NHK 放送体験スタジオ わくわく

パパ・ママもワクワク! 家族みんなでテレビスタジオを遊ぼう

NHK 放送体験スタジオ わくわく

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

周辺のホテル・宿へ

『おかあさんとっしょ』のキャラクターと並んでテレビ画面におさまったり、ニューススタジオでスタジオ用のテレビカメラに向き合ってニュースを読んだり…。そうした放送体験は、大人として「ごっこ」とわかっていても、わくわくどきどきするものです。「もしかしたらウチの子、将来はニュースキャスターかアナウンサー?」と想像してみるのも楽しみです。

番組づくりや放送体験を通じてテレビ放送の仕組みを楽しく理解

NHK 放送体験スタジオ わくわく ITがこれほど普及しても、子どもたちにとっては(大人たちも?)、まだまだ「テレビ」というパネルの仕組みはナゾでしょう。初めて赤ちゃんが窓からの景色を見るように画面を見たときから、少し大きくなってパネルの裏には何もないとわかるころになっても、では、その画面をどうやってつくるのかまでは実感しにくいものです。
ここ「NHK放送体験スタジオわくわく」は、いつもは見る側にいる、そんな子どもたちが、スタジオセットで「見られる」「映される」側に身を置いたり、普段は画面の向こうにいるマスコットキャラクターとライブで触れ合ったりできる施設です。
入り口では『おかあさんといっしょ』のキャラクターがお出迎え。まずここで、子どものテンションがググッと上がります。「わくわくスタジオ」では、大きな子でであれば天気予報やニュースを読み上げるキャスター体験もできます。そのほか、カメラを操作したり、タッチパネルクイズにトライしたりと、お楽しみがいっぱい。基本的に子どものための施設ですが、大人だって引き込まれちゃいそうです。
休日に子どもたちを映画や動物園に連れて行くのはまずお手軽ですが、基本的に見る・眺めるだけのエンターテインメント。その点、画面のこちら側と向こう側を実感・体験できるというのは、創造、表現面での学習体験としてはなかなか貴重なのではないでしょうか。

NHK 放送体験スタジオ わくわくの基本情報

住所 愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル1階
アクセス 地下鉄東山線、名城線「栄」駅よりオアシス21経由徒歩5分
名鉄瀬戸線「栄町」駅より徒歩3分
お問い合わせ 052‐952-7291

NHK 放送体験スタジオ わくわく周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

アパホテル〈名古屋栄〉

アパホテル〈名古屋栄〉

名古屋市内

名古屋駅から地下鉄駅「栄駅」から徒歩5分!ステーキ・ハンバーグ等の魅力のグリル料理◎展望大浴場と露天風呂は無料!!

ジャストイン プレミアム 名古屋駅

ジャストイン プレミアム 名古屋駅

名古屋市内

3月25日開業!名古屋駅から1駅3分 シモンズ社のジャストイン向けマットレスを全室導入『世界基準の眠り』を皆さまに

周辺の宿一覧へ

NHK 放送体験スタジオ わくわく周辺の観光スポット

ビルの陰に建つ洲崎神社。かつては栄一丁目全体が境内地という時代も

洲崎(すさき)神社

ビルの陰に建つ洲崎神社。かつては栄一丁目全体が境内地という時代も

中区栄一丁目にある神社。昔このあたり一帯は入江で、土地の石神さまを祀っていましたが、貞観年間(859…

金のシャチホコはあまりに有名。江戸時代から現代までずっと地域のランドマーク

名古屋城

金のシャチホコはあまりに有名。江戸時代から現代までずっと地域のランドマーク

名古屋城は慶長14年(1609)に徳川家康が建てた城。大阪城、熊本城と並ぶ日本三名城に数えられ、天守…

総木曾檜づくりの本格能舞台。展示室も充実し、能楽がよくわかる

名古屋能楽堂

総木曾檜づくりの本格能舞台。展示室も充実し、能楽がよくわかる

名古屋能楽堂は平成9年(1997)、能や狂言などの伝統芸能の振興と文化交流の推進を目的に、名古屋城の…

中部電力が運営する電気に特化した見ごたえ十分の科学館

でんきの科学館

中部電力が運営する電気に特化した見ごたえ十分の科学館

中部電力が運営する企業PR博物館「でんきの科学館」。私たちの生活に欠かせないエネルギーとしての電気に…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top