旧弘道館

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

旧弘道館

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

水戸といえば黄門様を連想する人も多いのでは。そう、水戸は徳川御三家のひとつとして明治維新まで文武に優れた風土の地。旧弘道館は、そうした名残を今にとどめているスポットのひとつで、国指定特別史跡。かつて水戸藩士やその子弟が学び、またここを舞台に水戸学が発展して幕末の志士らに大きな影響を与えました。建物内外の凛とした空気に触れていると、文武に勤しむ往時の人々の気概が伝わってくるようです。

近世日本の教育に大きく貢献した施設。松陰の漢詩や徳川慶喜の写真など、貴重な資料も盛りだくさん

旧弘道館

弘道館は1841(天保12)年に水戸藩の藩校として創設されました。弘道館づくりを命じたのは、水戸烈公こと水戸藩第9代藩主の徳川斉昭。斉昭公は第15代将軍徳川慶喜の実父としても知られていますね。
弘道館はいまでいう総合大学のようなもので、各地で運営されていた藩校の中では最大規模のものでした。儒学・歴史・天文・数学・地理といった学問から、剣術・槍術・馬術・水泳・兵学・鉄砲などの武芸まで、幅広い教育を行っていたといいます。やがて、ここを舞台に儒学をベースとした政治思想の「水戸学」が興り、吉田松陰をはじめ幕末を賑わした多くの志士たちに影響を与えていきました。
ただ、幕末の藩内抗争や太平洋戦争で残念ながら建物の多くは焼失。現在は旧弘道館として一部復元されていますが、当時のまま現存しているのは正門、正庁、至善堂で、これらは国の重要文化財となっています。では、ちょっと館内を巡ってみましょう。
見学者は通用門から。ここはかつて弘道館の先生や役人が出入りした門。正庁の玄関に掲げられている「弘道館」という扁額は斉昭公による自筆。館内のいくつかの部屋には貴重な資料が展示されていて、なかでも吉田松陰が書いたという漢詩や、家族と一緒に写っている徳川慶喜の写真などは必見ですよ。
敷地内には鹿島神社や学生警鐘,八卦堂などがあり、それぞれに見どころ満載。売店も設備されているので、記念の品を求めることもできます。ちなみに、オススメは葵の御紋がプリントされた御老公の印籠。「この印籠が目に入らぬか!」なんて遊べちゃいますね。
おふざけはともかく、弘道館は近世日本の教育に大きな貢献を果たした施設。そこで学ぶ当時の藩士の気分になって館内を巡って見るのも一興です。
※タイトルの写真は正門、記事内写真は正庁(いずれも国指定重要文化財)

旧弘道館の基本情報

住所 茨城県水戸市三の丸1-6-29
アクセス 《徒歩》JR「水戸」駅北口より徒歩8分
《車》常磐自動車道水戸ICより約30分
お問い合わせ 029-231-4725

旧弘道館周辺のホテル・旅館

アパホテル〈水戸駅前〉

アパホテル〈水戸駅前〉

水戸・笠間

「水戸駅南口から目の前!徒歩1分!」初めての方も安心!

アパホテル〈水戸駅北〉

アパホテル〈水戸駅北〉

水戸・笠間

ロビー&全室Wi-Fi無料完備。朝食は農園直送新鮮野菜が大人気全30品目取り放題。JR水戸駅北口(水戸黄門像)徒歩6分!

ダイワロイネットホテル水戸

ダイワロイネットホテル水戸

水戸・笠間

JR水戸駅南口より直結! コンビニ・飲食店・映画館まで揃う商業施設を併設! 抜群の立地と充実の設備で出張・観光時に最適

コートホテル水戸

コートホテル水戸

水戸・笠間

【JR水戸駅南出口から徒歩6分!】 2種類の卵料理をお好みで選べる朝食 全室Wi-Fi無料接続!観光・ビジネスに便利

周辺の宿一覧へ

旧弘道館周辺の観光スポット

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖と遊歩道

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖は日本三名園のひとつ、水戸の偕楽園の南東に隣接する淡水湖。湖の周囲は遊歩道や木々の緑が整備され…

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園は国の史跡および名勝。金沢の「兼六園」、岡山の「後楽園」とともに日本三名園と呼ばれる日本庭園の…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

東京での女一人旅におすすめ!定番観光スポット&グルメ情報

【東京で気楽に女一人旅♪】おすすめ観光&グルメスポット25選

東京での女一人旅におすすめ!定番観光スポット&グルメ情報

自分へのご褒美旅行や、知らない世界を楽しむ旅行など、一人だからこそ自由に楽しめる女子旅スタイルがいま…

東京に来たならやっぱり一度は訪れたい日本を代表する観光名所

浅草寺と浅草仲見世

東京に来たならやっぱり一度は訪れたい日本を代表する観光名所

浅草といえば、東京の下町エリアとしてだけでなく日本を代表する人気の観光スポット。そしてここを訪れたな…

そびえたつ五重塔、阿修羅像なども公開。やはり一度は見ておきたい国宝の数々

興福寺

そびえたつ五重塔、阿修羅像なども公開。やはり一度は見ておきたい国宝の数々

奈良公園の入り口近くにあって、五重塔がシンボリックな「興福寺」。境内には阿修羅像をはじめ45もの国宝…

人気は変わらず、いつの時代も東京のシンボル

東京タワー

人気は変わらず、いつの時代も東京のシンボル

「東京タワー」は通算来場者数が2億人に迫る、東京観光の定番。はとバスツアーだけでも20を超えるコース…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

注目のパワースポット! 長い歴史を誇る由緒正しい大神宮

船橋大神宮 意富比神社(おおひじんじゃ)

注目のパワースポット! 長い歴史を誇る由緒正しい大神宮

「船橋大神宮」の名で市民に愛され続けている「意富比神社(おおひじんじゃ)」は、1900年以上の歴史を…

眼下に諏訪湖と諏訪市を一望できる展望スポット

立石公園

眼下に諏訪湖と諏訪市を一望できる展望スポット

諏訪市の中心部から、霧ヶ峰方面に向かうつづら折りの道を少し上がった高台に位置する公園。眼下に諏訪湖を…

街の喧騒を忘れ、四季折々の風景を楽しもう

縮景園

街の喧騒を忘れ、四季折々の風景を楽しもう

1620年、広島藩主浅野長晟(ながあきら)の別邸の庭として造られた回遊式の日本庭園です。四季折々の花…

自然がたくさんあり、山の景色も海の景色も絶景!

須磨浦山上遊園

自然がたくさんあり、山の景色も海の景色も絶景!

眺望抜群のロープウェイ、カーレーターをのんびりと乗り継いで山上の回転展望閣へ。展望閣からの明石海峡大…

芸術・文化施設などの他の記事を見る

出張中でもふらっと立ち寄れる”名古屋散策プラン”

【名古屋】出張の空き時間で立ち寄れる一押しスポットはココ!

出張中でもふらっと立ち寄れる”名古屋散策プラン”

今回は名古屋発祥の「名古屋モーニング」をはじめ、定番スポット「名古屋城」から落ち着いた雰囲気の「ディ…

建築デザインも注目! メディアを通じて感性を磨ける施設

せんだいメディアテーク

建築デザインも注目! メディアを通じて感性を磨ける施設

仙台市の街中にあるせんだいメディアテークは、美術とメディアを一度に楽しむことができるスポットです。斬…

北海道の歴史を感じる「北海道庁本庁舎」

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道の歴史を感じる「北海道庁本庁舎」

「赤レンガ庁舎」の愛称で親しまれる北海道庁本庁舎。80年にわたって北海道を見守り続けた建物には、北海…

江戸時代へ時間旅行! 見て聞いて、触れて学べる深川の庶民の暮らし

江東区深川江戸資料館

江戸時代へ時間旅行! 見て聞いて、触れて学べる深川の庶民の暮らし

東京メトロ半蔵門線清澄白河駅より3分ほど。昔ながらの町並みが見られる深川江戸資料館通りから、時間旅行…

水戸・笠間の他の記事を見る

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

旧弘道館

幕末の志士たちに大きな影響を与えた、かつての水戸藩藩校

水戸といえば黄門様を連想する人も多いのでは。そう、水戸は徳川御三家のひとつとして明治維新まで文武に優…

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖と遊歩道

市街地の中に広がる湖は水戸市民の憩いの地

千波湖は日本三名園のひとつ、水戸の偕楽園の南東に隣接する淡水湖。湖の周囲は遊歩道や木々の緑が整備され…

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園は国の史跡および名勝。金沢の「兼六園」、岡山の「後楽園」とともに日本三名園と呼ばれる日本庭園の…

緑あふれる広大な公園は、工芸美術による文化発信基地

笠間芸術の森公園/笠間工芸の丘

緑あふれる広大な公園は、工芸美術による文化発信基地

緑の芝生が広がる「笠間芸術の森公園」のテーマは、伝統工芸と新しい造形美術。「茨城県陶芸美術館」をはじ…

top