あしかがフラワーパーク
2019.1.23更新

1年を通じ8つのテーマでさまざまな花木の表情が楽しめる

あしかがフラワーパーク

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

1968年に開園し、250畳の大藤として親しまれてきた早川農園が前身。その後都市開発によって移転し、現在の施設に生まれ変わりました。園内は四季折々に数多くの花で彩られ、年間の来園者は150万人以上とも。特に10月下旬より開催されるイルミネーション「光の花の庭」は圧巻。日本三大イルミネーションのひとつであり、2016~2018年は3年連続で全国イルミネーションランキングの1位となっています。

四季折々、数多くの花々で彩られる美しき庭園

あしかがフラワーパーク

94,000㎡ という広大な敷地内は、どこもかしこも花でいっぱい。1年を8つのテーマに分け、第1章の「早春」から第8章のイルミネーションに彩られた「光の花の庭」まで、花や木を主役とする季節感あふれる庭園がつくり込まれています。
なかでも大藤は、あしかがフラワーパークのシンボルともいうべき存在。樹齢は150年といわれ、この4本の大藤とともに80mもの長さの白藤トンネルは栃木県天然記念物に指定。藤が見頃となる4月中旬から5月中旬は8つのテーマのうちの第3章「藤の花物語~大藤まつり~」が開催され、多くの人出で賑わいます。
ほかにも2万球のチューリップやバラ、紫陽花や花菖蒲、2万株30万本のアメジストセージなど、時期それぞれにさまざまな品種が咲き誇り、訪れる度に園内の違った表情が楽しめます。冬期に開催されるイルミネーションは日本三大イルミネーションのひとつ。また、CNNによる「2014年の世界の夢の旅行先10カ所」に、日本では唯一あしかがフラワーパークが選出されています。

あしかがフラワーパークの基本情報

住所 栃木県足利市迫間町607
アクセス 〈電車〉JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅下車、徒歩3分
〈車〉東北自動車道「佐野藤岡」ICより国道50号線を前橋・足利方面へ約18分
北関東自動車道「太田桐生」ICより国道122号線経由、国道50号線を足利・小山方面へ約20分
北関東自動車道「足利」ICより国道293号線経由、県道67号線を佐野方面へ約15分
北関東自動車道「佐野田沼」ICより県道16号線経由、県道67号線を足利方面へ約12分
お問い合わせ 0284-91-4939

散策・モデルコースの他の記事を見る

眺めは文句なし!大いなる歴史の舞台にもなった美しい海峡

関門海峡

眺めは文句なし!大いなる歴史の舞台にもなった美しい海峡

下関市と北九州市の間に横たわる、幅わずか700mほどの狭い海峡。平家が滅亡した「壇ノ浦の戦い」、宮本…

新大久保で韓国グルメ&韓流ショッピングを満喫!

新大久保コリアンタウン

新大久保で韓国グルメ&韓流ショッピングを満喫!

新大久保といえば、近年の韓流ブームで話題となったコリアンタウン。メインストリートとなる大久保通りや職…

江戸中期に造られた名庭園。アーティスティックな和の風情に酔いしれる

六義園

江戸中期に造られた名庭園。アーティスティックな和の風情に酔いしれる

六義園が造られたのは江戸中期の元禄15年(1702)。この場所は当時川越藩主だった柳澤吉保という大名…

見晴らしは抜群! 「新日本三大夜景」にも選ばれた北九州エリアの山

皿倉山

見晴らしは抜群! 「新日本三大夜景」にも選ばれた北九州エリアの山

天気がよければ北九州から下関まで見晴らせる皿倉山。昼間の眺めはもちろん、夜は「新日本三大夜景」のひと…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

一度は訪れてみたい美しき日本三景の名勝地

松島

一度は訪れてみたい美しき日本三景の名勝地

四方を海に囲まれた日本らしさあふれる風景が広がる三大名勝地「日本三景」の一つです。江戸時代から四季折…

四季の自然美を堪能!写真撮影にぴったりの穴場スポット

雲場池

四季の自然美を堪能!写真撮影にぴったりの穴場スポット

軽井沢にはちょっとした散策をするのにぴったりなスポットが数多く点在していますが、中でもここは四季折々…

ビルに囲まれ、いまも花と線香が絶えない平将門の首塚

将門塚

ビルに囲まれ、いまも花と線香が絶えない平将門の首塚

皇居にもほど近い東京・大手町駅のすぐそばに、平安時代の武将・平将門の首を祀る「将門塚」があります。周…

水郷・柳川でのんびり川下りと街並み散歩

柳川川下り

水郷・柳川でのんびり川下りと街並み散歩

掘割といわれる水路を、小舟に乗って全長約4.5km、約70分の水郷クルージング。見事な竿さばきを披露…

栃木・佐野・足利・小山の他の記事を見る

1年を通じ8つのテーマでさまざまな花木の表情が楽しめる

あしかがフラワーパーク

1年を通じ8つのテーマでさまざまな花木の表情が楽しめる

1968年に開園し、250畳の大藤として親しまれてきた早川農園が前身。その後都市開発によって移転し、…

「岩下の新生姜のあるシアワセ」を感じるユニークなミュージアム

岩下の新生姜ミュージアム

「岩下の新生姜のあるシアワセ」を感じるユニークなミュージアム

岩下食品株式会社は、「岩下の新生姜」をはじめとする酢漬け分野で日本一のシェアを誇る企業。その「岩下の…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

栃木県のホテル・旅館

top