徴する、風車の風景です。大きな風車の周りには、花畑が広がり、季節の花で埋めつくされています。ここでは、風車と花畑をバックに、記念撮影をするのはいかがでしょうか。エキゾチックな風景に、外国にいるかのような雰囲気を醸し出すことができます。入り口方面へ向かって、風車が見えるような角度で撮れば、より異国情緒あふれる雰囲気で撮影できますよ。いろんな角度で映えポイントを探してみましょう。
<開催情報>
場所:フラワーロード

噴水×光のショーが圧巻!ウォーターマジック

先ほど、夏にぴったりのショーとしても紹介した「ウォーターマジック」は、インスタ映えも間違いなし!夜のハウステンボスの見どころの一つとしてもチェックしておきましょう。音楽とともに、踊るように吹き出す噴水と光の演出が絶妙なショータイムは、1回で2曲分見ることができ、時間を忘れて見入ってしまうほど。曲の山場で、噴水と光が盛大な動きを見せる時がシャッターチャンス。タイミングが合えば、七色に光る綺麗な噴水を押さえることができますし、ムービーにも最適です。無料で見ることができますが、有料観覧エリア(500円)からはもっと大迫力のショーを見ることができます。時間に余裕があれば、椅子に座って、ゆっくりと観覧するのもいいですよ。

<開催情報>
開催期間:通年開催
営業時間:19:30~21:30まで30分ごとに開催(毎時00分·30分)
場所:フラワーロード周辺運河

ご当地グルメや夏季限定グルメも見逃せない!

ハウステンボス内には約60ものレストランがそろっています。ランチ、カフェ、ディナーまで、ジャンル豊富なお店でお気に入りのグルメに出会うことができます。ここでは、スタミナ満点の夏にぴったりのフードや佐世保のご当地グルメ、さらには、エンタメ性抜群のお店など、編集部一押しの5軒をピックアップ!

ボリューム満点!佐世保バーガー認定店「ダム」

佐世保のご当地グルメといえば「佐世保バーガー」。アムステルダムシティにあるレストラン「ダム」では、佐世保バーガー認定店ならではの、本格的な味を楽しむことができます。一番人気は「キングダムバーガー」。食べ応えのあるパティとベーコン、エッグなど佐世保バーガーの定番具材をはじめ、たっぷりの野菜もサンドした一品です。店オリジナルのソースがアクセントとなり、クセになる味わいを演出しています。キングダムバーガーと並んでおすすめするのが「具材たっぷり特製デミグラスソースの長崎和牛バーガー」です。長崎和牛を贅沢に使ったパティは、肉汁を含み、かじると旨味が口の中に広がります。こちらも特製のソースとの相性抜群。

そのほか、バジルチキンバーガー、ゴマドレソースのトンカツバーガー、チーズバーガー、フィッシュバーガーなどもあり、全部で10種類のバーガーがスタンバイ。セットはポテト、ナゲット、ソーセージから選べ、単品のサイドメニューまであります。ランチタイムに、佐世保の味を堪能してみてください。
<店舗情報>
営業時間:9:00~22:00(時期により変更あり、開店~10:00まではドリンクのみの提供)
場所:アムステルダムシティ

厚切りステーキも人気!レモンステーキの店「ロード・レーウ」

ディナータイムにも、佐世保のおいしい食事を味わってみましょう。「ロード·レーウ」では、佐世保名物のレモンステーキを提供しています。レモンステーキとは、薄切りの牛肉にレモン汁を隠し味とした和風ソースを合わせた料理です。こちらでは、スタンダードな薄切り肉のほか、海外のゲスト向けに考案した厚切りステーキもラインアップしています。お腹の具合と相談しながら、好みのメニューを選んでみてください。オススメのワインといっしょに、じっくり味わいましょう。

お店のこだわりを随所に感じるレモンステーキ。長崎県産の醤油にこだわったニンニク醤油を使った自家製のソースは、コク深い上にさっぱりとした後味。後を引くうまさが評判を呼び、ソースの販売もスタート。家庭で手軽に本場の味を楽しみたい人は必見です。
ステーキ以外にも、手ごねハンバーグもおすすめ。デミグラス、てりやき、トマトソース、和風おろしと、4種類のソースから選べる「特製国産ハンバーグ」は、どれも食べ応え十分ですよ。
<店舗情報>
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00(時期により変更あり)
場所:タワーシティ

長崎のおいしい魚もチェック!「海鮮と陶器の城」

「肉より魚派!」という人もご安心を。ハーバータウンのバス停横にある「海鮮と陶器の城」では、新鮮な魚介を使った丼が味わえます。豊富な漁場に恵まれた長崎は、全国有数の魚処として知られ、新鮮な海の幸も長崎観光の楽しみのひとつでもあります。こちらのお店では、その日水揚げされた新鮮な魚介を海鮮丼や海鮮料理として提供。豊富な魚種が乗った「海鮮王丼」、ふたからはみ出るほど天ぷらが豪快に入った「ハウステン丼(特上)」、アジのお頭が乗ったビジュアルが特徴の「今から捌きます!長崎活きアジ丼」など、オリジナリティあふれるメニューがずらり。有田焼など、九州の焼き物の器に盛られて出てくるのもうれしい。
<店舗情報>
営業時間:11:00~22:00(時期により変更あり)
場所:ハーバータウン

夏におすすめ!マイナス10度カフェ「フラワーアイスカフェ」

暑い夏にぴったり!南極·北極のような体験ができるカフェ「フラワーアイスカフェ」も必見です。なんと、室内の設定温度はマイナス10℃。冷気を逃さない頑丈な扉を開ければ、そこは別世界。椅子やテーブルなどは全て氷で作られていて、吐く息も白く、一瞬で鳥肌が立つほどの氷の世界が広がります。しかも、氷のグラスに入ったドリンクを楽しめるのが、こちらの魅力。オレンジやコーラなどスタンダードなものからアルコールまで、氷のグラスでキンキンに冷えたドリンクを飲めば、体の芯からひんやりできるはず。

今回は、ベリーベースのジンジャーエール「ベリーポップ」とライムベースのジンジャーエール「スウィートライム」をオーダー。ここでしか体験できない空間と一緒に記念撮影をして、寒くなったら外でドリンクを堪能しました。テイクアウトもOKなので、暑い夏はこれを持ってパーク内を歩く人も多いそうです。
<店舗情報>
営業時間:9:00~22:00(時期により変更あり)
場所:アトラクションタウン

美味しい夏スイーツはココで!「カフェデリ プリュ」

歩き疲れてちょっと休憩、そんな時に気軽に立ち寄れるカフェがパーク内にはいくつもあります。特に、タワーシティにある「カフェデリ プリュ」で夏らしいひんやりスイーツがおすすめ。ショーケースにはケーキが常時12~13種類並びます。看板メニューのフルーツタルトやティラミス、季節のフルーツを使ったスイーツも登場します。ほかにも、夏におすすめなのが独特なシュワっと感が楽しいソーダの氷と、濃厚なソフトクリームを同時に楽しめるパフェ(写真左)。4種類のフレーバーが用意されています。また、カラフルな見た目も楽しめる「おいりソフト(写真右)」もぜひ食べてほしいデザートのひとつ。かわいいソフトを持って、ハウステンボスの街並みをバックにここでしか撮れない写真を撮影するのもおすすめです!パフェやケーキはテイクアウトもできるので、パーク内や宿泊するホテルに持ち帰ってゆっくりといただくことも可能です。

長崎県産の素材などを使ったサンドやサラダなど、食事メニューもあります。ゆっくりとした時間がながれる店内で、しばしのブレークタイムを過ごしましょう。
<店舗情報>
営業時間:10:00~22:00(時期により変更あり)
場所:タワーシティ

暑い夏も効率よく·120%満喫するコツ伝授!

ハウステンボスの広い敷地内は、歩いて回ることもできますが、いろんな乗り物を駆使すれば、より効率よく巡ることもできます。特に暑い夏には、バスやレンタサイクルを使って、目的地までスムーズに移動するのがいいでしょう。行きたいスポットや時間などをあらかじめ決めて、移動手段を確保することで、ハウステンボスをもっと満喫できちゃいますよ!

広い場内での移動手段も楽しく!

スマートにパークを楽しめる「ワンダーホイール」

最新の二輪自立型乗用ロボット「エアホイール」が体験できる「ワンダーホイール」。まずはインストラクターさんから操作方法を教えてもらい、ものの数分で自由に操縦ができるようになります。これに乗れば、場内をたっぷり散策することができますし、何より歩かなくて済むというのが最大のポイントです。まずは試乗体験でその乗り心地を体験し、場内を自由に散策したい人は、「ライセンス取得」コースで講習を受け、「レンタル走行」で場内を自由に乗りこなしてください♪

<アクティビティ情報>
料金:試乗体験(約30分)1,000円/人、ライセンス講習(約20分)1,000円/人、レンタル走行(60分)2,000円/人、レンタル走行(120分)3,000円/人、ナイトツアー(約60分)2,000円、Ninebot mini体験(約10分)700円

場所:アトラクションタウン
対象年齢:試乗体験/16歳以上、ライセンス講習・レンタル走行・ナイトツアー/18歳以上、Ninebot mini体験/9歳以上

運河を優雅に流れる「ゴンドラ遊覧」

パーク内に流れる運河では、水の乗り物をよく目にするでしょう。ここで紹介する「ゴンドラ」は、運河からパークを眺めながら優雅に過ごせる乗り物です。アトラクションタウンから出発し、フラワーロードを抜け、別荘地も近くで見ることができるんです。その間、船を操縦する船頭さんとの会話も楽しめるので、気になることがあれば気軽に尋ねてみましょう。出発地に戻るまで約20分、陸上とは違った心地よさを体験できるはずです。営業時間と出発時刻を事前にチェックして、ぜひ乗船してみてください。
<アクティビティ情報>
営業時間:12:00~17:00(各時間00分·30分発)
料金:大人1人1,000円、小人1人800円
場所:アトラクションタウン

パーク内にある唯一のホテル、「ホテルアムステルダム」ならより快適にハウステンボスを楽しめる?!

唯一パーク内にあるホテル、「ホテルアムステルダム」は利便性抜群。パークのほぼ中央にある「アムステルダムシティ」にあるから、一度チェックインすれば、休憩に戻るのも楽々なんです。

客室はすべて45㎡以上と、ゆったりとしているのが特徴です。しかも、花柄をテーマにした部屋もあり、大きめのクローゼットや複数人で同時にお化粧ができる広いパウダールームがあったり、女性にうれしいポイントがたくさん!宿泊者は、当日のチケットを提示すれば、翌日もパークを利用できる再入場券をプレゼントしてもらえるので、思う存分パークを堪能しましょう!

ハウステンボスの夏を攻略!スケジュール例

ハウステンボスで充実した夏を堪能するためのスケジュール例を紹介しちゃいます♪

【1日目】ハウステンボスで必ず押さえておきたいスポットを満喫!
~スケジュール例~
10:00 フラワーロード・アンブレラストリート 散策♪
11:00 フラワーアイスカフェでひと休み
11:30 アトラクションタウンの「バハムートディスコ」で遊ぶ !

450度の映像を使った新感覚の、音楽系VRアトラクション!音楽にのせて楽しもう♪

12:00 ダムで佐世保バーガーランチ
13:00 ワンダーホイールやゴンドラ遊覧体験
14:00 大ひまわり展で夏を感じよう!
14:30 アンジェリケで香り玉作り体験

8種類のバラの香り玉から、40粒をチョイスして、好きな香りのサシュを作る「香りのサシュ」(700円)に挑戦!
香りは約1ヶ月持続するという。バッグに入れたり、お部屋や車に飾るのもおすすめ

15:00 ホテルアムステルダムにチェックイン♪
16:00 カフェデリプリュで優雅なティータイム
18:00 ハウステンボスの夜を堪能!まずはナイトプールへ!
20:00 光の王国のイルミネーションにうっとり


【2日目】プールでがっつり遊んで夏を満喫♪
10:00 水の王国へ!スライダーや海上アスレチックではじけよう!
13:00 ロード·レーウでレモンステーキを堪能♪
15:00 チーズの城でおみやげ探し
ばっちりおみやげも買って帰ろう♪

この夏はハウステンボスで最高の夏の思い出を♪

パーク内には、他にもたくさんのアトラクションやショップがあります。夏休みなどは、行く日にちによっては乗り物や飲食店が混み合ったりすることもあるので、余裕を持って計画を立てることをおすすめします。この記事を参考に、この夏は、九州が誇る人気テーマパークを遊び尽くしてください!!

▼ハウステンボスの詳しいイベント情報はコチラ!
ハウステンボス 好評開催中のイベント情報!

周辺のホテル・旅館

ホテルオークラJRハウステンボス

ホテルオークラJRハウステンボス

佐世保・ハウステンボス

ハウステンボス駅から徒歩5分。ハウステンボスまで徒歩2分。 天然温泉や、和・洋・中・鉄板焼レストラン、コンビニなど便利♪

変なホテル

変なホテル

佐世保・ハウステンボス

《先進技術を導入した世界初ロボットホテル》快適性とワクワクを追求し、大人から子どもまで楽しめる最先端の空間をご堪能下さい

ホテルヨーロッパ

ホテルヨーロッパ

佐世保・ハウステンボス

ハウステンボス場内に佇む“高級クラシックホテル” 花と音楽とお料理を堪能。オランダ邸宅を思わせる客室で過ごす贅沢なひと時

ホテルアムステルダム

ホテルアムステルダム

佐世保・ハウステンボス

テーマパーク内にある唯一のホテル。ハウステンボスでの感動の余韻をそのままに、洗練された上質な空間で味わう極上のおもてなし

周辺の宿一覧へ

周辺の観光スポット

【2019年】花火大会やチューリップ祭!ハウステンボス春のイベント情報まとめ

【2019年】花火大会やチューリップ祭!ハウステンボス春のイベント情報まとめ

長崎県佐世保市にある、九州を代表するレジャー施設「ハウステンボス」。季節ごとにさまざまなイベントが開…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

定番の他の記事を見る

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治…

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

横浜マリンタワー

圧巻の大パノラマ! 港町・横浜をグルリ360度一望

エレベーターに乗って一気に30階の展望フロアへ! 地上94mから眺める横浜港の青い海、外人墓地、横浜…

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

山下公園

震災の瓦礫でつくられた歴史ある憩いの公園

大さん橋入口から山下埠頭まで約700mの海岸に面し、横浜の顔として全国的に有名な公園ですが、実は、1…

サンマーメンを語るならココ!

玉泉亭

サンマーメンを語るならココ!

「玉泉亭」はイセザキ・モールの奥を少し入ったところにある中華料理店。100年の歴史を誇り“サンマーメ…

金沢の他の記事を見る

金沢人も絶賛! 新鮮な魚が日本海の漁港から直送入荷される回転寿司

金沢まいもん寿司

金沢人も絶賛! 新鮮な魚が日本海の漁港から直送入荷される回転寿司

情緒ある古都のイメージを持つ一方で、日本海に面した港町の一面も持っている金沢。金沢を訪れたら、やはり…

週末には大行列!子供も大人も大満足な斬新アイディアの店

世界で2番めにおいしい焼い立てメロンパンアイスのお店

週末には大行列!子供も大人も大満足な斬新アイディアの店

金沢を観光しながら、美味しいスイーツはいかがでしょうか? 兼六園や金沢城公園などの人気観光スポットの…

金沢市内を一望できる無料開放された展望ロビー! 夜景も楽しめます

石川県庁(最上階の展望台)

金沢市内を一望できる無料開放された展望ロビー! 夜景も楽しめます

加賀百万石の城下町として栄えた時代の趣も残しつつ、近代的な建物も立ち並ぶ金沢。そんな魅力の詰まった金…

みどころいっぱい! 加賀百万石を治めた前田家の居城

金沢城公園

みどころいっぱい! 加賀百万石を治めた前田家の居城

江戸時代に加賀百万石を治めた前田家の居城となっていた金沢城。現在は金沢城公園として一般公開されていま…

周辺のホテル・旅館

top