偕楽園
2018.1.30更新

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園

  • 定番

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

偕楽園は国の史跡および名勝。金沢の「兼六園」、岡山の「後楽園」とともに日本三名園と呼ばれる日本庭園のひとつです。隣接する千波湖周辺を含めた敷地は、都市公園として世界第2位の広さを誇るほど。四季折々に美しさを見せる庭園ですが、何といっても早春の梅は有名。約100種類3,000本もの梅の木が並び、2月中旬から3月末にかけて開催される「梅まつり」には多くの観光客が訪れ、その美しさに魅了されています。

約100種類3,000本もの梅が咲き誇る一面ピンクの花道

偕楽園 ここは水戸藩主の徳川斉昭公が天保13年(1842)に開いた庭園。「民と偕(とも)に楽しむ」場としたことから偕楽園と名付けられました。広大な敷地は約300ha。東京ドーム63個分の広さがあり、入園料は斉昭公の時代からずっと無料です。
そして偕楽園といえば、やはり“梅”。2月下旬から3月末まで開催される「梅まつり」は全国的にも有名ですよね。梅の木は約100種類、3,000本もあって、園内のほぼ半分を梅の木が占めているといいます。なぜそんなに梅の木を植えたのかといえば、鑑賞して美しいだけでなく、いくさのときの副食(梅干し)としても役に立つからということだったのだそう。斉昭公が水戸藩主になったとき、領内に梅の木が少ないことを知り、江戸屋敷から梅の種を送って育苗を奨励したといいます。

陰と陽が交わる幻想的な歴史散策

偕楽園 園内への入口は好文亭表門、御成門、東門、西門、南門など各所にありますが、正門に相当するのは「好文亭」へと続く好文亭表門。黒いので別名「黒門」とも呼ばれています。ここをくぐると眼前に孟宗竹林が広がり、高く伸びた竹の陰で昼でも暗く感じるほど。そのため、黒門から入る道は陰の世界と比喩されることもあります。
そこから下っていくと、湧き水の出る「吐玉泉」、そばには「太郎杉」と呼ばれる樹齢800年の巨大な杉の木、次第に周囲も日の光があたる陽の世界に変化し、そして「好文亭」と続きます。
「好文亭」は斉昭公が設計した建物で、当時はここに家臣や領内の民を集めて詩歌や慰安会を催していたといいます。中に入るのは有料ですが、ぜひ内部の洒脱な雰囲気を味わってみてください。領内の民とも親しく付き合うなんて、斉昭公はやはり進歩的な殿様だったんですね。

一年を通じて「民と偕に楽しむ」催しが提供されている

偕楽園 偕楽園では、梅の季節以外でもイベントがいろいろ行われています。まず、4月初旬は「桜まつり」。梅の花が少し残っているなか桜が咲き始め、梅と桜がいっしょに楽しめますよ。
4月半ばから5月にかけては霧島ツツジやどうだんツツジが咲き誇り、「ツツジまつり」が開催されます。赤や紫に染まったツツジは園内の緑によく映え、そのツツジ越しに見える千波湖もより一層晴れやか。
8月の第1金、土、日の3日間は「水戸黄門まつり」。これは偕楽園だけのイベントというわけではないけれど、水戸市内で3日間行われるこのお祭では神輿や山車が繰り出され、パレードがあったり千波湖のほとりで花火が打ち上げられたり毎年とても賑やかです。
また、9月に入ると「萩まつり」。夜、ライトアップされた萩はとても幻想的で、期間中は俳句大会や野外琴の会なども開催されます。そして11月はもみじ谷でライトアップが行われ、鮮やかな深紅のもみじが鑑賞できます。
一年を通して訪れる人を魅了する偕楽園。水戸にやって来たならば、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。

偕楽園の基本情報

住所 茨城県水戸市常磐町1丁目
アクセス (車)常磐自動車道水戸I.Cより約20分
(電車)JR常磐線「水戸駅」より水戸駅北口偕楽園行きバスにて約20分
お問い合わせ 029-244-5454

偕楽園周辺のホテル・旅館

アパホテル〈水戸駅前〉

アパホテル〈水戸駅前〉

水戸・笠間

「水戸駅南口から目の前!徒歩1分!」初めての方も安心!

ダイワロイネットホテル水戸

ダイワロイネットホテル水戸

水戸・笠間

JR水戸駅南口より直結! コンビニ・飲食店・映画館まで揃う商業施設を併設! 抜群の立地と充実の設備で出張・観光時に最適

コートホテル水戸

コートホテル水戸

水戸・笠間

【JR水戸駅南出口から徒歩6分!】 2種類の卵料理をお好みで選べる朝食 全室Wi-Fi無料接続!観光・ビジネスに便利

ホテルルートイン水戸県庁前

ホテルルートイン水戸県庁前

水戸・笠間

茨城県庁のすぐ側!JR水戸駅から車で15分♪ビジネス・観光にも好立地でアクセスも◎朝食バイキング無料サービス!

周辺の宿一覧へ

偕楽園周辺の観光スポット

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖と遊歩道

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖は日本三名園のひとつ、水戸の偕楽園の南東に隣接する淡水湖。湖の周囲は遊歩道や木々の緑が整備され…

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

旧弘道館

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

水戸といえば黄門様を連想する人も多いのでは。そう、水戸は徳川御三家のひとつとして明治維新まで文武に優…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

大分屈指のパワースポット!ご利益を求めて、八幡の総本宮を歩く

宇佐神宮

大分屈指のパワースポット!ご利益を求めて、八幡の総本宮を歩く

大分県の北東部にある宇佐神宮は、国宝や国指定重要文化財に指定されている社殿を持つ由緒正しき神社です。…

江戸情緒を感じながらブラブラ散策

佃島

江戸情緒を感じながらブラブラ散策

高層ビルやタワーマンションの建設による都市開発が進み、ウォーターフロントとして人気の「中央区佃」。戦…

老舗料亭やお茶屋さんが立ち並ぶ、京都らしい石畳の通り

祇園花見小路

老舗料亭やお茶屋さんが立ち並ぶ、京都らしい石畳の通り

国内外の観光客から高い人気を誇る京都・祇園のメインストリート。石畳の通り沿いに、老舗の料亭やお茶屋さ…

眺めは文句なし!大いなる歴史の舞台にもなった美しい海峡

関門海峡

眺めは文句なし!大いなる歴史の舞台にもなった美しい海峡

下関市と北九州市の間に横たわる、幅わずか700mほどの狭い海峡。平家が滅亡した「壇ノ浦の戦い」、宮本…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

ビルの陰に建つ洲崎神社。かつては栄一丁目全体が境内地という時代も

洲崎(すさき)神社

ビルの陰に建つ洲崎神社。かつては栄一丁目全体が境内地という時代も

中区栄一丁目にある神社。昔このあたり一帯は入江で、土地の石神さまを祀っていましたが、貞観年間(859…

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

横浜赤レンガ倉庫/赤レンガパーク

一度は行っておきたい歴史を感じる名スポット

2号館が創建105年を迎える横浜赤レンガ倉庫は、言わずと知れた横浜の名スポット。もともとここは、明治…

聖徳太子が創建し、豊臣秀吉が再建した、由緒正しい縁結びのお寺

愛染堂(勝鬘院)

聖徳太子が創建し、豊臣秀吉が再建した、由緒正しい縁結びのお寺

知る人ぞ知る縁結びの神様、愛染堂(勝鬘院)の夏祭りは、大阪三大夏祭りのひとつに挙げられるほどの人気。…

愛称「モリコロパーク」は愛知万博跡地を利用した広大な公園

愛・地球博記念公園

愛称「モリコロパーク」は愛知万博跡地を利用した広大な公園

ここには万博の思い出が詰まった記念館や、モリゾーとキッコロの形に整えられた植え込みアートなど万博当時…

芸術・文化施設などの他の記事を見る

建物自体がアートと話題になった「名古屋市美術館」は黒川紀章氏の代表作

名古屋市美術館

建物自体がアートと話題になった「名古屋市美術館」は黒川紀章氏の代表作

市の中心にある白川公園の北東部の端に「名古屋市美術館」はあります。開館は昭和63年(1988)。建物…

横浜で日本の古典芸能「能楽」の世界に触れる

横浜能楽堂

横浜で日本の古典芸能「能楽」の世界に触れる

年間を通じ、独自の切り口で企画した能や狂言の舞台を上演している横浜の能楽堂。現代を代表する舞踊家が、…

ドレスで記念撮影も! ファッションの歴史がわかる博物館

岩崎博物館(ゲーテ座記念)

ドレスで記念撮影も! ファッションの歴史がわかる博物館

明治時代、初の西洋式劇場として賑わった「ゲーテ座」の名にちなみ、その跡地に建設されたのが「岩崎博物館…

誰もが思わず夢中になってしまうトリックアートの世界へようこそ

渡辺健一トリックアート美術館

誰もが思わず夢中になってしまうトリックアートの世界へようこそ

名古屋にもありました。トリックアート美術館。いわゆる「だまし絵」ですね。外見はこぢんまりとした、画廊…

水戸・笠間の他の記事を見る

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖と遊歩道

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖は日本三名園のひとつ、水戸の偕楽園の南東に隣接する淡水湖。湖の周囲は遊歩道や木々の緑が整備され…

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

旧弘道館

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

水戸といえば黄門様を連想する人も多いのでは。そう、水戸は徳川御三家のひとつとして明治維新まで文武に優…

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園は国の史跡および名勝。金沢の「兼六園」、岡山の「後楽園」とともに日本三名園と呼ばれる日本庭園の…

緑あふれる広大な公園は、工芸美術による文化発信基地

笠間芸術の森公園/笠間工芸の丘

緑あふれる広大な公園は、工芸美術による文化発信基地

緑の芝生が広がる「笠間芸術の森公園」のテーマは、伝統工芸と新しい造形美術。「茨城県陶芸美術館」をはじ…

茨城県のホテル・旅館

top