いづ重

100年以上の歴史を持つ、京都きっての老舗寿司店

いづ重

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

京都の祇園石段下にあり、100年以上の歴史と伝統を持つ寿司の名店がこの「いづ重」。京都人が食べる京寿司というコンセプトのもと、名物の鯖寿司をはじめ、旬に合わせた最高の鮮魚を用いた各種寿司、またいなり寿司や京ちらしなどが味わえる。お土産に持ち帰りたいとい人のために、テイクアウトも可能。

創業1781年の老舗・いづうの系譜を受け継いだ味

いづ重 創業は江戸中期の天明元年(1781)。京都・祇園新地の現在地で変わらずのれんを守り続ける老舗寿司店「いづう」。その系譜を受け継いでいるお店が、明治末年(1911)に創業したこの「いづ重」です。そして、京都で握りを出さない寿司屋は、この2店舗しかないともいわれているのです。
いづうから受け継いだ「鯖寿司」は、塩・酢とも薄く、鯖の旨みが引き立つ洗練された味わい。切り分けた丸い断面の上品なカタチは、もはや芸術の域に達しているともいわれるほど。両店から「鯖寿司」を購入し、食べ比べしてみるのも楽しいかも知れませんね。

一番人気の鯖寿司は必食の逸品

いづ重 「このお店の看板は?」と、お客さんに尋ねてみると、全員が声を揃えて挙げるメニューが「鯖寿司」なんです。日本海の対馬沖で獲れたよい鯖だけでこしらえているという鯖寿司は、ヒンヤリとした脂の旨みを上質の黒昆布の香りで包み込んだ逸品で、ボリュームも満点。
ちなみに、お値段は2,268円と比較的高め。とはいえ、日持ちするメニューでもあるため、訪れた人は必ずといっていいほどお土産用や帰りのお弁当用に買って帰るのだそうです。

ぐぢ姿寿司、箱寿司、いなり寿司、京ちらしなど、充実のラインナップ!

いづ重 名物の「鯖寿司」以外にも、老舗の京寿司屋ならではの逸品が揃っています。たとえば、ぐぢ(甘鯛)を片身使用した「ぐぢ姿寿司」や、夏秋は鱧、冬春はさわらを使った箱寿司、さらに色とりどりの具材をちりばめた明治時代のままの姿を楽しめる上箱寿司も絶品です。
ほかには、国産大豆100%の手揚げのおあげのかまど炊きに柚子、ごぼう、麻の実、3種の香りの具が入ったいなり寿司、生ものをいっさい使わず、海老と小鯛と昆布を乗せた京ちらし、大根とちりめんじゃこの質素な台所寿司も大人気。
寿司といえば、握りを想像してしまう人も多いかも知れませんが、京都を訪れた際には、握らない京寿司はぜひご賞味あれ。

いづ重の基本情報

住所 京都府京都市東山区祇園町北側292-1
アクセス 京阪本線「祇園四条」駅より徒歩8分
阪急京都線「河原町」駅より徒歩10分
お問い合わせ 075-561-0019

いづ重周辺のホテル・宿

アパホテル〈京都駅堀川通〉

アパホテル〈京都駅堀川通〉

京都市内

最上階にサウナ、露天風呂付き大浴場あり!京のおばんざい等の朝食バイキングも人気。京都駅からUSJへも電車で44分★

ホテルセントノーム京都

ホテルセントノーム京都

京都市内

JR京都駅より徒歩3分でアクセス良好!日本ベッド社製マットレス採用で寝心地抜群。朝食は和洋のお料理をバイキングスタイルで

アパホテル〈京都駅前〉

アパホテル〈京都駅前〉

京都市内

JR京都駅30番改札(ビックカメラ京都内)から徒歩1分(30番改札AM10:00~PM9:00 ) 全室WiFi利用可能

ルビノ京都堀川

ルビノ京都堀川

京都市内

京都市内を南北に貫く«堀川通り»に当館あり!市バス堀川下長者町より徒歩1分♪種類豊富な和洋食の朝食バイキングをご堪能あれ

周辺の宿一覧へ

いづ重周辺の観光スポット

古都の歴史を感じる町屋に溶け込むパリのケーキ屋さん

ラ・パティスリー・デ・レーヴ 京都高台寺店

古都の歴史を感じる町屋に溶け込むパリのケーキ屋さん

京都は歴史と伝統のある街ですが、その雰囲気はどこかフランス・パリにも通じるものがあります。この二つの…

国の重要文化財。明治を代表する洋風建築

京都文化博物館 別館

国の重要文化財。明治を代表する洋風建築

「京都文化博物館別館」は、元は明治39年(1906)に竣工した日本銀行京都支店。現代までその姿を残し…

名物のかき氷はふんわりサクサク! フレーバーも多彩

二條若狭屋 寺町店

名物のかき氷はふんわりサクサク! フレーバーも多彩

京都に来たら甘味処は外せません。甘いものが大好きな人はもちろん、そうでない人もカフェのように気軽に入…

ダシが香るカレーうどんが定番人気の、大正12年から続くそば・うどん処

京都・祇園 そば処 おかる

ダシが香るカレーうどんが定番人気の、大正12年から続くそば・うどん処

京都といえばお寺などの観光名所が有名だが、それと同じくらいよく知られているのが昆布と鰹節の上品なダシ…

周辺のスポット記事一覧へ

top