シーフードレストラン メヒコいわきフラミンゴ館
2017.12.8更新

フラミンゴを鑑賞しながら、心ゆくまでカニ中心のシーフード料理を堪能

シーフードレストラン メヒコいわきフラミンゴ館

  • グルメ

創業以来ずっと「カニを一番おいしく食べるには?」を追求し続けているお店。カニピラフ用にブレンドされたお米は、中までたっぷりカニのエキスが染み込み、一粒も残したくないおいしさ。また、2年連続で日本コロッケ協会金賞を受賞した「カニクリームコロッケ」など、カニ好きにはたまらないメニューが目白押しです。

カニ! カニ! カニづくし! 「カニ料理」愛が止まらない

シーフードレストラン メヒコいわきフラミンゴ館

創業当初からこだわり抜いたのが不動の看板メニュー、カニピラフ。贅沢にもカニがお皿を覆ってしまうボリュームで、下のピラフが姿を隠してしまうほど。見た目の豪華さもさることながら、カニの豊潤な香りとも相まって、食欲は一気に急上昇!
カニは殻付き、剥き身と選ぶことができますが、カニ好きなら自らほじるのも楽しみのひとつ。殻付きの場合、殻皿とハサミ、手を洗うためにジャスミン茶の入ったボウルが用意されています。ジャスミン茶はカニの匂いや油をすっきり落としてくれるので、手が汚れる心配はありません。その他、ウニ、エビ、イクラなどカニ以外のシーフードはもちろん、肉料理も充実しています。
そして、窓の外にはなぜか優雅に佇むフラミンゴの姿が。鮮やかなピンク色、長い脚を持つユニークな姿。「メヒコ」では、なんとフラミンゴを観賞しながら食事が楽しめるんです!
お店をオープンするとき、子どもを喜ばせるためのアイデアとして浮かんだのがフラミンゴだったのだそう。当初は誰もが「なぜフラミンゴ?」と不思議そうにしていたそうですが、今ではすっかり名物となり、それぞれにあだ名をつけて楽しんでいるゲストもいるのだとか。窓際の席は人気のため、フラミンゴを間近で見たい人は予約をしてからお出かけしましょう。
ちなみに「シーフードレストラン メヒコ」は、同じいわき市内のマリンタワーにも開店しています。

シーフードレストラン メヒコいわきフラミンゴ館の基本情報

住所 福島県いわき市男鹿町走熊字四反田3 メシーフードレストラン メヒコいわきフラミンゴ館
アクセス 常磐自動車道 いわき湯本ICより25分
お問い合わせ 0246-29-4407

グルメの他の記事を見る

秘伝のタレにつけこんだラム肉が絶品

松尾ジンギスカン 札幌駅前店

秘伝のタレにつけこんだラム肉が絶品

北海道のソウルフードとして有名なジンギスカンは、食べ方や肉の種類により楽しみ方も様々です。食べ方は大…

道内の旬が集まるセレクトショップ

道産食品セレクトショップ きたキッチン

道内の旬が集まるセレクトショップ

北海道には農産加工物から乳製品、海産品までたくさんの食品があり、お土産として注目の商品もたくさんあり…

蕎麦をたぐって、ちょいっと一杯

蕎麦の実

蕎麦をたぐって、ちょいっと一杯

お蕎麦屋さんというべきか、飲み屋さんというべきか? しいて言うなら、蕎麦をフィーチャーした和食料理店…

老舗京料理店「六盛」が手がける、絶品スフレ専門店!

六盛 スフレ&カフェコーナー茶庭

老舗京料理店「六盛」が手がける、絶品スフレ専門店!

懐石料理や手をけ弁当が食べられる老舗京料理店として長年愛され続けている「六盛」。その店の一角にスフレ…

いわき・小名浜・相馬の他の記事を見る

福島の恵まれた漁場でとれた新鮮な海の幸がお皿と丼に満載

市場食堂

福島の恵まれた漁場でとれた新鮮な海の幸がお皿と丼に満載

地元や観光客に愛されて創業40余年の老舗「市場食堂」。新鮮な海の幸を「これでもか!」と豪快なボリュー…

見て、触れて、体験して。限りない海の広さと神秘を感じてみよう

アクアマリンふくしま

見て、触れて、体験して。限りない海の広さと神秘を感じてみよう

地球の大半を占めているのに未だよく知られていない海の世界。その謎だらけの海の疑問、「なに?」「なぜ?…

コバルトブルーの小名浜の海を優雅にぐるりと周遊

いわきデイクルーズ

コバルトブルーの小名浜の海を優雅にぐるりと周遊

国際物流拠点、そして東北の海の玄関口として長い歴史を持つ小名浜港。その沖合から海の観光巡りを楽しめる…

フラミンゴを鑑賞しながら、心ゆくまでカニ中心のシーフード料理を堪能

シーフードレストラン メヒコいわきフラミンゴ館

フラミンゴを鑑賞しながら、心ゆくまでカニ中心のシーフード料理を堪能

創業以来ずっと「カニを一番おいしく食べるには?」を追求し続けているお店。カニピラフ用にブレンドされた…

福島県のホテル・旅館

top