辨慶うどん 東山店

地元の人から観光客まで、時間を気にせず気軽に立ち寄れるうどん屋さん

辨慶うどん 東山店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

五条大橋を越えて、真っ直ぐに五条通を歩いて行くと見えてくる、昔からある人気のうどん屋さん。暖簾をくぐると縦長のカウンターが並んだ親しみやすい店内。名物の辨慶うどんはピリ辛のきんぴらごぼうが入ったクセになるお味で、地元はもちろん、観光客や修学旅行生にも人気があります。お手ごろ価格でおなか一杯いただけるのもうれしいところ。夜中の3時まで開いているので、閉店の時間を気にせずに食べに行けるのも魅力の一つ。

屋台の頃からの変わらずの味。人気のピリ辛きんぴら入り!

辨慶うどん 東山店 もともと「辨慶うどん」は、昭和46年(1969)頃に屋台から始まった店。道路交通法などにより屋台での営業が困難になり、90年代半ばくらいから路面店としてうどんを提供するようになりました。
九州から上京してきた板前出身のオーナーが考案したうどん出汁は、鰹節を使用した風味豊かな甘めの口当たり。そこに柔らかい細麺とピリ辛のきんぴらごぼうがベストマッチしています。
甘い油揚げと牛肉が乗り、お肉は国産牛を使用。出汁も具も、うどんのコシも喉ごしも、食してみれば誰もが満足すること間違いなしですね。

かやくご飯はうどんに負けない人気の一品!

辨慶うどん 東山店 お店はオーナーと従業員さんの2人で切り盛り。5時半頃から仕込みを始め、両手で抱えるほどの大きな中華鍋で、棒のような菜箸を使い、鍋に山盛りのきんぴらを毎日5kg炒めています。きんぴらは、屋台の頃から変わらず多くの人に親しまれてきた、一度味わえばまた食べたくなってしまう味。最近では観光に来た外国人もたくさん訪れるようで、世界に通用するおいしさといえるかも知れません。
あげ、にんじん、こんにゃく、ごぼうなどが入った「かやくご飯」もしっかりした味で人気の一品。「かやくご飯」だけを食べにくるお客さんもいるのだとか。

20種以上のうどんから選べる、旨味がつまった鰹の出汁が魅力

辨慶うどん 東山店 定番の「辨慶うどん」だけでなく、人気の「にくカレーうどん」や京都発信の「にしんうどん」、その他豊富にうどんが揃っていて、そのどれもがおすすめ。トッピングとして牛肉、玉子、山菜、きんぴら、天ぷらなどなど、お好みで追加も可能!
そして、うどんの名脇役「いなりずし」や「かやくご飯」はそれだけでもおいしい。自分のおなかのコンディションに合わせていただいてください。店内に漂う鰹の出汁の香りに、食欲をそそられ、誰もが立ち寄ってしまう人気のうどん屋さんです。

辨慶うどん 東山店の基本情報

住所 京都府京都市東山区東橋詰町30-3
アクセス 京阪本線「清水五条」駅4番出入り口より徒歩1分
お問い合わせ 075-533-0411

辨慶うどん 東山店周辺のホテル・宿

アパホテル〈京都祇園〉EXCELLENT

アパホテル〈京都祇園〉EXCELLENT

京都市内

祇園四条駅、河原町駅から徒歩10分以内!金閣寺・銀閣寺・USJも行きやすい!宴会場もあるので飲み会もOK♪

アパホテル〈京都駅堀川通〉

アパホテル〈京都駅堀川通〉

京都市内

最上階にサウナ、露天風呂付き大浴場あり!京のおばんざい等の朝食バイキングも人気。京都駅からUSJへも電車で44分★

CHELSEA24 KYOTO

CHELSEA24 KYOTO

京都市内

2階建ての1棟貸しでプライベートを確保!京都駅も電車で10分と便利なアクセス。団体・グループ・カップルなどにオススメ★

町家旅館 CAMPTON 9・10 西陣

町家旅館 CAMPTON 9・10 西陣

京都市内

【町屋一棟貸しの宿】真心と技が込められた、こだわりの家具を使用。収容可能人数は最大14人で真のくつろぎををご提供。

周辺の宿一覧へ

辨慶うどん 東山店周辺の観光スポット

新選組ゆかりの歴史ある寺院で数々の重要文化財を鑑賞!

壬生寺

新選組ゆかりの歴史ある寺院で数々の重要文化財を鑑賞!

南都六宗のひとつである律宗に属する壬生寺は、正暦2年に創建された歴史ある寺院です。昭和37年には本堂…

宇治茶の魅力が凝縮。奥深いお茶の世界に触れる

福寿園 京都本店

宇治茶の魅力が凝縮。奥深いお茶の世界に触れる

創業から200年以上宇治茶をつくり続けてきた京都福寿園。その京都本店では、お茶の魅力を隅々まで味わう…

手に取る人にぬくもりを与える手づくりの雑貨をセレクト

菊屋雑貨店

手に取る人にぬくもりを与える手づくりの雑貨をセレクト

手づくりの温かみあふれる雑貨が並ぶ店。タイのキッチン雑貨からアフリカのオブジェまで、さまざまな作家さ…

東山の観光名所である参道で京情緒あふれる散策を

三年坂

東山の観光名所である参道で京情緒あふれる散策を

「産寧坂」とも呼ばれる三年坂は、音羽山清水寺の参道である坂道のこと。まさに京都らしい趣の漂う石畳が有…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top