万田坑
2019.5.10更新

日本の産業革命を支えた、当時の様子に思いを馳せる

万田坑

  • 定番

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

熊本県荒尾市にある「万田坑」は、「黒いダイヤ」と呼ばれる石炭を採掘するために造られた、三井池炭鉱にある国内最大規模の竪坑です。世界文化遺産として登録された万田坑は、当時のままの姿を見学することができます。日本の産業革命を支えた貴重な遺産に思いを馳せながら、荒尾市観光を楽しみましょう!

石炭ブームの渦中、三池炭鉱は石炭採掘王国だった

万田坑 戦前から日本のエネルギーとして登場した石炭は、「黒いダイヤ」として、とても重宝されていました。その採掘場として建造されたのが、荒尾市と福岡県大牟田市にまたがって広がる「三池炭鉱」です。江戸時代の中期に採掘がスタートし、二つの竪坑からなる万田坑を中心に、膨大な量の石炭を採掘してきました。そもそも竪坑とは、鉱物や材料、人員を運搬する施設のことで、万田坑は、1902年と1908年の一つずつ開発され、その規模は国内最大級でした。鉄道や港湾事業など、石炭が欠かせない時代だからこそ忙しく働き続け、日本の産業振興に大きく貢献してきたのです。
 それから、1900年後半にはいると採炭効率が低下し、燃料が石油へと切り替わるりはじめると、いよいよ1951年には石炭採掘が終了します。そして、1997年には、坑内水の排水の役割を担っていた万田坑もその役目を終えたのです。三井池炭鉱が閉山した後、万田坑は、日本の近代化を支えた貴重な遺産として、国の重要文化財と史跡に指定され、大切に保存されています。その後、2015年7月には、ついに「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として、世界文化遺産に登録されました。
 現在は、レンガ造りの建物や地下と地上を行き来していた坑口、巨大な機械など、当時の面影を垣間見ることができます。万田坑跡はもちろん、無料で入館できる「万田坑ステーション」では、資料や写真が展示されているので、こちらも要チェックです。

万田坑の基本情報

住所 熊本県荒尾市原万田200-2
アクセス 九州自動車道「南関」ICより車で約20分
お問い合わせ 0968-57-9155
料金 大人410円、高校生300円、小・中学生200円

万田坑周辺のホテル・旅館

ホテルニューガイア オームタガーデン

ホテルニューガイア オームタガーデン

柳川・大牟田・八女

お洒落なデュベスタイルベッドで快眠。レストランや宴会場、結婚式場も魅力的。駅近だからショッピングにも嬉しい好立地。

ビジネスホテルまゆみ

ビジネスホテルまゆみ

柳川・大牟田・八女

大牟田駅から徒歩7分!アットホームなホテル♪飲食持込み自由&全室Wi-Fi・インターネットLANケーブル完備で快適!

周辺の宿一覧へ

万田坑周辺の観光スポット

九州を代表するビッグな遊園地!アトラクション数は圧巻の81!

グリーンランド

九州を代表するビッグな遊園地!アトラクション数は圧巻の81!

熊本県荒尾市にある「グリーンランド」は、80を超えるアトラクションで一日中満喫できる、九州最大級の遊…

周辺のスポット記事一覧へ

体験・アミューズメントの他の記事を見る

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

原鉄道模型博物館

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

世界的に著名な鉄道模型製作・収集家だった故・原信太郎氏。原氏の世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係…

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

芸術・文化施設の他の記事を見る

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

舞浜・浦安・船橋・幕張の他の記事を見る

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

宝城院

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

かつて寺町として栄えた旧・行徳街道沿いの寺院。本堂内には、「おびんずる様」と呼ばれる「なで仏」があり…

泳ぎにも自然と力が入る国際公認プール

千葉県国際総合水泳場

泳ぎにも自然と力が入る国際公認プール

700万人超えという驚異的な入場者数で、現在も記録更新中! 千葉県国際総合水泳場は、JR京葉線「新習…

駅間に広がる大型専門店と遊び充実スポット!

ニッケコルトンプラザ

駅間に広がる大型専門店と遊び充実スポット!

JR総武線の車窓から見える大型複合施設。なんとその広さは5万坪という。「一体あそこには何があるのだ?…

なんでだろう? どうして? 遊びながら学ぶ日本の産業

千葉県立現代産業科学館

なんでだろう? どうして? 遊びながら学ぶ日本の産業

1994年6月15日「千葉県民の日」に開館し、子どもから大人まで、だれもが産業に応用された科学技術を…

周辺のホテル・旅館

top