2019.10.4更新

【2019年】花火大会やチューリップ祭!ハウステンボス春のイベント情報まとめ

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

  • まとめ

周辺のホテル・宿へ

▼ハウステンボスのイベントカレンダーやオフィシャルホテル情報はコチラ!
ハウステンボス特集 >>
▼夏のハウステンボスおすすめ記事
夏のおすすめスポット情報 >>
▼秋のハウステンボスおすすめ記事
初心者向け◎ハウステンボスおすすめコース情報 >>

長崎県佐世保市にある、九州を代表するレジャー施設「ハウステンボス」。季節ごとにさまざまなイベントが開催され話題となっている、注目のスポットです。お出かけシーズンに突入する春は、「100万本の大チューリップ祭」を筆頭に、「さくら祭」や「バラ祭」など、季節の花をテーマにしたイベントで園内が彩られます。ハウステンボスの代名詞とも言えるイルミネーション「光の王国」までたっぷりと満喫しましょう。そのほか、おでかけに役立つ、春の最新情報も一挙ご紹介!

100万本の大チューリップ祭

毎年恒例のチューリップ祭ですが、今年はさらにパワーアップ。国内最多クラスとなる約700品種・100万本のチューリップが園内に咲き誇り、ゲストを歓迎してくれます。入国ゲートから少し歩くと、遊歩道脇の広場がチューリップで埋めつくされる「フワラーロード」と「バスチオンの花畑」(4月7日まで)が現れます。風車と色とりどりの花のコントラストが、春の訪れを告げてくれるでしょう。アムステルダム広場では、チューリップに囲まれてティータイムを過ごせるベンチとイスが置かれていて、優雅な気分で休憩できるスポットになっています。さらに園内は、夜になるとライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しめるのもポイント。また、700品種全てが咲き誇る期間「スペシャルウィーク」には、今年新たな見せ場となっている桜との共演を観ることができ、花束作りなどの限定イベントも開催されるので、こちらも要チェックですよ。

<イベント情報>
[期間]2月9日(土)~4月14日(日)
※スペシャルウィークは4月7日(日)まで

[開催場所]フワラーロード、バスチオンの花畑、アムステルダム広場、ホテルヨーロッパ、パレス ハウステンボス
[期間内イベント]チューリップガイドツアー<スペシャルウィーク期間中毎日>、花束作り体験<3月16日(土)・17日(日)・21日(木)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)>、ちゅーりーお誕生会<3月23日(土)・24日(日)・25日(月)>、球根ほっちゃえセール<4月6日(土)・7日(日)>

さくら祭

春といえば桜です。ハウステンボスでも、日本の春の象徴が楽しめます。「さくら祭」の期間中は、ハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」のそばに広がる「アートガーデン」に、約400mもの桜並木が登場します。ヨーロッパの街並みと桜という、和洋が融合した、ハウステンボスでしか観られない景色を、じっくりと散策しながら楽しみましょう。道中では、九州初公開となる、日本三大桜「三春滝桜」の子孫木を観ることができます。薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、滝のように流れ落ちる美しい姿は、まさに情緒豊か。この機会に、貴重な名木をその目で確認してみてください。「パレス ハウステンボス」で観られる、チューリップと桜のコラボレーションも見ものですよ。さらに、「アートガーデン」は、ハウステンボス最大のイルミネーションスポットでもあり、桜のライトアップと「光の王国」を同時に楽しめるのは、この春のシーズンだけ。桜の咲き始めは、3月20日(水)ごろから。日中から夜まで、パークならではの贅沢な時間に酔いしれましょう。

<イベント情報>
[期間]3月21日(木)〜3月31日(日)
[開催場所]アートガーデン、パレス ハウステンボス

バラ祭

こちらも毎年恒例の注目イベントです!チューリップ祭同様、バージョンアップして開催。クリスティアーナやチェリーボニカ、ボレロなど、色彩豊かな約2,000品種・130万本のアジア最大級のバラが園内に広がるバラ祭。散策しながらバラを観ることができるのはもちろん、クルージングしながら運河から眺めたり、夜のライトアップなど、いろんな見方で楽しみましょう。パーク内の5スポットで展開するバラ祭のメインスポットは、「アートガーデン」に広がる「グランドローズガーデン」です。バラで作るアーチ状の回廊や広大なバラの景色を見下ろしながらティータイムを過ごせる「天空のカフェ」など、ここだけでも12の見どころを用意しています。

また、期間中は「アムステルダム広場」が「音楽とバラの広場」となり、バラの上品な香りと心地よい生演奏に包まれます。そして今年は、ピーターラビット™️のローズガーデンが広場に新登場。かわいいキャラクターに出会える、ピーターラビット™️好きにはたまらない空間となっていますよ。運河からの眺めもおすすめ。今年は約1kmに渡ってバラが彩った運河沿いを、クルーザーに揺られながら愛でるのも、また格別。そして、「グランドローズガーデン」「バラの運河」「バラの宮殿」では、日暮れとともにバラをライトアップ。日中とは違い、とっても幻想的な雰囲気へと変わり、SNS映えすること間違いなし。趣向を凝らした初夏ならではのバラ祭は、他にも魅力が満載なので、ぜひHPをチェックしましょう。

<イベント情報>
[期間]4月27日(土)〜6月2日(日) / ホテルヨーロッパ:5月15日(水)~6月2日(日)
[開催場所]アートガーデン「グランドローズガーデン」、アートガーデン付近「バラの運河」、アムステルダム広場「音楽とバラの広場」「ピーターラビット™️のローズガーデン」、パレス ハウステンボス「バラの宮殿」、ホテルヨーロッパ「薔薇のホテル」

あじさい祭

丸くてかわいいフォルムと、赤や紫、黄色など色彩豊かなバリエーションが魅力のアジサイ。梅雨時期を象徴し、日本の四季には欠かせないアジサイのお祭りが6月1日(土)から、一ヶ月間開催されます。イベントのハイライトは、「パレス ハウステンボス」を舞台にした「あじさいの宮殿」です。宮殿内を彩っているのは、アジサイのアートたち。異国情緒漂う雰囲気にマッチした、目を見張る作品ばかりですよ。また、「パレス ハウステンボス」前に伸びる「あじさいロード」では、日本最多級の約1,250品種のアジサイが、宮殿の並木沿い約800mにも及び花をつけています。この並木はライトアップも実施し、光に浮かぶアジサイの幻想的な表情を見ることができるでしょう。また、道中には、さまざまな品種がずらりと並ぶ「あじさいマーケット」があり、お気に入りのアジサイを購入可能。「アムステルダム広場」もこの期間は「あじさいの広場」として、かわいいアジサイで化粧を施されます。心地よい音楽と食事と一緒に、この時期でしか味わえない雰囲気を堪能してみては?

<イベント情報>
[期間]6月1日(土)〜6月30日(日)※ホテルヨーロッパは6月4日(火)〜6月27日(木)
[開催場所]パレス ハウステンボス「あじさいの宮殿」、パレスハウステンボス前「あじさいロード」「あじさいマーケット」、アムステルダム広場「あじさいの広場」、ホテルヨーロッパ「あじさいのホテル」

ゆり祭

ブライダルシーズンの6月から7月にかけては、シンデレラをテーマに「ゆり祭」を開催。メイン会場は「パレス ハウステンボス」です。宮殿に一歩入れば、そこはユリのアートが広がる夢の空間。つい踊りだしたくなるような雰囲気は、まさに「ゆりの舞踏会」。繊細なユリが華やかなオブジェとなり、来場者を優しく包み込みます。聖母マリアに捧げられる純潔のシンボル・ユリに囲まれれば、女の子なら誰しもプリンセス気分に浸れるはず。宮殿内は、いたるところに写真映えしそうなフォトスポットがあるので、カップルや親子で写真撮影も楽しんでみてください。「アムステルダム広場」には、「ゆりの馬車」も登場しますので、こちらも、記念撮影におすすめですよ。また、「ホテルヨーロッパ」も、ユリのアート作品を展示。シンデレラをモチーフにした、美しいデザインなので、こちらもSNS映え必至!

<イベント情報>
[期間]6月22日(土)〜7月15日(日)※ホテルヨーロッパは6月29日(土)〜7月15日(日)
[開催場所]パレス ハウステンボス、アムステルダム広場、ホテルヨーロッパ

春の音楽祭

続いては、春のうららかな風に乗せて、極上の音楽に浸れる「春の音楽祭」をご紹介します。メイン会場の「アムステルダム広場」では、ロックやポップスなど多彩なジャンルのアーティストによる生演奏が披露されます。この春登場するのは、洗練されたハーモニーが魅力のボーカルトリオ「トリオマキシマム」、ウクライナ人女性シンガー「ナタリア」、男女のデュオ「アレックス&ユリア」、ジプシーミュージックがリスナーを魅了する「ハンガリアンアンサンブル」、毎回違うパフォーマンスを魅せるステージングが人気の「サーシャバンド」という、海外アーティスト。音楽に揺られながら、ヨーロッパの野外フェスのような雰囲気で楽しみましょう。また、「パレス ハウステンボス(本苑側)」では、本場ヨーロッパで活躍するオペラ歌手によるミニオペラの演奏会も毎日聴くことができ、期間中、パーク内は音楽に染まります。一流アーティストによる生演奏に触れられる、この貴重な機会を見逃すなかれ!

<イベント情報>
[期間]6月2日(日)
[開催場所]アムステルダム広場
※ミニオペラ~結婚手形~は、パレスハウステンボス(本苑側)にて開催/16:30より約40分/悪天候の場合は、ホテルヨーロッパ内「アンカーズラウンジ」にて17時より開催。

春の九州一花火大会

ハウステンボスといえば、豪華な花火大会も必見です。今年で第5回目を迎える「春の九州一花火大会」は、春の到来を祝う一大イベント。19時15分から21時までの約2時間、西日本最大級のおよそ2万発もの花火とショーで会場を盛り上げます。

花火大会のオープニングを飾るのは、世界花火師競技会で優勝した2チームによる「エキシビジョン花火」です。山梨県を拠点に活躍する株式会社マルゴーは「It’s Show Time!!〜あなたへ捧げるRhapsody〜」をテーマに、一方、九州を代表する福岡県の株式会社ワキノアートファクトリーは「Passion〜パッション〜」をテーマに、趣向を凝らした芸術花火を披露します。20時からは、「アニソン花火」の時間です。千葉繁や関智一など今をときめくアニメ声優陣によるトークショーや、アニメソングと花火のコラボという、おもしろい企画花火も見逃せません。

そしてラスト5分は、上空幅700mにも及ぶ空間に約4,000発の花火が咲き誇り、まさに圧巻。しかとその目に焼き付けましょう。花火を堪能した後も、24時まで開園しているので、まだまだパーク内を満喫することができますよ。ぜひ、特別な1日を過ごしてください。

<イベント情報>
[期間]3月30日(土)19:15〜21:00
[観覧場所]特別花火観覧席(有料)/ロッテルダム会場・ウォーターマークホテル前会場(声優トークショー)、料金やその他パーク内のおすすめ鑑賞スポットは公式HPで確認

スペシャル大花火

なんと、春にはまだまだ花火大会があるんです。その名も「スペシャル大花火」。10月まで合計5回の開催となっており、春は4月27日(土)と5月4日(土)で実施します。第1・2部と第3部で構成されていて、まず、第1・2部では、花火職人たちが花火の腕を競う「世界花火師競技会」となっています。

この競技会は、9月にハウステンボスで開催される世界一決定戦に向けての予選会。1日に2チームが登場し、4月27日(土)は、福岡県の西日本花火有限会社と茨城県の株式会社山﨑煙火製造所が、5月4日(土)には、秋田県の株式会社和火屋と長野県の伊那火工堀内煙火店が、それぞれ対決。ちなみに、7月と8月の開催日は、アメリカ、ロシア、カナダ、中国など、海外の競合チームが出場します。審査方法は、良かったチームの花火を観客が投票して、世界一決定戦に進む花火師を決定。花火師渾身の作品を楽しみながら、みなさんもジャッジに参加しましょう。また、第3部は、花火とレーザー、音楽が融合したエンターテインメントショーです。ミュージシャンの生演奏と花火の演出という、スペシャルな時間を体感しましょう。

<イベント情報>
[期間]4月27日(土)、5月4日(土)、7月13日(土)、8月10日(土)、10月12日(土)
[観覧場所]特別花火観覧席(有料)/ロッテルダム会場・ウォーターマークホテル前会場(声優トークショー)、料金やその他パーク内のおすすめ鑑賞スポットは公式HPで確認

光の王国

ハウステンボスが日本を代表する観光地である一つの理由が、パーク内を煌びやかに彩るイルミネーション「光の王国」です。夜になると、それまでノスタルジックな雰囲気だったヨーロッパの街並みが、1,300万球もの光により、暖かくて非日常な空間へと変わります。どこを切り取っても美しい景色が広がっていますが、まずは、メインのイルミネーション「光のアートガーデン」に注目。まるで滝が流れているかのような景色を光で表現し、青や緑、ピンクなど、さまざまな光が躍動的に流れていく様は必見です。近くには、光の海の上に建つガラス張りの「光の天空カフェ」があり、ここからは滝の様子が間近で観られ、パーク内のイルミネーションも一望できる、おすすめのビュースポットとなっています。

その他、アトラクションタウンの噴水広場には、高さ30mを誇る巨大なツリーが登場したり、カラフルな傘が頭上に連なる「アンブレラストリート」は音楽に合わせて光の表情を変えるといった演出をするなど、いたるところにスポットが点在しています。

<イベント情報>
[開催場所]ハウステンボス内各所
※詳細は公式HPで確認

光と音楽の運河パレードショー

「光の王国」の新しいスポットも押さえておきましょう。中でも運河クルーズ船上で繰り広げられる「光と音楽の運河パレードショー」に注目。「アートガーデン」から「タワーシティ」までの全長約300mの区間で、船上に乗り込んだダンサーやミュージシャンによる生のパフォーマンスが披露されます。七色に輝く運河を進む船上パレードは、19時から約20分間、運河沿いや橋の上からなどからも観ることができます。「パレードをゆっくり観覧したい!」という人には、有料の観覧エリアも用意。「レストラン ピノキオ」の運河沿いの席で、パレードを間近に、楽しいひと時を過ごしましょう。「光の王国」の新コンテンツに、ぜひ魅了されてください。

<イベント情報>
[パレードルート]アートガーデン「光と噴水の運河」〜タワーシティ
[開催時間]19:00〜(約20分)※時期により変更あり
※4月1日からパレード開始時間が19:05~となります。

ウォーターマジック

水辺のエンターテインメントは「光と音楽の運河パレードショー」だけではありません。今年新たに登場した、全長85mにも及ぶ噴水ショー「ウォーターマジック」も人気を集めています。音楽に合わせて噴水が躍動的に吹き出す演出は迫力満点!場所は「フラワーロード」周辺の運河で、19時から22時まで30分ごとに開催しています。ゆっくりと観覧したい方には、有料の特別観覧エリアがおすすめ。ハウステンボスの思い出の最後に、目の前で繰り広げられるダイナミックなショーを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

<イベント情報>
[期間]通年開催
[開催時間]
19:00から22:00まで30分ごとに開催(毎時00分・30分)※時期により変更あり

春限定のメニューも!ハウステンボス内のいちおしレストラン

ハウステンボスには、約60ものレストランがあり、世界各国の料理を日々提供しています。そこで、この春、旬の食材を使ったとってもお得なデザートブッフェやディナーブッフェ、そして、長崎食材を使った料理をご紹介。ハウステンボスが手がける、春の“おいしい!”を食べ尽くしましょう♪

季節のデザートブッフェ

ホテルヨーロッパ内にあるレストラン「アンカーズラウンジ」では、四季ごとに季節のデザートブッフェを展開しています。春のメイン素材は、やはりイチゴです。3・4月は、「いちごを愉しむ デザート&ランチコンサートブッフェ」と題して、おいしいデザートと音楽を堪能することができる内容となっています。ホテルパティシエによるイチゴ尽くしのデザートが20種類以上並び、どれも写真に収めたくなるほど可愛いものばかり。生演奏を聴きながら、タルトやムースなど、多彩にアレンジされたイチゴのデザートをゆっくりと堪能してください。

5・6月は、「バラに囲まれた ランチ&デザートブッフェ」にチェンジ。レストラン内やテーブルを色とりどりのバラで装飾し、食卓を豪華に演出するのがポイントです。季節の食材をふんだんに使用したデザートや料理を自由に楽しめるので、こちらも要チェック。窓から運河やヨーロッパの街並みを望むレストランで、ぜひ優雅なひと時を。

<レストラン情報>
[期間]「いちごを愉しむ デザート ランチコンサートブッフェ」/3月24日(日)・3月30日(土)・4月27日(土)・4月28日(日)・4月29日(月・祝)・5月3日(金・祝)・5月4日(土・祝)、
「バラに囲まれた ランチ デザートブッフェ」/5月11日(土)〜6月29日(土)まで毎週土日開催

[時間]12:00〜15:00(90分時間制)
[料金]中学生以上3,900円、4歳〜小学生2,200円(税込・サービス料別)
[開催場所]ホテルヨーロッパ内「アンカーズラウンジ」

春のディナーブッフェ

高級食材も並ぶ、豪華でお得なディナーブッフェも人気です。ハウステンボスオフィシャルホテルの
「フォレストヴィラ」内にあるレストラン「トロティネ」は、「身体にやさしいフレンチ」をテーマにした料理が特徴です。可能な限りローカロリーで、地元の新鮮な野菜を積極的に使
用し”健康“で、”地元の生産者が見える確かな食材”をモットーに、モーニング、ランチ、ディナーまで、
シーンに合わせて提供しています。そんなレストランが贈る「春のディナーブッフェ」は、地元・佐世保近郊で採れた春野菜や新鮮な魚介を中心に、シェフが腕によりをかけて作る多彩な料理がずらり。体が喜びそうな野菜料理はもちろん、オマールエビやローストビーフなど、垂涎もののメインも大注目!
ブッフェは4月6日(土)までなので、気になる人は早めにご予約を。ブッフェ以外にも、春の味覚を堪能で
きるコースも用意。4月から5月まで楽しめるので、一皿づつじっくり味わいたいという人は、こちらもおすすめですよ。

<レストラン情報>
[期間]春のディナーブッフェ / 〜4月6日(土)
[時間]17:30〜20:30※3月30日(土)は17:00〜20:30
[料金]中学生以上5,000円、小学生2,500円、4歳以上1,500円(税込・サービス料別)
[開催場所]フォレストヴィラ内「トロティネ」

長崎じげもん旬彩祭

海も山もある長崎は食材の宝庫です。そんな長崎の地元のもの(じげもん)を使ったメニューを多数味わえる「長崎じげもん旬彩祭」が開催!期間中は、ハウステンボス内のレストラン数軒で、“じげもん”を使用したオリジナルメニューを提供します。ぜひ、いろんな料理で長崎の旬を感じてみてください。

例えば、長崎特産の豚肉料理だと、「トロティネ」が作る「長崎じげもん豚のブランケット 季節の野菜ヨーグルト風味」や、「ピノキオ」では「雲仙豚の煮込みと野中の卵のカルツォーニ 春菊のジェノベーゼソース」、「とっとっと」は「雲仙よかよか豚を使った“じげもん”トルコライス」などがあります。近海から取れる新鮮な鮮魚は、うちわ海老などが入った「プッチーニ」の「魚介のスープ仕立て」、「メイファン」で提供する「九十九島産かきフライラーメン」、「ハングリーキッチン」の「長崎マトウ鯛と豆腐の生姜風味」など、多彩な料理にアレンジされています。

そのほか、「悟空」の「春野菜と桜えびの焼ちゃんぽん(佐世保風)」、「ロード・レーウ」の「豚レモンステーキ」など、ご当地グルメもラインナップ。まだまだ注目グルメがありますので、ぜひ公式HPをチェックしてください!

<レストラン情報>
[期間]2月9日(土)〜4月12日(金)
[開催場所]トロティネ、花の家、プッチーニ、ロード・レーウ、ピノキオ、メイファン、とっとっと、チーズワーフ、悟空、ハングリーキッチン、アドベンチャーパーク デリ&カフェ

主要都市からのハウステンボスまでのアクセス

[東京から]
羽田空港から長崎空港まで飛行機で約1時間55分、長崎空港からハウステンボスまで高速船またはバスで約50分
羽田空港から福岡空港まで飛行機で約1時間55分、福岡空港からハウステンボスまで国内線ターミナルより高速バスで約1時間56分

[名古屋から]
中部国際空港から長崎空港まで飛行機で約1時間25分、長崎空港からハウステンボスまで高速船またはバスで約50分
名古屋(小牧)空港から福岡空港まで飛行機で約1時間20分、福岡空港から博多駅まで地下鉄で約5分、博多駅からハウステンボスまで特急「ハウステンボス」で約1時間45分

[大阪から]
大阪国際空港(伊丹空港)から長崎空港まで飛行機で約1時間15分、長崎空港からハウステンボスまで高速船またはバスで約50分
大阪国際空港(伊丹空港)から福岡空港まで飛行機で約1時間10分、福岡空港から博多駅まで地下鉄で約5分、博多駅からハウステンボスまで特急「ハウステンボス」で約1時間45分

春休みはハウステンボスのイベントを完全網羅しよう!

以上、ハウステンボスには、花をテーマにした華やかなお祭りや盛大な花火大会、ため息が出そうなくらい圧巻のイルミネーションまで、特別な体験ができるイベントが目白押し。もちろん、パーク内は散策するだけでもなんだか楽しい気分になりますし、子供から大人まで楽しめるアトラクションがいくつもあるから、朝から夜まで飽きることなく滞在できるのが、最大の魅力です。お出かけに最適なこの春は、イベントと合わせて、ハウステンボスを遊び尽くしてみてはいかがでしょうか。

▼ハウステンボスの詳しいイベント情報はコチラ!
ハウステンボス 好評開催中のイベント情報!

周辺のホテル・旅館

変なホテル

変なホテル

佐世保・ハウステンボス

《先進技術を導入した世界初ロボットホテル》快適性とワクワクを追求し、大人から子どもまで楽しめる最先端の空間をご堪能下さい

ホテルオークラJRハウステンボス

ホテルオークラJRハウステンボス

佐世保・ハウステンボス

ハウステンボス駅から徒歩5分。ハウステンボスまで徒歩2分。 天然温泉や、和・洋・中・鉄板焼レストラン、コンビニなど便利♪

ホテルヨーロッパ

ホテルヨーロッパ

佐世保・ハウステンボス

ハウステンボス場内に佇む“高級クラシックホテル” 花と音楽とお料理を堪能。オランダ邸宅を思わせる客室で過ごす贅沢なひと時

フォレストヴィラ

フォレストヴィラ

佐世保・ハウステンボス

静かで美しい自然の中でくつろぎの時間を過ごす湖畔のコテージ。身体が喜ぶ自然派レストランで美食を味わう大人の休日。

周辺の宿一覧へ

周辺の観光スポット

【初心者必見】ハウステンボス完全攻略~目的別のモデルコースや回り方のコツを紹介~

【初心者必見】ハウステンボス完全攻略~目的別のモデルコースや回り方のコツを紹介~

九州で人気の観光スポットとして、必ず上位に挙がるハウステンボス。季節の花が咲き誇り、最新技術を使った…

【2019年】ハウステンボスの夏は3大プールと期間限定イベントがアツい!

【2019年】ハウステンボスの夏は3大プールと期間限定イベントがアツい!

季節を問わず、関東圏からも旅行者が多い九州。夏は、九州の中でもトップクラスの人気を誇るテーマパーク「…

周辺のスポット記事一覧へ

体験・アミューズメントの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

原鉄道模型博物館

マニアにはたまらない、鉄道模型がズラリ

世界的に著名な鉄道模型製作・収集家だった故・原信太郎氏。原氏の世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係…

エンタメの他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

おもちゃマニアといえば誰もが知っている、北原照久コレクション

横浜ブリキのおもちゃ博物館

おもちゃマニアといえば誰もが知っている、北原照久コレクション

テレビ番組『なんでも鑑定団』の出演者として知られる北原照久氏のコレクション3,000点! 1890年…

CG映像だけで迫力のステージを演出するユニークシアター

DMM VR THEATER

CG映像だけで迫力のステージを演出するユニークシアター

2015年9月、横浜駅西口に最新CG技術を生かし、CG映像のみの公演を行うユニークシアターと評判の「…

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

まとめなどの他の記事を見る

厳選!札幌を訪れたら必ず食べたいスープカレー5選

厳選!札幌を訪れたら必ず食べたいスープカレー5選

北海道・札幌といえばなんといってもスープカレー。スパイスの効いたこだわりスープや道内産の肉や野菜トッ…

【東京・銀座・日本橋エリア】ランチに絶対立ち寄りたくなるお店5選!

【東京・銀座・日本橋エリア】ランチに絶対立ち寄りたくなるお店5選!

出張・旅行・帰省と多くの人が行き交う、首都東京。今回は【東京・銀座・日本橋】3駅の近くにある、お得に…

迷ったらコレ!新宿駅近くの「おすすめランチ5選」

迷ったらコレ!新宿駅近くの「おすすめランチ5選」

駅の出入り口も東西南北に分かれ、毎日膨大な人々が行き交っている大都会新宿。ここに訪れた人の大半は道に…

【出張時にも立ち寄れる】東京駅・銀座・日本橋おすすめスポット5選

【出張時にも立ち寄れる】東京駅・銀座・日本橋おすすめスポット5選

定番から穴場まで、東京出張や旅行に来た際、気軽に立ち寄れて、ホッと一息つけるスポットをご紹介!無料で…

長崎の他の記事を見る

ふわとろの食感、長崎名物「角煮まんじゅう」は必食!

岩崎本舗 JR長崎駅 アミュプラザ長崎店

ふわとろの食感、長崎名物「角煮まんじゅう」は必食!

旨味を含んだ豚肉が口の中でほろっととろける豚の角煮。誰もが好きなこの一品を、しっとりふわふわの生地で…

鎖国期の雰囲気が味わえる。甦った長崎「出島」

出島

鎖国期の雰囲気が味わえる。甦った長崎「出島」

「出島」は、江戸幕府が鎖国政策の一環として作った人工島。時代の流れとともに、周囲が埋め立てられ、一時…

一度食べたらやみつきになる、歴史と伝統が生み出す究極の味!

福砂屋 長崎本店

一度食べたらやみつきになる、歴史と伝統が生み出す究極の味!

長崎といえばカステラ、カステラといえば長崎といっても過言ではありません。そんなカステラの代名詞でもあ…

【2019年】花火大会やチューリップ祭!ハウステンボス春のイベント情報まとめ

【2019年】花火大会やチューリップ祭!ハウステンボス春のイベント情報まとめ

▼ハウステンボスのイベントカレンダーやオフィシャルホテル情報はコチラ! ハウステンボス特集 >> …

周辺のホテル・旅館

top