博多菓子工房 ニ鶴堂

博多みやげにぴったりなスウィーツがいろいろ!

博多菓子工房 ニ鶴堂

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

昭和27年(1952)に博多区中洲で創業した菓子舗。ほどよい甘みの小豆羊かんを、しっとりとやわらかなバームクーヘンで包んだ博多土産の定番「博多の女(ひと)」や、スティック型のバームクーヘンをこんがり焼き上げた「博多バームスティック」などが定番商品として知られています。季節ごとに登場する期間限定商品も要チェック!

は・か・た・のひと♪のフレーズでおなじみの「博多の女」。シンプルながらそのおいしさにファン多数!

博多菓子工房 ニ鶴堂

素朴なおいしさで人気の「博多の女(ひと)」。バームクーヘンに小豆羊羹を流し込み、食べやすい一口サイズにカットしたものです。小ぶりサイズが、お年寄りから子どもまで食べやすいと好評。
白餡ベースのまろやかなミルク羊羹を、あまおう苺味のバームクーヘンで包んだ「あまおう苺ミルク味」も登場。福岡県産のブランド苺「あまおう」とミルクの風味豊かな味わいが絶妙です。こちらはかわいらしい博多美人のイラストが描かれたパッケージが目印。
「博多の女」には期間限定の商品もあります。八女抹茶味は、春から夏(7月31日まで)に販売。福岡県産八女抹茶ペーストを使用したバームクーヘンのなかに、小豆羊羹が詰まっており、八女抹茶の豊かな香りとすっきりした苦みが味わえます。
乾燥イチゴを口どけのよいホワイトチョコレートで包んだ「中洲deいちご」は、秋から春にかけての限定商品。チョコ菓子なのに軽い口当たりが楽しめ、ホワイトチョコレートの上品な甘さのあと、甘酸っぱいイチゴの余韻が口いっぱいに広がります。
店舗はJR博多駅をはじめ、福岡空港、JR小倉駅、福岡タワー、天神の福岡三越などアクセスのいい各所にあるので、福岡のお土産として購入するときにも便利です。

博多菓子工房 ニ鶴堂の基本情報

住所 福岡県福岡市東区馬出6-15-21(本店)
アクセス (本店)JR鹿児島本線・篠栗線「吉塚」駅より徒歩5分
その他博多マイング店(JR博多駅)、JR小倉駅店、福岡空港店など支店多数
お問い合わせ 0120-565-634

博多菓子工房 ニ鶴堂周辺のホテル・宿

ホテルニューガイア上呉服

ホテルニューガイア上呉服

福岡市・太宰府市・糸島市

地下鉄 呉服町駅より徒歩3分!アクセス便利な天神・博多エリア。洗練された落ち着きのあるホテル。観光・ビジネス拠点に最適

セントラルホテルフクオカ

セントラルホテルフクオカ

福岡市・太宰府市・糸島市

西鉄福岡天神駅徒歩5分、人気エリアも徒歩圏内!サウナ付き展望大浴場で夜景を満喫♪館内レストランは和食も中華も充実!

アパホテル<福岡渡辺通>EXCELLENT

アパホテル<福岡渡辺通>EXCELLENT

福岡市・太宰府市・糸島市

福岡市営地下鉄七隈線の渡辺通駅から徒歩3分の好立地。JR博多シティ、天神、中洲、ヤフオクドームへアクセス抜群!

コートホテル福岡天神

コートホテル福岡天神

福岡市・太宰府市・糸島市

福岡空港へは地下鉄で1本!ビジネス・観光に快適な立地とアクセス。素敵な旅をサポートするため、豊富なプランをご用意♪

周辺の宿一覧へ

博多菓子工房 ニ鶴堂周辺の観光スポット

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

子どもたちに大人気のアンパンマンに会える、参加・体験型ミュージアム。ガラス屋根で覆われた開放的な屋内…

福岡といえば、の名産品「明太子」のすべてはここから始まった!

ふくや 中洲本店

福岡といえば、の名産品「明太子」のすべてはここから始まった!

福岡の名産品として、今や全国的に有名な「明太子」。その明太子を日本で初めて製造・販売したのが、「ふく…

こんなドーナツ待っていた! カラダ想いのやさしいおやつ

Canezees Doughnut HAKATA 

こんなドーナツ待っていた! カラダ想いのやさしいおやつ

ドーナツが好き。コロンとした形状といい、甘い香りといい、誘惑要素満点。毎日だって食べたいくらい。でも…

世界でたったひとつのオリジナル明太子づくりに挑戦!

千曲屋 めんたいの達人 クッキングスタジアム

世界でたったひとつのオリジナル明太子づくりに挑戦!

明太子を、塩たらこづくりから体験できるクッキングスタジアム。海塩、山塩、唐辛子、日本酒など自分ごのみ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top