2018.11.26更新

札幌の観光名所&雨の日におすすめの屋内スポット31選

  • 定番

  • 複合施設・商業施設

  • 公園・名所・史跡

  • ショッピング

  • 芸術・文化施設

  • グルメ

  • まとめ

周辺のホテル・宿へ

札幌の定番スポット16選&雨の日におすすめの屋内スポット15選!観光名所やグルメなど、札幌に来たなら外せない16スポットをご案内。
また、あいにくの雨でも大丈夫!天気に関係なく札幌観光を楽しめる15スポットもご紹介いたします!札幌駅近くの施設も多数ございますので、出張帰りにちょっと立ち寄りたいという方にもおすすめです♪

目次

■迷ったらココ!定番観光名所や人気のグルメ16選

 

札幌の記念撮影スポット!【札幌市時計台】

札幌の観光スポットとして思い浮かべるものに「札幌時計台」をイメージする方は多いのではないでしょうか? 札幌の中心街にあり、撮影スポットとしても有名です。白い壁と赤い屋根が特徴的な「札幌時計台」、実は外から見るだけではわからない歴史ある塔時計も大きな特徴なんですよ。
「札幌時計台」が建てられたのは1878年。札幌農学校の演武場として、学生の訓練や授業に利用されたのが歴史の始まりです。現在は札幌の撮影スポットとして、多くの観光客が立ち寄り、賑わいをみせています。反対側の通りにある「MNビル」の2階には、「時計台撮影プラザ」という場所があり実は隠れた撮影スポットです。
また「札幌時計台」は単なる撮影スポットというだけでなく、現在では希少な塔時計も見所。明治時代から原型のまま続く塔時計は、ここを含めて日本でも3ヵ所のみ。日本最古の塔時計の仕組みを見たり、解説を聞いたりすることができるのも「札幌時計台」ならではですよ!

▼札幌市時計台 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北1条西2丁目
【アクセス】JR札幌駅より地下歩行空間を大通方面へ約10分 9番出口 / 市営地下鉄・地下鉄南北線・東西線・東豊線大通駅下車市役所側出口徒歩5分
【お問い合わせ】011-231-0838
札幌市時計台の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

北海道の歴史を感じる【北海道庁本庁舎】

約80年間にわたって道政の中心地として活躍した通称「赤レンガ庁舎」。アメリカのネオ・バロック様式で建てられた西洋風の建物は現在、北海道の歴史を辿る資料館として無料開放されています。開拓時の歴史から現在に至るまでの資料はもちろん、北海道ならではの美しい自然も見応えあり! 時間がある方は観光ボランティアスタッフの説明を聞くこともでき、北海道の歴史を五感で味わうことが出来ます。昭和44年(1969年)には国の最重要文化財として認められ、観光客が絶えない有名観光スポットと言えます。
庁舎の周りは緑豊かな庭園や木々、たくさんの花々に囲まれています。5月はシダレザクラ、6月はキショウブ、7月はスイレンやハマナスなど、1年中いつどの時期に来ても、四季折々、違った魅力で訪れた方をもてなしてくれます。また庁舎前には、睡蓮池が広がり、シダレ柳が茂るその景色は有名なモネの「睡蓮」のように、幻想的で見る人に感動と安らぎを与えてくれます。北海道のランドマークとしても有名なので、記念撮影にもうってつけですね!
ブルックリンパーラー札幌は「人生におけるむだで優雅なもの、ぜんぶ」というコンセプトのカフェ。音楽や本、食事がいっぺんに楽しめるニューヨークスタイルのカフェです。1,500冊の本とこだわりのインテリア、DJの音楽を聴きながら過ごせます。大勢でも子連れでも、カップルや、お一人様での利用でも130席もあるから心配ありません。昼から夜にかけてアルコールも楽しめます。ハンバーガーやポテト、パスタなどたっぷり食べれば、お店を出るころには元気いっぱい?!

▼北海道庁本庁舎 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北三条西6丁目
【アクセス】地下鉄南北線・東豊線・JR線「さっぽろ(札幌)駅」より 徒歩8分 / 地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」 より徒歩9分
【お問い合わせ】011-204-5019
北海道庁本庁舎の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

広大なキャンパスにはもう1つのクラーク像【北海道大学】

札幌市内に緑豊かな広いキャンパスをもつ、北海道大学。 「Boys, be ambitious! 少年よ、大志を抱け」という言葉を残したクラーク博士はあまりにも有名。自然の中に長い歴史の重みを感じさせる構内が魅力です。札幌駅から徒歩7分。駅前とは思えない、北海道ならではのスケールの大きさを感じられます。
北海道大学で教鞭をとったクラーク博士、大学構内にはもちろん像があります。正門を入って少し歩くと、小川が流れる中央ローン広場が見えてきます。四季折々に豊かな風景を見せてくれるこの場所の北西角に、クラーク博士の胸像が。像の台座にはクラークの自署が記され、オオオニバスの葉がデザインされています。クラーク像は、羊ヶ丘展望台にも全身像があります。

散策にぴったり。約250mに及ぶポプラ並木は、北海道大学のシンボルともいえるでしょう。夏の豊かな緑、冬の雪の中に立つ姿、いつ見ても美しいその並木は、約80m散策可能。また、約380mもつづくイチョウ並木も、季節ごとに目を楽しませてくれます。春にはさわやかな若々しい新緑、紅葉の季節には金色の空気につつまれるような圧巻の景色が楽しめます。 この並木をめあてに北海道大学を訪れる観光客も多い、おすすめスポットです。

▼北海道大学 詳細
【住所】北海道札幌市北区北八条西5丁目
【アクセス】JR「札幌駅」より徒歩7分 / 地下鉄南北線「北12条駅」より徒歩4分 / 地下鉄南北線「北18条駅」より徒歩7分 / 地下鉄東豊線「北13条東駅」より徒歩15分 / 地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅」より徒歩10分
【お問い合わせ】011-716-2111(北海道大学 代表) / 011-706-2658(北海道大学 総合博物館)
北海道大学の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

シーズン毎のイベントは要チェック!札幌を象徴する公園【大通公園】

芝生や噴水がある空間で、住民や観光客がのんびりとくつろぐおなじみの光景。札幌の象徴として知られる大通り公園は、木々や芝生など緑にあふれています。ここは札幌のまちづくりの中心とも言われ、春夏秋冬で全く異なった表情を楽しめることはもちろん、シーズンに合わせたビックイベントも目玉です。
大通り公園の魅力はオフィス街のど真ん中にありながら、広々とした空間に美しい花壇や芝生が広がっている点にあります。なんと92種約4,700本にもおよぶ樹木で彩られ、サクラやライラックなど季節毎に美しい花々が咲き乱れる景色を楽しむことができます。暖かくなれば芝生で談笑する光景がたくさん見られ、市民はもちろんのこと観光客にとってもホッと一息つけるような空間として愛されています。夏場には、北海道ならではの新鮮なトウキビのワゴンが立ち並び、食べ歩きを楽しむこともできますよ。

札幌駅と歓楽街すすきの、ちょうどその中間にあり約1.5Kmにもわたる大通り公園の景観はまさに札幌を象徴するもの。どのシーズンに行っても春夏秋冬、その季節ならではの雰囲気を楽しむことが可能です。出張などのタイミングが良ければ、夏のビアガーデンや秋のオータムフェスタなど北海道の旬のグルメを堪能する機会にも恵まれるでしょう。天気が良ければ、芝生の上で涼しい風に当たるだけでも札幌を感じられます。オフィス街のど真ん中にある緑溢れる大通り公園。札幌を訪れたなら是非一度、足を運んでみてください。

▼大通り公園 詳細
【住所】北海道札幌市中央区大通西1丁目から大通西12丁目
【アクセス】JR札幌駅から地下鉄乗り換え又はバス、徒歩 / 地下鉄東西線『大通駅』下車 / 地下鉄東豊線『大通駅』下車 / 地下鉄南北線『西11丁目駅』下車
【お問い合わせ】大通公園管理事務所 011-251-0438
大通公園の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

春夏秋冬、札幌のパノラマを楽しめる【さっぽろテレビ塔】

大通り公園のランドマーク的な建物が「さっぽろテレビ塔」です。施設内には展望台やグルメスポットがあり、札幌の代表的な観光名所の1つとしても知られています。札幌中心部にあり、ビジネス目的でも観光目的でもアクセスがいいので、是非足を運んでみてはいかがでしょう。
「さっぽろテレビ塔」の魅力は何といっても、360度札幌を見渡すことができる展望台です。四季折々に全く異なる表情をみせる大通り公園を見下ろせ、どの季節に来ても素晴らしい札幌の景観を眺めることができるでしょう。さらに、空気が澄んでいれば、遠くの山々の自然まで楽しむことができます。
都会ながら自然との距離感が近い札幌ならではの景観……。仕事終わりに夕方のサンセットを臨む、なんてのもオススメ! ただ展望台は混雑することもあるので、ゆっくりしたいときは3階の休憩スペース「テレビ父さんのほほんパーク」が穴場です。

▼さっぽろテレビ塔 詳細
【住所】北海道札幌市中央区大通西1丁目
【アクセス】札幌市営地下鉄大通駅(東西線・南北線)から 徒歩 約5分 27番出入口 / 札幌市営地下鉄 大通駅(東豊線)から 徒歩 約1分 27番出入口 / JRさっぽろ駅 南口 から 徒歩 約15分
【お問い合わせ】011-241-1131
さっぽろテレビ塔の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

明治からの記憶を語り継ぐ建築物【北海道庁旧本庁舎】

北海道の歴史を象徴する1つの建築物が「北海道庁旧本庁舎」です。道民からは「赤れんが」と呼ばれ親しまれ、赤れんが造りの洋風建築物には開拓の歴史を感じます。明治時代からの北海道を語り継ぐ場所として札幌観光においても定番ですので、立ち寄りスポットとしてオススメです!
札幌駅から徒歩約10分、隣接する赤レンガテラスがオープンしたことにより「北海道庁旧本庁舎」の景観は、より魅力的になりました。赤を基調にした「北海道庁旧本庁舎」をバックにした景観は、定番の撮影スポットとして多くの観光客にも人気です。現在は会議などに利用されることもありますが年末年始を除いて、午前8時45分から午後6時まで見学は自由。国の重要文化財にも指定されており、赤れんがの美しい外観はもちろん、洋風な内観も特徴的です。見所は色々ありアイヌ文化の展示物、売店。2階には観光情報コーナーもあり、札幌観光の手始めにここを訪れてもいいでしょう。

▼北海道庁旧本庁舎 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北3条西6丁目
【アクセス】地下鉄南北線・東豊線・JR線「さっぽろ(札幌)」 下車、徒歩8分 / 地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 下車、徒歩9分
【お問い合わせ】011-231-4111
北海道庁旧本庁舎の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

菖蒲池を囲むように広がる癒しの空間【中島公園】

繁華街すすきのをさらに南下すると、すすきのの喧噪が嘘のように緑溢れる中島公園が見えてきます。札幌中心にありながら、緑と水に恵まれた中島公園は「日本の都市公園100選」にも選ばれる札幌市民の憩いの場。見所が随所にあるので、散策を楽しめるのはもちろんのこと、出張ランにはげむランナーにもオススメです!
中島公園では中心となる菖蒲池をまわりながら、四季折々の公園の景観を楽しむことができます。5月上旬には桜が咲き始め、お花見を楽しむ地元民や観光客で賑わうお花見スポットとしても知られています。菖蒲池は4月下旬から10月の体育の日までボートが楽しめますし、冬には道具を無料で貸し出してくれる「歩くスキー」なんていうアクティビティも体験できるんですよ! ジョギングをする人、犬の散歩をする人などがたえない癒しの場。すすきの繁華街からは徒歩10分ほどですので、札幌中心地で宿泊するなら是非立ち寄ってみて下さい。

▼中島公園 詳細
【住所】北海道札幌市中央区中島公園1
【アクセス】地下鉄南北線 『中島公園駅』下車 1・3番出口 / 地下鉄南北線 『幌平橋駅』下車  1・2番出口 / 市電 『中島公園通』『行啓通』下車 徒歩3分
【お問い合わせ】011-511-3924
中島公園の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

サッカー、野球観戦はもちろん。ドーム施設唯一の展望台も!【札幌ドーム】

野球ファン、サッカーファンであれば是非訪れて欲しい札幌ドーム。サッカーと野球という2大スポーツの本拠地になっている世界でも珍しいスタジアムです。「コンサドーレ札幌」と「北海道日本ハムファイターズ」といえば皆さまにもお馴染みではないでしょうか!? スポーツ観戦だけではなく、ドーム展望台も楽しめますよ。
世界初の「ホヴァリングサッカーステージ」を導入することで、世界でも珍しい野球、サッカーという2つのスポーツの本拠地として使用されています。「北海道日本ハムファイターズ」、「コンサドーレ札幌」の両チームともに広い北海道でとても愛されており、一体感ある応援も見所のひとつ。観光や接待で観戦すれば、あなたもいつのまにかファンになっているかも!?

また国内ではドーム施設唯一の展望台があり、ビューポイントとしても注目です。53mの展望台からは札幌市街はもちろん、遠くの夕張岳や手稲山まで広がる景観を楽しむことができますよ。

▼札幌ドーム 詳細
【住所】北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
【アクセス】地下鉄東豊線【さっぽろ駅】から、【福住駅】(終点)まで約13分、【福住駅】下車後、3番出口から徒歩約10分で札幌ドームに到着します。
【お問い合わせ】011-850-1000
札幌ドームの記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

豊富なプランで大満足!【定山渓温泉街 リゾートスパ森の謌】

美しい渓谷に囲まれており、“札幌の奥座敷”と呼ばれ長く人々に愛されている定山渓温泉街。札幌駅から直通バスでいけるのでアクセスも良好。日帰りでも楽しめるアクティビティや観光スポット満載の温泉街、定山渓温泉街をご紹介します。
定山渓温泉は、1866年に修行僧・美泉常山(みいずみじょうざん・後に定山と改名)がこの地に温泉を見つけて湯治場としたのが始まりと言われている大変歴史がある温泉です。支笏洞爺国立公園のなかにあり、美しい自然に取り囲まれています。四季折々の自然が楽しめますが、なかでも紅葉の美しさは全国的にも有名で、温泉街を散策するだけでも、見事な紅葉にため息がでるはず。また、定山渓にはカッパ伝説があり、いたるところにカッパの像やカッパにちなんだ名前に出会えます。のんびり歩きながら、カッパ探しを楽しんでみてはいかがでしょうか。

森のオアシスをイメージした温泉・エステ、ビュッフェが充実したリゾートホテル「リゾートスパ森の謌」。館内施設は森の物語にあふれていて、絵本の中に入り込んだかのような気持ちにさせてくれます。まったりくつろげるラウンジは別世界のよう。中央の暖炉を覆う鉄のオブジェは天に向かって伸びる大木をイメージしています。なんとこの暖炉では、夕食後に焼きマシュマロも楽しめます♪
大浴場は緑に包まれた居心地の良い空間。女性専用の岩盤浴もあり、宿泊すれば無料で利用できます。野菜が中心のランチビュッフェは、日帰りでも利用ができ、和洋中の料理とスイーツも充実しています。豊富なプランで大満足!日帰りでも宿泊でも間違いなく笑顔あふれる思い出が作れるでしょう♪

▼リゾートスパ森の謌 詳細
【住所】北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目192番地
【アクセス】JR「新札幌駅」よりじょうてつバス乗車1時間6分 / 地下鉄南北線「真駒内駅」より無料送迎バス乗車約1時間
【お問い合わせ】011-598-2671
リゾートスパ森の謌の記事はこちら>>

温泉卵が作れる公園!?【定山源泉公園】

定山源泉公園は、定山渓温泉をひらいた美泉定山(みいずみじょうざん)の生誕200年を記念して造られました。
高温の源泉を使って温泉たまごを作れる「温泉たまごの湯」もあり、味付けせずにおいしい温泉卵を食べることができます。気軽に入れる足湯を楽しみながらまったり過ごすのもおすすめ♪ 真冬でも体がポカポカしてきますよ。
あまりお金をかけずに定山温泉を感じることができるので、お時間があるときにはふらっと足を運んでみてくださいね。

▼定山源泉公園 詳細
【住所】札幌市南区定山渓温泉東3丁目
【アクセス】JR「札幌駅」よりじょうてつバス乗車約75分「定山渓湯の町」下車徒歩すぐ / 地下鉄南北線「真駒内駅」よりじょうてつバス乗車約50分「定山渓湯の町」下車徒歩すぐ
【お問い合わせ】011-598-2012
定山源泉公園の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

北海道を代表する動物園【円山動物園】

北海道を代表する動物園といえば「札幌市円山動物園」。札幌市街地からもほど近い距離に施設はあります。園内では動物約180種、900点が飼育されています。「札幌市円山動物園」は、新しい生命の誕生やクオリティーの高い企画により、近年その人気は高まりをみせています。
円山動物園でオススメしたいのが「みんなのドキドキ体験」。飼育員のお話を聞きながら、動物の行動を身近で感じることができる園内の人気企画です。特に『猛禽類のフリーフライト』は、猛禽類たちの素晴らしい飛翔を間近で見ることができ、観覧後には鷹匠体験を楽しめるプログラムになっています。他にも臨場感あるトラの食事風景を間近で見たり、モルモットへのエサやりを体験できたり、その時々で企画も変わっているようです。
何度訪れても新しい発見がある癒やしのスポットをぜひどうぞ。

▼円山動物園 詳細
【住所】北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1
【アクセス】地下鉄「円山公園駅」下車、徒歩約15分 / JRバス動物園線[円15]動物園前駅下車すぐ
【お問い合わせ】011-621-1426
円山動物園の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

開拓の歴史を感じる!【北海道神宮】

開拓民の心のよりどころとして造営された北海道神宮。現在はその歴史の重要性もふくめて札幌市民の心のよりどころとなるこの神社に訪れて札幌市民気分で散策してみてはいかがでしょうか。花見スポットとしても有名な北海道神宮ですが、一年中楽しめるおすすめ散策スポットです。
北海道神宮の始まりを知らずして参拝しては、醍醐味が半減してしまいます。なので、簡単に北海道神宮についてここでご紹介しましょう。北海道神宮は、開拓事業成功を願い、開拓民の心の拠り所とすべく、明治天皇の詔により明治2年に大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の開拓三神を鎮斎したのが創祀です。その後、近代日本の礎を築かれた天皇として昭和39年にご増祀し、現在四柱の神様をお祀りしています。また、開拓功労者を顕彰すべく、70周年の昭和13年に開拓神社が創建されました。時代の移り変わりを生きた開拓者たちの御霊が眠っていると思うと感慨深いものがあります。現在の幸せに感謝して、開拓神社にお参りしたいですね。

春の花、と言われたらお花見の花として桜を連想する人が多いでしょう。しかし、昔の貴族たちは庭に咲く梅の花を愛でてお花見をしていたといいます。そんな古来から人を癒してくれる梅の花と、気持ちを浮き立たせてくれる桜が両方楽しめるお花見スポットが、ここ北海道神宮にあるのです。本殿へと向かう参道に立ち並ぶ美しい桜と梅の木がとても幻想的。また、ゴールデンウィークには屋台も並ぶほどのにぎわいを見せてくれます。ちなみに、境内の桜を使った桜湯茶や同じく梅を使った梅酒なども販売しています。お立寄りの際にはぜひ、お土産としていかがしょうか。

▼北海道神宮 詳細
【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘474 北海道神宮社務所
【アクセス】東西線円山公園駅下車→徒歩15分 / JRバス神宮前停留所下車(西14・西15)→徒歩1分
【お問い合わせ】011-611-0261
北海道神宮の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

牧場直営の最高級ジンギスカン【羊飼いの店「いただきます。」】

北海道のソウルフードの一つとして有名なジンギスカン。札幌には多くのジンギスカン専門店があり、食べ方や味付けもそれぞれこだわりがあります。札幌のなかでも珍しい、北海道産羊肉専門店「ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』」は是非足を運んでほしいお店の一つです!
北海道産羊肉専門のジンギスカン店は、なんとここ1 軒だけ! ジンギスカン店を開くために、羊飼いから始めた男の店です。内臓のレバー、タン、高級フレンチレストランで使われるロース、肩ロースなど他店では滅多に食べられない希少な部位を食べることができます。羊肉は肉の高級品でサフォーク種。サフォークとは1 年間に日本国内で消費される羊1,000 頭に対して2.5 頭しかいない希少な羊です。
脂が違い、甘くて美味しい独自品質の肉。直営牧場ならではの最高級のジンギスカンが食べられると口コミで広がっている今最も注目されている店の一つです。本物のジンギスカンを食べたい方、肉好きな方は是非!

▼ジンギスカン 羊飼いの店「いただきます。」 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南五条西5-1-16
【アクセス】札幌市営地下鉄南北線からすすきの駅 徒歩4分
【お問い合わせ】011-552-4029
ジンギスカン 羊飼いの店「いただきます。」の記事はこちら>>
○札幌のジンギスカンをさらにお探しならこちら!
ビールとの相性も最高♪札幌旅行の夜に食べてほしい!人気のジンギスカン店特集>>

スープカレーの元祖。老舗の味を堪能【札幌らっきょ】

海鮮やジンギスカン、ラーメンに加えて北海道ならではのグルメといえばスープカレーです。2000年代に入ってからブームが巻き起こり、現在では札幌の定番グルメの1つにまで成長を遂げました。数多くのスープカレー店が誕生するなかで、札幌でも屈指の人気店が「札幌らっきょ」です。
1999年に誕生した「札幌らっきょ」は、スープカレーのスタンダードとしても知られています。鶏ガラ、豚骨、牛骨など時間をかけてとり、25種類のスパイスがブレンドされた一杯は化学調味料を一切使わないこだわりの無添加。お店のオススメは「知床鶏チキンスープカレー」で、スプーンだけで食べることができるトロトロの食感は是非1度味わってほしいところです! また、「札幌らっきょ」では北海道の旬を活かした、月替わりのマンスリーメニューも人気です。農家直送の新鮮で旨みの引き出された旬の野菜を楽しむことができますよ。歴史あるスープカレーの味を楽しみたければ是非!

▼札幌らっきょ 詳細
【住所】北海道札幌市西区琴似1条1−7−7 カピテーヌ琴似1F
【アクセス】JR函館本線(小樽~旭川) 琴似駅 徒歩3分 / 札幌市営地下鉄東西線 琴似駅 徒歩9分 / 札幌市営地下鉄東西線 二十四軒駅 徒歩16分
【お問い合わせ】
札幌らっきょの記事はこちら>>
○札幌のスープカリーをさらにお探しならこちら!
札幌でおさえておきたい! スープカレーの名店>>

新鮮ピチピチの魚介類を五感で堪能せよ!【二条市場】

新鮮な海の幸を食べることができる北海道の市場といえば、札幌では「札幌市中央卸売市場場外市場」と「二条市場」があります。「札幌市中央卸売市場場外市場」の方が規模は大きいですが、「二条市場」の魅力は札幌の中心部から歩いて行けるというアクセスの良さにあります。意気込まずに気軽に立ち寄って、北海道の新鮮な魚介類を五感で堪能してください!
売り手の威勢のいい声が響く、決して嫌ではない市場ならではの音、100年以上の歴史ある市場。今朝仕入れたばかりの新鮮な魚介を海鮮丼で楽しみたいと思う方もいるでしょう。そんなあなたは、地元のタクシー運転手も推す人気店「大磯」へ走れ!
海外からも観光客がくるほどの人気店、素材すべてが一流です。日替わりの海鮮丼も人気メニューですが、中でも「うに」へのこだわりが強いお店で、新鮮さは最上級。また、20種類以上取り揃えている焼き魚も人気が高く、ここでしか口にできないような北海道産の魚や珍しい魚も。お値段は決してリーズナブルとは言えませんが、北海道で食べる価値アリです!

▼二条市場 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南三条東1~2丁目
【アクセス】地下鉄東西線「バスセンター前」より徒歩3分 / 地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 より徒歩15分
【お問い合わせ】011-222-5308
二条市場の記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

買い物も観光も!札幌の街を一望できる観覧車【屋上観覧車ノリア】

札幌駅より徒歩約15分の場所にある商業施設ノルベサ。ここでは、数多くのショップや飲食店が入り、子どもから大人まで幅広い年齢層の人々が訪れています。そしてこのノルベサの最大の魅力の一つが、北海道唯一の屋上観覧車ノリア! 昼と夜、違った顔を持つ札幌の町の絶景を独り占してみませんか? 今回は札幌で人気のアミューズメント&商業施設ノルベサにある観覧車ノリアについてご紹介します。

ノルベサには、ファッションからアミューズメントまで約30以上の店舗が入っており、家族や恋人・友人とショッピングから飲食まで何でも楽しむことができます。そして、その中でも一際存在感を放つのが、北海道唯一の屋上観覧車ノリア! ビル開業当時からの目玉として街を支え、年間約12万人が利用している人気施設です。地上78m、1周10分で街を空から眺めることができ、札幌を訪れたときに1回は乗っておきたいですね!
北海道と言ったらやっぱり幻想的な夜景! 旅行に来たら一度は見てみたいと思いませんか? この観覧車ノリアは昼の景色はもちろん、夜が最高なんです。札幌の美しい夜景を地上78mから独り占め! 大切な人と乗れば二人の距離も縮まること間違いなし!! さらに、観光客からの口コミ評価も高く、道内でも有名アミューズメント施設となっています。場所も札幌の中心地にあるため、アクセス面も良好♪ 一度立ち寄ってみて損はないおすすめスポットです。

▼屋上観覧車ノリア 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南三条西5-1-1 ノルベサ 7F
【アクセス】地下鉄南北線「すすきの駅」より徒歩約2分 / 地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」より徒歩約4分 / 地下鉄「大通駅」より徒歩約7分 / JR 「札幌駅」より徒歩約15分
【お問い合わせ】011-261-8875
観覧車ノリアの記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

雨でも楽しめる!1日中遊べるショッピングセンター【サッポロファクトリー】

せっかく札幌に来たのに、天気が悪い。そんなときにおすすめなのが「サッポロファクトリー」。サッポロビールのルーツ「開拓使ビール」の醸造所跡地に作られた全天候型ショッピングセンターです。買い物、リラックス、体験、食事。ここなら飽きずに一日中楽しめます。

ツタの絡まる赤レンガの館がレンガ館。オリジナルのおみやげや、工芸作家の作品なども並びます。煙突広場の「札幌開拓使麦酒醸造所」では仕込み釜をつかったビール製造が今でも行われています。創業当時の味を再現した地ビールも販売しています。ジンギスカンの食べ放題や、11種類のビールを楽しめるお店も。暖かい季節には屋外ビアガーデンも開催。「ビヤケラー札幌開拓使」は、ビール樽の貯蔵庫だったトンネルを使ったビヤホール。開拓使麦酒のテイスティングセットもおすすめです。

大きな温室のようなアトリウム。雨でも、明るい光の中、オシャレなショップやカフェをめぐることが可能です。映画館は、大小11のスクリーンを備えたシネマコンプレックス。アトリウムではライブやトークショーなど、さまざまなイベントも開催。クリスマスシーズンには大きなクリスマスツリーが飾られ、デートスポットとしても注目されています。映画~ショッピング~カフェ~素敵なレストラン♪ オシャレなデートもサッポロファクトリーならばっちり過ごせますね。

▼サッポロファクトリー 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北二条東4丁目
【アクセス】地下鉄東西線「バスセンター前」より徒歩3分
【お問い合わせ】011-207-5000
サッポロファクトリーの記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

北海道産グルメを満喫できる飲食店街【道産食彩HUGイート】

札幌において歴史もあり、活気溢れる狸小路商店街には、飲食店も数多く立ち並びます。その中で是非足を運んで欲しい場所が「道産食彩HUG」。こだわりの北海道道産農産物や海産品を取り扱う直売所「HUGマート」、飲食店が複数入りフードコートになっている「HUGイート」を楽しむことができます。「HUGイート」はお昼のランチに、夜の飲み会にピッタリですよ!
「HUGイート」は北海道グルメを満喫することができる名店が集まった飲食店街です。北海道各地の旬の食材を使ったグルメを各店が提供し、海鮮や焼き鳥、豚丼、寿司とバラエティーも豊かで、あなた好みの北海道グルメに出会うことができるはずです。中央にはセンターテーブルがあり、色んなお店の料理を持ち寄って食べ比べをする楽しみ方も可能! リーズナブルな価格で楽しめるランチも魅力的ですし、Wifi環境も整備されています。ちょっとしたスキマ時間ができたときの、0次会やちょい飲みなんかに立ち寄るのもオススメです。

▼道産食彩HUGイート 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南二条西5丁目
【アクセス】地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」下車、徒歩5分 / 地下鉄南北線「すすきの」下車、徒歩3分
【お問い合わせ】011-242-8989
道産食彩HUGイートの記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

北海道ラーメンテーマパーク【ラ~メン共和国】

札幌駅前すぐ、商業施設エスタ10階のレストラン街に「札幌ら~めん共和国」はあります。「札幌ラーメン」が生まれた昭和の時代を再現したテーマパークです。ラーメン激戦地として知られる札幌は「味噌ラーメン」が生まれた土地でもあります。せっかく北海道に来たのであれば、北海道のラーメン文化も感じてみたい…そんな方におすすめのスポットです!
レトロな雰囲気の施設内は、道内でも選りすぐりの八店舗が立ち並び、活気をみせています。札幌味噌のこってり感を楽しめる「白樺山荘」、全国ブランドの函館塩ラーメン「函館麺厨房あじさい」、トンコツと魚介のダブルスープが特徴の旭川を代表する「梅光軒」。昭和の雰囲気を感じながら、全道各地の気になるラーメンを味わってみてください。

▼ラ~メン共和国 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ10階
【アクセス】JR札幌駅(東改札口)より徒歩5分
【お問い合わせ】011-209-5031
ラ~メン共和国の記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

老舗の味、昔ながらのアイスクリームを楽しむ!【雪印パーラー】

札幌駅に来たならば行っておかねば損といっても過言ではない、喫茶店・雪印パーラー。昔ながらのアイスクリームを堪能でき、さらにメディアでもたびたび紹介される昭和天皇・皇后両陛下のためにつくられた「スノーロイヤル」をお土産として購入できます!寒い札幌だからこそ、あたたかい喫茶店で上質なアイスクリームを楽しむのはいかがでしょうか。
乳脂肪分が16%以上、というかつてないタイプのアイスクリームが雪印パーラーで売っています。その名も「スノーロイヤルスペシャル」!このバニラアイスクリームは、昭和43年に天皇・皇后両陛下のために作られた特別なアイスクリームです。舌の上に広がる濃厚なアイスクリームは他では味わえないまさに究極の味!そんな雪印パーラーでしか味わえない極め付けの味をぜひご堪能ください♪

さっぽろ本店では、2Fにレストランが併設されており、雪印パーラーのアイスクリームが楽しめるパフェが食べられちゃいます! しかも団体さま向けの特大サイズ「ドリームジャンボパフェ」も挑戦可能! どっしりとした寒天のうえにフルーツとアイスクリームがこれでもか! と思うほど色鮮やかに飾られています。さすがに大きすぎるという方にも迫力満載の高さ約50cm「パラゴン」なども用意しております。雪印パーラーでしか楽しめないアイスクリームをパフェで楽しむだなんて素敵ですね♪

▼雪印パーラー 詳細
【住所】北海道札幌市北3条西3丁目1番地 コンタクトオフビル4F
【アクセス】 札幌駅南口から大通方面へ徒歩3分。青い看板が目印。
【お問い合わせ】011-251-3181
雪印パーラーの記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

「白い恋人」でお馴染みの菓子メーカーがお送りするカフェ空間【イシヤカフェ】

北海道の代表的なお土産「白い恋人」。この白い恋人を作り上げたお菓子メーカー「石屋製菓」が運営する「イシヤカフェ」は札幌にしかない是非立ち寄って欲しいスポットの1つです。大通り公園近くにあり利便性のよい場所にあり、仕事の合間のちょっとした休憩などにもオススメです。

札幌大通西4ビルの地下2階にあり、札幌駅からもススキノからも足を運べる「イシヤカフェ」。英国調のアンティークな椅子やテーブルが配置され、上質な空間を創り出しています。注目すべきメニューは、厚さ約3.5㎝のホットケーキが二枚重ねになった「驚くほどぶ厚いホットケーキ」! 季節限定の種類もあり、お好みの味を選べますよ。「白い恋人ソフトクリーム」を利用したパフェ、チョコレートドリンクなど、ここでしか楽しむことができないISHIYAオリジナルスイーツを是非堪能して下さい!

▼イシヤカフェ 詳細
【住所】北海道札幌市中央区大通西4丁目6番地1 札幌大通西4ビル
【アクセス】地下鉄「大通り駅」から徒歩1分
【お問い合わせ】011-231-1487
イシヤカフェの記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

札幌駅構内!北海道の味覚を楽しめる人気カフェ【カフェノルテサッポロ】

大自然に恵まれる北海道は食の宝庫。そして北海道のあらゆるモノやコトが集まる札幌の玄関口が札幌駅です。北海道内のどこへ旅をするときも、札幌駅からスタートすることが多いはず。「CAFE´ NORTE SAPPORO(カフェ・ノルテ・サッポロ)」は北海道旅行の初めに便利な、札幌駅構内にある人気カフェです。
札幌駅構内、改札を出てすぐの「食と観光」情報館内に「CAFE´ NORTE SAPPORO」はあります。札幌駅という利便性の高い場所にありながら、北海道各地の味覚を楽しむことができるため、たくさんの人が立ち寄ります。札幌パークホテル監修のスイーツに、旬の道産食材を使用した「おにぎり」「カレーライス」など、フードメニューも充実。ここに来たら是非食べて欲しいメニューは、おこっぺ町ノースプレインファームの無添加ソフトクリーム! 駅構内のちょっとした待ち時間を過ごすにはピッタリな場所で、北海道らしい味覚を楽しめますよ。

▼カフェノルテサッポロ 詳細
【住所】北海道札幌市北区北六条西4丁目
【アクセス】JR札幌駅1階西側コンコース北口
【お問い合わせ】011-213-5077
カフェノルテサッポロの記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

北海道各地のこだわりの食品を集めた【きたキッチン】

北海道には農産加工物から乳製品、海産品までたくさんの食品があり、お土産として注目の商品もたくさんあります。旅のお土産を買っていくのにちょうどいい、北海道から全道各地のこだわりの食品を集めた「きたキッチン」をご紹介いたします。
きたキッチンは「北海道のおいしさを食べたい、贈りたい、共感したい」をコンセプトに、北海道の老舗百貨店丸井今井がプロデュースをする道産食品のセレクトショップです。お土産コーナーも見所満載ですが、ここではベーカリーセレクトコーナーが一番の人気コーナー。毎週各曜日、日替わりで北海道人気店のできたてパンが登場します。また、作り手のこだわりが詰まった北海道各地の加工品もなかなかの充実ぶり。定番のおすすめ商品はもちろん、週替わりの催事では北海道の各地からセレクトした名産品を試食を交えて紹介しており、立ち寄る度に新しい発見がありそうです。

▼きたキッチン 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南1条西2丁目 丸井今井大通館地下2階
【アクセス】札幌市営地下鉄南北線・東西線・東豊線大通駅下車
【お問い合わせ】011-205-1151(丸井今井 札幌本店)
きたキッチンの記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

大通公園を眺めながら、こだわりのコーヒーでご一服【徳光珈琲 大通BISSE店】

「ビッセではじめる、北のいい暮らし。」をコンセプトに、地下鉄大通駅と直結して賑わいをみせている「大通りビッセ」。グルメやショップが立ち並び、お昼時などに便利な商業施設です。この「大通りビッセ」にあるコーヒー好きにオススメなお店が「徳光珈琲 大通BISSE店」。石狩に本店を置く北海道では有名なコーヒー店です。
大通駅に直結しアクセス抜群の場所にある「徳光珈琲 大通BISSE店」の特徴は、世界中の産地に赴いて仕入れた豆から淹れるコーヒーを味わえることです。南米・中米・アフリカ・アジアなど十数カ国の現場に足を運び、自らの目で納得のいく豆のみ仕入れているんだとか。こうして仕入れられたコーヒー豆を独自の焙煎技術により香り豊かにを仕上げます。ガラス張りの窓からみえる大通り公園の景観を楽しみながら、こだわり抜かれたコーヒーでビジネスの合間のひとときを過ごすなんて贅沢ですね。

▼徳光珈琲 大通BISSE店 詳細
【住所】北海道札幌市中央区大通西3丁目 大通ビッセ 2F
【アクセス】札幌市営地下鉄「南北線・東西線・東豊線」より大通駅下車、地下歩行空間直結(13番出入口)
【お問い合わせ】011-281-1100
徳光珈琲 大通BISSE店の記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

ビールを楽しみ、ビールを学ぶ【サッポロビール博物館】

札幌といえば、日本有数のビールメーカー「サッポロビール」ですね。 「黒ラベル」「エビス」など日本を代表する銘柄を生み出してきました。そんなサッポロビールを楽しみ、ビール産業史を学ぶことができる、ビールを愛してやまない方には必見の施設! それが「サッポロビール博物館」です。
飲食店や商業施設が集まる札幌ガーデンパークの一角に「サッポロビール博物館」はあります。明治初期からの北海道の歴史とともに、サッポロビールの誕生、大日本麦酒時代とサッポロビールの歩みを知ることができます。見学だけではなく、「サッポロクラシック」「サッポロ生ビール黒ラベル」「開拓使麦酒」と3種類のビールを飲み比べ、味わいを楽しめますよ! 中でも「開拓使麦酒」はまさにここでしか飲めない一杯。足を運ぶのであれば、是非飲んでみてください。また時間が許すのならば、隣接するサッポロビール園でジンギスカンなどの北海道グルメが楽しめちゃいます!

▼サッポロビール博物館 詳細
【住所】北海道札幌市東区北7条東9−1−1
【アクセス】地下鉄東豊線「東区役所前」駅より徒歩約10分 / 「札幌駅前」(東急百貨店の南側)より中央バス サッポロビール園・ファクトリー線 [環88]乗車、「サッポロビール園」下車すぐ(約20分間隔の発車) / 「札幌駅北口」より苗穂北口線 [東63]乗車、「サッポロビール園前」で下車(1時間2本程度の発車) / サッポロビール園・アリオ線 [188]乗車、「サッポロビール園」下車(1時間に2~3本程度の発車)
【お問い合わせ】011-748-1876
サッポロビール博物館の記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

北海道の大地が育てた、札幌唯一の酒造【千歳鶴酒ミュージアム】

札幌で唯一の酒造メーカー「日本清酒株式会社」が誇る北海道でお馴染みの銘柄が「千歳鶴」。「全国新酒鑑評会」において14年連続で金賞を受賞するなど、全国でも屈指の酒造として知られています。その千歳鶴の文化を発信する施設が「千歳鶴酒ミュージアム」です。
「千歳鶴酒ミュージアム」内は明治時代からの営みを感じる落ち着いた空間。まず施設に入ると、地下150mからくみ上げる「千歳鶴」の仕込み水がお出迎えをしてくれます。まずは「千歳鶴」の命ともいえる水の味を体感してみましょう。千歳鶴ブランドのお酒、季節限定のお酒などお土産にもピッタリな商品が豊富に並んでおり、清酒やリキュールまでほとんどの商品を試飲することができます。
ゆっくりとくつろげる休憩スペースもあり、お酒が苦手な方も「酒粕ソフトクリーム」「仕込み水で淹れたコーヒー」などオリジナル商品を味わうことができますよ。

▼千歳鶴酒ミュージアム 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南三条東5丁目
【アクセス】地下鉄東西線「バスセンター前」駅9番出口より徒歩5分
【お問い合わせ】011-221-7570
千歳鶴酒ミュージアムの記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

地下コンコースを移動しながら芸術鑑賞!【500m美術館】

札幌地下鉄大通駅~バスセンター前駅間地下コンコース内500mにわたって続く、駅施設内の通路に設置するギャラリーとしては日本で最長の美術館です。定期的に展示内容が変わるため、札幌にはよく訪れているという方でも毎回新たな作品に出会えます。
札幌は、地下空間が地域の大切なスペースとなっています。その中で、2006年から1月限定でアート作品を展示してきたスペースを常設化し、2011年に完成した500m美術館。駅施設内の通路が展示スペースなので、もちろん観覧は無料です。市民が芸術文化に触れる機会を増やすこと、、札幌で活躍するアーティストの発表の場として、札幌市が運営しています。市民参加型の企画や国内外の有名アーティストの作品展示なども開催されます。開放時間は7:00~22:30。年中無休です。

「さっぽろアートステージ」の美術部門として展示をしていた500m美術館。常設化にあたり、大通駅とバスセンター前駅に鉄のエントランスを設置しました。特殊な加工で錆仕上げした鉄のエントランスがなんともいい味です。強化ガラスで囲まれた展示空間7つと、10区画のコンポジットパネルで構成され、横に長い空間を生かした展示が展開されています。バスセンター前駅は、ショッピングモール「サッポロファクトリー」の最寄駅。札幌から一駅分、たまには、「通ること」そのものを目的にして、じっくり展示を鑑賞してみるのも良いかもしれませんね!

▼500m美術館 詳細
【住所】北海道札幌市中央区大通西1~大通東2丁目
【アクセス】 地下鉄「大通駅」直結、地下鉄東西線「バスセンター前駅」直結
【お問い合わせ】011-211-2314
500m美術館の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

個性派店舗が入る魅惑のマンション【space1-15】

札幌駅前や大通り公園、すすきのなど札幌には見所がたくさんあります。もし一通りの観光名所などを巡ったのであれば、ちょっとコアな札幌を知りたいと思いませんか? 一見すると、どこの街にもある普通のマンションが、複合的なショップになっている「space1-15(スペースイチイチゴ)」という面白い施設があるんです。
築30年、少し趣きが出てくる街でよく見かけるマンション。札幌大通り公園を西に歩くと辿り着く一見普通のマンションは、なんと札幌の作家さんや職人さんのお店のテナントが入る、複合施設になっているんです! 2階から8階まで、アート作品の展示やカフェ、雑貨屋さんなど、ここにしかユニークなお店を楽しむことができます。ここでしか会えない「モノ」と出会い、その「ストーリー」を店主と語らう。「次はどんなお店があるんだろう?」そんなドキドキ感のある「space1-15(スペースイチイチゴ)」、ディープな札幌を味わいたいあなたにオススメです!

▼space1-15 詳細
【住所】北海道札幌市中央区南1条西15丁目1−319 シャトールレェーヴ
【アクセス】①地下鉄「西18丁目」5番出口を出る ②右に曲がるとローソンが見えます。 ③ローソンの角を右に曲がり、「ピーナッツ薬局」さんの角を左折。 ④しばらく歩くと右手に、青地に白い文字で「シャトールレーブ」と書かれた看板があります。
space1-15(スペースイチイチゴ)の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

海鮮の宝庫!北海道の水産お土産ならココ!【佐藤水産本店】

太平洋、日本海、オホーツク海と3つの海に面している北海道は、言わずと知れた海産物の宝庫。お寿司や海鮮丼なども1つの大きな楽しみでしょうし、魅力的な水産加工品のお土産もたくさんあります。北海道の郷土の味を届け、バラエティー豊かな製品を提供する佐藤水産本店を紹介いたします。
佐藤水産は製造から販売まで一貫して行う「北海道」「天然素材」「本物」にこだわるシーフードメーカーです。札幌駅前すぐの場所にある佐藤水産本店は、店内に入るとウニ、イクラ、鮭など上品な水産加工品がビッシリと並びます。人気商品は北海道の郷土料理「鮭のルイベ漬け」。これは鮭といくらに特製「鮭醤油」を漬け込んだもので、こだわりの旨み、とろける食感はやみつきになること間違いなし。北海道土産にピッタリな一品です。またその場で楽しめる海鮮グルメおむすび、海鮮カツバーガーもオススメなので是非食べてみてくださいね。

▼佐藤水産本店 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北4条西3丁目 交洋ビル1F、2F
【アクセス】札幌駅南口徒歩1分
【お問い合わせ】011-200-3100
佐藤水産本店の記事はこちら>>
その他札幌観光の「グルメ」 に関する記事はこちら>>

札幌駅直結!ちょっとした空き時間にお土産などのお買い物も【札幌ステラプレイス】

帰りの電車まで少しだけ時間が余ってしまったとき、ぶらりとできる札幌ステラプレイスのご紹介です。駅直結なので安心ですし、観光もお土産もさっと済ませられるので便利ですよね。もちろん半日たっぷりいても過ごせますが、出張の帰りにお土産をさっとみたり、せっかく来たから少しでも札幌を観光した気分になりたいという方にはもってこいでしょう♪

地下鉄さっぽろ駅から大通駅までをつなぐ約520mの歩行空間「チ・カ・ホ」。でもここはただの通路じゃないんです!この「チ・カ・ホ」では、北海道内の観光PRや雑貨・特産品の販売、アート作品の展示など毎日たくさんのイベントが行われています。お買い物や鑑賞を楽しんだ後は、地下歩行空間内に多数設けられた休憩スペースで、のんびりできます。Wi-Fi無料スポットなのも嬉しいですね。これら以外にも「チ・カ・ホ」では文化・スポーツ・芸術など北海道にまつわる沢山の情報が発信されていて、札幌の中でも熱い場所になっています!

JR札幌駅構内にある北海道さっぽろ「食と観光」情報館、愛称「Kita・Bell」。この愛称は、1北海道の「キタ」、2食べる、3トラベルの「ベル」、この3つを合わせた意味で、その名の通り北海道の観光案内と食の名産についての展示が行われています。施設内の「食と観光」コーナーでは北海道の特産を使った食べ物を食べることができるだけでなく、観光イベントや旬の季節情報も知ることができます!
また、ここでは定期観光バスの予約やレンタルWIFIの受付、オプショナルツアーの紹介もしてくれるから、北海道を旅する時にはぜひ立ち寄りたいですね。ここに来ればアナタの行きたい所がすぐに見つかるかも?

▼札幌ステラプレイス 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北五条西2丁目
【アクセス】JR「札幌駅」直結 / 地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅」直結
【お問い合わせ】011-209-5100
札幌ステラプレイスの記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

地上160mから、美しい札幌の景色を一望【JRタワー展望台T38】

レストランやショッピングモールなどが集結する、札幌駅直結の複合施設JRタワー。札幌駅にも直結しているので、旅の拠点にもなる施設です。JRタワーの最上階38階は展望台になっており、地上160mから札幌の景観を一望することができるオススメの札幌ビューポイントです!
JRタワー展望台には6階から専用エレベーターを使って一気に上がります。札幌エリアの360度パノラマを展望することが可能で、夜景が美しい札幌市内はもちろん、遠くに広がる芦別岳や夕張岳まで北海道の雄大な自然を一望することができます。思わず深呼吸したくなるような開放感をぜひ味わってください。
またスタイリッシュにデザインされた施設内にはT’ CAFÉ、T’ SHOPなどのお店も。男性であればコンセプトは「圧倒的開放感を独り占め」の展望トイレを是非ご体験ください。唯一無二の体験をすることができるはずです。

▼JRタワー展望台T38 詳細
【住所】北海道札幌市中央区北5条西2丁目5
【アクセス】①札幌駅南口から東コンコースへ ②花屋さん横から札幌ステラプレイスへ ③スターバックス横のエレベーターで6階へ ④エレベーターから降りて右手に進む ⑤無印良品を左へ ⑥展望台入り口へ ⑦チケットを購入して専用エレベーターで展望室へ到着
【お問い合わせ】011-209-5500
JRタワー展望台T38の記事はこちら>>
その他札幌観光のおすすめスポットはこちら>>

周辺のホテル・旅館

ベストウェスタン札幌大通公園

ベストウェスタン札幌大通公園

札幌・定山渓

四季折々のイベントが楽しめる大通公園に隣接!ビジネスや観光に便利な立地。シモンズベッドや全室Wi-Fi完備で快適♪

センチュリーロイヤルホテル札幌

センチュリーロイヤルホテル札幌

札幌・定山渓

JR札幌駅より徒歩2分・地下街直結の好立地 北海道四季の食材を取り入れたこだわり朝食 ビジネスや札幌観光の拠点におすすめ

アパホテル〈札幌すすきの駅南〉

アパホテル〈札幌すすきの駅南〉

札幌・定山渓

豊水すすきの駅6番出口より徒歩2分!観光・ビジネスに好立地♪すすきの中心街まで徒歩圏内◎

アパホテル〈札幌〉

アパホテル〈札幌〉

札幌・定山渓

大通公園から徒歩圏内の好立地。狸小路商店街やすすきの繁華街も徒歩圏内。自慢の客室と花ごころのおもてなし。

周辺の宿一覧へ

周辺の観光スポット

札幌の隠れ家的スポット、個性派店舗が入る魅惑のマンション!

space1-15(スペースイチイチゴ)

札幌の隠れ家的スポット、個性派店舗が入る魅惑のマンション!

札幌駅前や大通り公園、すすきのなど札幌には見所がたくさんあります。もし一通りの観光名所などを巡ったの…

北海道の歴史を感じる「北海道庁旧本庁舎」

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道の歴史を感じる「北海道庁旧本庁舎」

「赤レンガ庁舎」の愛称で親しまれる北海道庁旧本庁舎。80年にわたって北海道を見守り続けた建物には、北…

地上160mの高さから、札幌市内を一望

JRタワー展望台T38

地上160mの高さから、札幌市内を一望

レストランやショッピングモールなどが集結する、札幌駅直結の複合施設JRタワー。札幌駅にも直結している…

お手頃でウマい、札幌で北海道の海の幸を堪能したいならココ!

札幌市中央卸売市場場外市場

お手頃でウマい、札幌で北海道の海の幸を堪能したいならココ!

北海道の大きな魅力の1つが「食」。北の幸、特に新鮮な海鮮を楽しみにいらっしゃるビジネスマンの方も多い…

周辺のスポット記事一覧へ

複合施設・商業施設の他の記事を見る

札幌の観光名所&雨の日におすすめの屋内スポット31選

札幌の観光名所&雨の日におすすめの屋内スポット31選

札幌の定番スポット16選&雨の日におすすめの屋内スポット15選!観光名所やグルメなど、札幌に来たなら…

JR小倉駅直結、食事や休憩もできるアクセス抜群のファッションビル

アミュプラザ小倉

JR小倉駅直結、食事や休憩もできるアクセス抜群のファッションビル

仕事や観光で訪れた土地で、乗車予定の電車までの時間を中途半端に持て余すことはよくあるもの。そんなとき…

鳴子温泉郷へのルート沿いにある大人気のグルメ情報スポット

あ・ら・伊達な道の駅

鳴子温泉郷へのルート沿いにある大人気のグルメ情報スポット

周辺に鳴子温泉郷を控え、観光客や地元の多くの人に憩いの場を提供している道の駅。地元の旬野菜や加工品を…

三春駒・三春張子人形発祥の地で、歴史と文化に触れる

高柴デコ屋敷

三春駒・三春張子人形発祥の地で、歴史と文化に触れる

子育てのお守りとされた馬型木彫から発展した「三春駒」。そして、木型に張った和紙を抜き取って作る「三春…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

福徳神社(芽吹神社)

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

高層ビルが立ち並ぶ、日本橋室町の片隅にたたずむ小さな神社。鳥居も社殿も新しく、日本橋の再開発によって…

レトロな港町の雰囲気が味わえる門司港でゆったりと洋館巡り

門司港レトロ

レトロな港町の雰囲気が味わえる門司港でゆったりと洋館巡り

明治22年(1889)の開港以降、国際貿易港として栄えた門司港。門司港レトロと呼ばれる港町エリアには…

神戸市中央区にある、学業成就・合格祈願・開運のパワースポット

湊川神社

神戸市中央区にある、学業成就・合格祈願・開運のパワースポット

境内には、水戸光圀公により建てられた大楠公墓碑「嗚呼忠臣楠子之墓」などの国の史蹟があり、「宝物殿」に…

お金の歴史と役割を学ぶ大人の社会科見学

日本銀行本店・貨幣博物館

お金の歴史と役割を学ぶ大人の社会科見学

日本銀行本店は、東京駅などを設計した建築界の巨匠・辰野金吾の設計によるもの。ネオ・バロック建築の建物…

ショッピングなどの他の記事を見る

有名メーカーのブランド品がうれしい価格で手に入る

三井アウトレットパーク大阪鶴見

有名メーカーのブランド品がうれしい価格で手に入る

スポーツとアウトドアファッション、関連用品で人気の有名ブランドのメーカー直営店などが揃う「三井アウト…

トレンドの発信地・六本木エリアのおすすめ観光&グルメスポット20選

トレンドの発信地・六本木エリアのおすすめ観光&グルメスポット20選

東京でも屈指のおしゃれなエリア「六本木・赤坂」。この街は日本だけでなく海外からも注目されています。街…

上品な美味しさを提供する老舗の和菓子店

風月堂

上品な美味しさを提供する老舗の和菓子店

長野県の名物といえばりんごを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、もちろん長野県の名物はそれだけでは…

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

神田古書店街

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

地下鉄神保町駅を降りて地上に出ると、そこは神保町交差点。この界隈は「神田古書店街」(神田神保町古書店…

札幌・定山渓の他の記事を見る

地鶏にこだわった出汁が魅力のおでん

ミカサノ食堂 狸小路店

地鶏にこだわった出汁が魅力のおでん

札幌市民もまだまだ知らないHUGイートという新しいグルメスポット。狸小路商店街にあり海鮮・焼き鳥・牡…

北海道の恵みを味わおう! 「ジンギスカン ひげのうし」

ひげのうし

北海道の恵みを味わおう! 「ジンギスカン ひげのうし」

北海道旅行で楽しみなものの一つといえばグルメ!! 観光はもちろん、最近ではグルメメインで訪れる人も多…

安心の24時間営業! 歓楽街すすきのに設備充実の天然温泉&スパ

すすきの天然温泉スパ・サフロ

安心の24時間営業! 歓楽街すすきのに設備充実の天然温泉&スパ

せっかくはるばる来た北海道。1日の仕事も終われば、同僚や先輩たちと歩く夜の札幌を楽しみにしている方も…

老舗の味、昔ながらのアイスクリームを楽しむ!

雪印パーラー

老舗の味、昔ながらのアイスクリームを楽しむ!

札幌駅に来たならば行っておかねば損といっても過言ではない、喫茶店・雪印パーラー。昔ながらのアイスクリ…

北海道のホテル・旅館

top