ナナちゃん人形

名古屋での待ち合わせスポットといえば「ナナちゃん」の足元が定番

ナナちゃん人形

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

「ナナちゃん人形」は、笹島交差点北西角にある名鉄百貨店[メンズ館]1階のエントランスの前に立つ、ランドマーク的マネキン。身長610cm、スリーサイズはバスト207cm、ウエスト180cm、ヒップ215cm、そして体重600kgと巨大です。初めて見る人は「何の目的でこんなマネキンを?」と首を傾げるようですが、名古屋人にとって“彼女”は、名古屋駅界隈での待ち合わせ場所としてあまりにも有名です。

年月を経てオトナになった「ナナちゃん」はますますオシャレに?

ナナちゃん人形

名鉄百貨店は、昭和47年(1972)にヤングを対象としたセブン館をオープン。「ナナちゃん人形」は、その一周年記念のシンボルとして生まれました。名前の由来は、セブン館だから「ナナちゃん」というわけ。ずいぶん歴史のあるマスコットだったんですね。
白い体躯はFRP硬質塩ビ樹脂。かつて人形を買い付けた関係者によれば、ナナちゃんは、当時のスイス・シュレッピー社がデザインした「スカイスクレーパー」がもともとの意匠とのこと。
以前は「モニュメント」としての性格が強かったので、衣装を身に着けることはなく、ほかからの着せ替え依頼についても断っていたそうです。しかし近年は、折々の話題や名鉄百貨店のキャンペーン、あるいは公共の啓蒙活動など社会貢献につながるものに限っては、関連した衣装を着ることも多くなりました。季節に合わせた女性らしいおしゃれな服ばかりでなく、名古屋でのイベントに合わせ、ラガーのユニフォームを着たり、ウィメンズマラソンのゴールを切ったり、あるいは電子申告のPRをしたりと、多彩に活躍しています。
ナナちゃんは巨大なだけに、何といっても目立つ存在。また「ナナちゃんはどこ?」と尋ねて答えられない地元の人はいません。旅行者にとっても、待ち合わせや集合場所にうってつけのスポットといえるでしょう。

ナナちゃん人形の基本情報

住所 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1
アクセス 名鉄名古屋本線「名古屋」駅よりすぐ
JR各線、市営地下鉄東山線「名古屋」駅桜通口より徒歩3分
お問い合わせ 052-585-1111

ナナちゃん人形周辺のホテル・宿

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

アパホテル<名古屋錦>EXCELLENT

アパホテル<名古屋錦>EXCELLENT

名古屋市内

地下鉄〈栄駅〉から徒歩1分市内各スポットに好アクセス!全客室WiFi無料接続可能◎朝食は品数豊富な和洋食バイキングです。

アパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>

アパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>

名古屋市内

名古屋、栄駅まで地下鉄2駅!丸の内駅屋上に天然温泉、サウナ、露天風呂完備のアパホテル誕生!全客室Wi-Fi無料接続可能。

アパホテル<名古屋栄>

アパホテル<名古屋栄>

名古屋市内

名古屋駅から地下鉄駅「栄駅」から徒歩5分!ステーキ・ハンバーグ等の魅力のグリル料理◎展望大浴場と露天風呂は無料!!

周辺の宿一覧へ

ナナちゃん人形周辺の観光スポット

都会の真ん中に由緒正しい「路地」が残る、堀川沿いの小径散策などはいかが?

四間道(しけみち)

都会の真ん中に由緒正しい「路地」が残る、堀川沿いの小径散策などはいかが?

このあたりは江戸時代の初め、名古屋城築城と清須越し(都市の移転)に伴い形成された商人町でした。堀川の…

かつては名古屋城三の丸の中に豪華な社殿があり「三之丸東照宮」とも

名古屋東照宮

かつては名古屋城三の丸の中に豪華な社殿があり「三之丸東照宮」とも

「名古屋東照宮」は、尾張藩初代藩主・徳川義直が父・家康を祀ったのがその始まり。当初は名古屋城の三の丸…

建物自体がアートと話題になった「名古屋市美術館」は黒川紀章氏の代表作

名古屋市美術館

建物自体がアートと話題になった「名古屋市美術館」は黒川紀章氏の代表作

市の中心にある白川公園の北東部の端に「名古屋市美術館」はあります。開館は昭和63年(1988)。建物…

全国的にも珍しい「ゲームバー」。遊びながらお酒も楽しめる

レトロゲームバー てーぶる・まうんてん

全国的にも珍しい「ゲームバー」。遊びながらお酒も楽しめる

現代人の文化を語るとき、ゲームを抜きには語れません。それほどまでに生活に入り込んでいるゲーム、そろそ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top