あつた蓬莱軒 松坂屋店

明治6年創業。名古屋の味「ひつまぶし」の元祖

あつた蓬莱軒 松坂屋店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

名古屋めしといえば、必ずノミネートされるもののひとつに「ひつまぶし」があります。細かく切ったうなぎを、おひつでご飯にまぶすから「ひつまぶし」。そのまま食べても、お茶漬けにしてもおいしい名物料理ですが、考案したのは「あつた蓬莱軒」の2代目店主。そして「ひつまぶし」の名称も、実はこの店の登録商標なんです。

「ひつまぶし」は、やはり本家本元の登録商標を持つ店で、由緒正しい食べ方でいただきたい!

あつた蓬莱軒 松坂屋店

あつた蓬莱軒は明治6年(1873)、東海道五十三次の41番目の宿場町「宮宿」(今の熱田区)に料亭として創業。当時、この地の名物はうなぎの蒲焼きと、かしわ(鶏)。あつた蓬来軒もそのメニューをお客に提供し、また旅館などへの出前も多かったといいます。
ところが、出前持ちが空の丼を下げるときに割ってしまうことが多かったため、店主は割れない木の大きなおひつの器を考案。数人前のうな丼をそれに入れて出前をしてみると。今度はお客が上に載っているうなぎばかりを取るようになり、ごはんが残されてしまうことに。そこで、うなぎを細かく切ってご飯と混ぜて出したところ、これが大好評。
大きなおひつでごはんと混ぜる(まぶす)から「ひつまぶし」と呼ぶようになり、さらに出汁をかけてお茶漬けにしてみたらまたまたウマいと大ヒット。時が流れ、いつしか名古屋メシの定番とされるまでになったというわけです。
こうした歴史を積み重ねているだけに、この店の「ひつまぶし」はさすがに違います。タレは創業当時からほぼ1世紀半にわたって継ぎ足し続けた深い味わい。うなぎの品質はもとより、職人の捌きと焼きのワザも光ります。
食べ方は、一人用のおひつに細かく刻んだうなぎの蒲焼を載せたご飯を、1膳目はそのままで、2膳目は薬味を入れていただき、3膳目はお出汁をかけてお茶漬けに。3種類の味をそれぞれ楽しみましょう。
どうせなら本店に出掛けたいところですが、旅行者にとっては、栄から1駅で行ける松坂屋名古屋店南館10Fの「松坂屋店」が便利かも。

あつた蓬莱軒 松坂屋店の基本情報

住所 愛知県名古屋市中区栄3-30-8 松坂屋名古屋店南館10F
アクセス 市営地下鉄名城線「矢場町」駅より徒歩2分
お問い合わせ 052-264-3825

あつた蓬莱軒 松坂屋店周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

名古屋市内

天然温泉大浴場・露天風呂・サウナ完備☆名古屋駅・栄にも好アクセス♪

チサンイン名古屋

チサンイン名古屋

名古屋市内

JR名古屋駅から徒歩4分、名鉄線の名古屋駅・近鉄名古屋駅から徒歩8分のホテルです。

周辺の宿一覧へ

あつた蓬莱軒 松坂屋店周辺の観光スポット

大正時代に建てられた裁判所庁舎を公文書館として公開。重厚な建物はロケにも利用

名古屋市市政資料館

大正時代に建てられた裁判所庁舎を公文書館として公開。重厚な建物はロケにも利用

名古屋市市政資料館は、大正11年(1922)に建てられた旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎を利用し…

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

みそかつ 矢場とん

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

昭和20年代初頭、屋台で何気なく串かつを“どて煮”(もつの味噌煮込み)のタレに浸して食べた人がいまし…

歯医者さんに通っている人もそうでない人も。大切な歯に関する知識を身に付けよう

歯の博物館

歯医者さんに通っている人もそうでない人も。大切な歯に関する知識を身に付けよう

「歯は毎日磨いているし、むし歯もないし、歯医者さんとは無縁さ!」なんて、自信にあふれている人も多いこ…

都会にぽっかり浮かび上がる巨大な宇宙船

オアシス21

都会にぽっかり浮かび上がる巨大な宇宙船

名古屋の都心、栄エリアに浮かび上がる楕円形のオブジェ。それが「オアシス21」です。レストランなどの商…

周辺のスポット記事一覧へ

top