珈琲店 邪宗門

レトロな雰囲気で落ちつける店内。名物のウインナーコーヒーはぜひ味わいたい

珈琲店 邪宗門

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

ここは下田の老舗喫茶店。江戸末期の古民家を喫茶店に改造し、昭和41年(1966)に開店。昭和の当時をそのまま保存しているかのような、懐かしいアンティークの数々が店内を彩ります。コーヒーに生クリームをのせた名物のウインナーコーヒーをはじめ、オリジナルのティーパフェなど、いつまでも変わらないその味わいと雰囲気に、何十年と通い続ける常連さんも多くいる名店です。

珈琲の香りと、昭和の香り。どちらも味わい深いリラックス空間

珈琲店 邪宗門 なまこ壁に木格子、船をひっくり返したような形の屋根など、昔ながらの情緒あふれるたたずまい。それもそのはずで、お店の建物は幕末時代に当時の船大工が建てた古民家をそのまま利用しているのだそう。
店内も、マスターの趣味という船のランプや舵、絵画や骨とう品、また近隣に住む人々が「お店に合うのでは」と持ち寄った調度品がいろいろ飾られていて、とても趣のある空間。
そんな雰囲気の中でいただけるブレンドコーヒーは、ドリップによるもの。モカベースの浅炒りの豆を用い、香気に優れ、酸味と苦みのバランスのとれたとても上品な味わいです。
そして、このお店でぜひ味わっていただきたいのがウインナーコーヒー。でも、上にのっている生クリームをすぐかき混ぜてはいけませんよ。まずは冷たい生クリームを味わい、徐々にコーヒーと生クリームが混ざり合っていくホロ苦さを味わい、そして最後にシュガーの溶けた甘いコーヒーを味わうという具合に、味の変化を楽しむのが邪宗門流なんです。
ほかに、バニラアイスを炭酸の紅茶にのせたティーパフェや、アイスをつけて食べるハニーバタートーストといったオリジナルメニューも人気。店内の雰囲気、提供されるメニューともども、ゆったりとした時間が流れるくつろぎのお店です。

珈琲店 邪宗門の基本情報

住所 静岡県下田市一丁目11-19
アクセス 伊豆急「下田」駅より360m(徒歩5分)
お問い合わせ 0558-22-3582

珈琲店 邪宗門周辺のホテル・旅館

下田プリンスホテル

下田プリンスホテル

伊豆

《全室オーシャンビュー》透明度抜群の青い海・白い砂のビーチが目の前に広がるリゾート!南伊豆の豊かな自然を満喫♪

下田ベイクロシオ

下田ベイクロシオ

伊豆

《伊豆・下田港が一面に広がるリゾートホテル》下田温泉の展望風呂で癒しのひととき。海の幸を中心とした季節の味覚をご提供

リブマックスリゾート伊豆下田

リブマックスリゾート伊豆下田

伊豆

碁石ヶ浜を見下ろす高台にある南欧風ホテル 客室設備が充実!全室露天風呂を完備 温泉に浸かりながら、豪華な1日を過ごす

下田伊東園ホテルはな岬

下田伊東園ホテルはな岬

伊豆

伊豆下田駅から徒歩10分!伊豆の海を望める港の人気温泉宿♪海の幸中心の多彩なバイキングも人気◎

周辺の宿一覧へ

珈琲店 邪宗門周辺の観光スポット

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

定番おみやげの小布施栗菓子と和スイーツ

桜井甘精堂 MIDORI長野店

定番おみやげの小布施栗菓子と和スイーツ

小布施栗菓子の老舗「桜井甘精堂」の栗ようかんをはじめ、定番の人気菓子が買える長野駅ビル内のショップ兼…

松江ゆかりの小説家にちなんだ“ビアへるん”を味わいに

松江堀川地ビール館

松江ゆかりの小説家にちなんだ“ビアへるん”を味わいに

旅行に行ったら、その土地ならではのものをいただくのは、楽しみの一つです。特産品や郷土料理などに加え、…

ビール職人が作る絶品クラフトビールをゆっくりと

LIVING CRAFT BEER BAR

ビール職人が作る絶品クラフトビールをゆっくりと

各地の地ビールが注目され、小規模生産ビールのよさが見直されている昨今。日本のビール職人が手掛けるおい…

新幹線に乗る前のお弁当選びはここで決まり!

静岡弁当

新幹線に乗る前のお弁当選びはここで決まり!

静岡地元民にとってお弁当といえば真っ先に名前があがるのがここ。創業40年以上の老舗です。他では食べら…

下田の他の記事を見る

レトロな雰囲気で落ちつける店内。名物のウインナーコーヒーはぜひ味わいたい

珈琲店 邪宗門

レトロな雰囲気で落ちつける店内。名物のウインナーコーヒーはぜひ味わいたい

ここは下田の老舗喫茶店。江戸末期の古民家を喫茶店に改造し、昭和41年(1966)に開店。昭和の当時を…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top