藤田美術館

古代から近代まで、東洋の貴重な古美術品を数多く収蔵する美術館

藤田美術館

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

国宝9件、重要文化財52件を含む、2,111件の東洋の古美術品。どれも明治の実業家、藤田傳三郎氏とその息子、2代3名が収集した貴重な逸品ばかり。これらを収蔵するのが「藤田美術館」です。常設展示は行っておらず、年に2シーズンのみ、テーマに合わせた収蔵品を公開する「春季展」と「秋季展」を開催。

‟天下の名碗”や古代の歯車など、ここでしか見られない逸品を展示

藤田美術館

関西を中心に活躍し一大財閥を築いた藤田傳三郎氏は、茶の湯にも精通していました。収蔵品には茶道具も多く、なかでも国宝の「曜変天目茶碗」は、“天下の名碗”といわれています。
同種の茶碗は中国で製造されましたが、わずか3点が日本国内に現存するのみ。いずれも国宝に指定されています。特徴は釉薬の絶妙な変化で現れる「曜変」という瑠璃色の斑紋。宇宙に星が瞬いているような美しい輝きを放ちます。さらに、こちらの品は、かつて徳川家康が所持していたもの。その由来も大変貴重です。
茶道具以外にも、金工、絵画、彫刻、書蹟など収蔵品は多分野にわたります。古墳時代の遺物もあり、重要文化財の「歯車形碧玉製品」は、その名の通り歯車の形をした大型の石器で、ほかに例のない珍しい逸品です。
藤田邸は大阪大空襲で大部分が焼失。無事に残った蔵を改装した展示室や、庭園の多宝塔なども歴史的な価値がある貴重なものです。
展示会はいずれも年に3カ月ほど開催される「春季展」と「秋季展」のみ。収蔵品の何が鑑賞できるかは、企画展の内容によりますが、どれも見ごたえ十分。東洋の至宝の数々をぜひ堪能してみてください。
(写真は毎年2月11日の伊勢神社大祭に催される福餅投げの一場面)

藤田美術館の基本情報

住所 大阪府大阪市都島区網島町10-32
アクセス JR東西線「大阪城北詰」駅3番出入り口より徒歩2分
京阪本線「京橋」駅片町口、または市営地下鉄長堀鶴見緑地線「京橋」駅2番出入り口より徒歩10分
お問い合わせ 06-6351-0582

藤田美術館周辺のホテル・宿

ハートンホテル西梅田

ハートンホテル西梅田

大阪市内

大阪駅より徒歩3分、最寄駅多数でアクセス抜群 万能なセキュリティと24時間対応の安心 こだわりの寝具で快眠をサポート

HOTEL CEEDS

HOTEL CEEDS

大阪市内

≪大阪市の中心部で繁華街へアクセス便利≫ 急なお泊まりでも予約OKが嬉しい♪ 気軽に泊まれるアットホームなホテル

アパヴィラホテル〈淀屋橋〉

アパヴィラホテル〈淀屋橋〉

大阪市内

御堂筋線 淀屋橋駅13番出口より徒歩3分!レストランや天然温泉大浴場、サウナ、リラクゼーションサロン完備!

HOTEL Platinum

HOTEL Platinum

大阪市内

なんば駅より2駅の谷町九丁目から徒歩約3分 全客室バス・トイレが別のセパレートタイプ 足を伸ばしてゆったりバスタイム

周辺の宿一覧へ

藤田美術館周辺の観光スポット

大阪の“粉もん”をつくって、学んで、味わう、道頓堀のミュージアム

道頓堀コナモンミュージアム

大阪の“粉もん”をつくって、学んで、味わう、道頓堀のミュージアム

大阪を代表する食べ物、たこ焼きとお好み焼き。小麦粉を使っていることから、大阪ではどちらも“粉もん”と…

「毎日が縁日」という人気のバルストリートは“外飲み”もOKのエリア

お初天神裏参道

「毎日が縁日」という人気のバルストリートは“外飲み”もOKのエリア

「お初天神裏参道」は、60年の歴史を持つ「お初天神商店街」の脇道に新しくできたバルストリート。平成2…

「ちょいめし」なのに、ご飯もおかずもてんこ盛りの食堂

ちょいめし あさチャン

「ちょいめし」なのに、ご飯もおかずもてんこ盛りの食堂

大阪のかつての電器街で、今はサブカルの聖地になった日本橋(にっぽんばし)に、全国各地から大食漢たちが…

明治37年建設の重要文化財。先進的カフェも開店

大阪府立中之島図書館

明治37年建設の重要文化財。先進的カフェも開店

水都大阪の景観を楽しめる中之島は、大阪のもっとも美しい散策エリアのひとつ。そこに位置する府立中之島図…

周辺のスポット記事一覧へ

top