富岡製糸場

「近代産業遺産」として日本初の世界遺産登録

富岡製糸場

  • 公園・名所・史跡

2014年6月、「世界に影響を与えた日本の近代製糸業の技術革新と技術交流」が評価され、富岡製糸場と養蚕業の技術改新に取り組んだ3資産が、世界遺産に登録されました。日本で近代の産業遺産が登録されるのは初めてとなった、この富岡製糸場をご紹介します。

明治初期最大の輸出品であった生糸の品質向上のために

富岡製糸場

 中国が起源と言われる絹。日本では定説はないものの、中国の史書に紀元三世紀には邪馬台国から絹が贈られたという記述があることから、その頃には日本にも絹を作る技術があったと言われています。そして歴史は下って、江戸の長期にわたる鎖国の後、貿易が開始されると、生糸は最大の輸出品となりました。そんな中、富岡製糸場は、生糸の大量生産と品質向上を目指す明治政府の国策として明治5年(1872年)に建造されました。
 明治政府が決めた工場運営のポイントは3つ。1つ目は洋式の製糸技術を導入すること、2つ目は外国人を指導者とすること、3つ目は全国から工女を募集し、技術を学んだ工女は出身地へ戻り、器械製糸の指導者とすること。これをもとに雇い入れられたフランス人、ポール・ブリュナを指導者として、西洋の技術を取り入れた官営模範器械製糸場(富岡製糸場)が設立されたのです(写真は、ポール・ブリュナが家族と共に暮らした首長館)。

フランスの技術を元に作られた工場設備と生糸

富岡製糸場

 工場の建造物は、横須賀製鉄所建設に携わったフランス人のオーギュスト・バスティアンが図面を引き、日本人の大工や職人によって建てられました。建造物の主要資材は、主に地元で調達。日本にないものは、フランスから輸入しました。煉瓦は、フランス人職人が、日本の瓦職人に技術を伝え焼き上げられたものが使われています。
 この施設を訪れる際に、見学者が実際に入れるのは「繰糸所」(写真)と「東置繭所」(このページの一番上の写真)の2箇所です。「繰糸所」は、蚕の繭から糸を取る作業を行った工場で、長さ約140mの巨大な建物。創設当時は金属製の繰糸器300釜が設置され、世界最大規模の器械製糸工場でした。「東置繭所」は、主に繭を貯蔵した場所で、2階に乾燥させた繭を貯蔵し、1階は事務所・作業場として使われた、長さおよそ104mにもおよぶ巨大な繭倉庫です。

工場設立で、生糸の大量生産が実現。絹はより身近に

富岡製糸場

 富岡製糸場の設立によって、良質な生糸が大量生産されるようになり、日本は1909年には世界一の生糸輸出国になりました。高級繊維というイメージがあった絹は、より身近な存在になったのです。戦後は、生糸生産のオートメーション化にも成功。自動繰糸機は海外へ輸出され、絹の大衆化に貢献し、世界の絹産業を支えました。そしてこのたび、産業の近代化に貢献した功績が認められ、世界遺産登録が実現したのです。
 この富岡製糸場の歴史、そして世界遺産としての価値を実感するには、1日に何回か行われる解説員によるガイドツアーに参加するのがオススメ(有料)。約40分かけて製糸場内を周りながら、詳しい解説を聞くことができます。歴史や世界遺産にそれほど興味がないと思っていた人も、このツアーに参加すれば思わず引き込まれてしまうはず。日本の近代化に貢献した価値あるこの建造物を是非訪れてみてください。

富岡製糸場の基本情報

住所 群馬県富岡市富岡1-1
アクセス JR高崎駅から私鉄上信電鉄に乗り換え。上州富岡駅で下車徒歩15分。
お問い合わせ 場内総合案内所 0274-67-0075

富岡製糸場周辺の観光スポット

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top