南極観測船ふじ

ホンモノに触れる体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」で冒険へのロマンを

南極観測船ふじ

  • 散策・モデルコース

  • 体験・アミューズメント

  • 公園・名所・史跡

「南極観測船ふじ」が活躍したのは昭和40年(1965)から18年間。退役後は名古屋港ガーデンふ頭に永久係留されています。映画やテレビドラマなどで何度も取り上げられ、感動を呼んできた南極観測のノンフィクションには欠かすことのできない舞台となった、そのまさに「ふじ」の現物に触れてみましょう。

何度も映画やドラマの舞台となったリアル「ふじ」の船上で南極観測隊ごっこも楽しめる

南極観測船ふじ

昭和57年(1962)の第6次観測隊以降、一時中断していた日本の南極観測でしたが、翌年に「南極地域観測の再開」が閣議決定され、再開されることに。観測は文部省、輸送手段については当時の防衛庁管轄となり、新南極観測船は自衛隊法を改正の上で防衛庁が運用することになったそうです。そんな経緯で、南極観測船ふじは造られました。
当時は、諸外国の南極観測隊といえば、砕氷船、補給船、調査船などの数隻で編成されるのが普通。しかし、ふじは前任の「宗谷」と同じく砕氷艦、輸送艦、観測艦、ヘリコプター母艦という複数のミッションを一隻で担う多目的砕氷艦。そのことから、造船に当たっては航海、砕氷、航空、輸送、船体構造等の分科会が幾度も重ねられていったといいます。
そうしたふじの特徴や、先人による船体づくりの苦労は内部の解説パネルに詳細に記されています。それを読んでからふじの各部を丹念に見て行くと、南極探検だからこその工夫をさまざまなところに見て取ることができ、当時ふじに携わった人々の熱意と苦労が偲ばれます。
艦橋に立つと、なんだか南極に向かって氷の海を航海している気分に。未知の冒険への夢、南極の海へのロマンを、当時の隊員たちと分かち合えるような気がしてきます。あらかじめ映画やドラマをビデオで見ておくと、感動もさらに倍加するかもしれませんよ。

南極観測船ふじの基本情報

住所 愛知県名古屋市港区港町1-9
アクセス 地下鉄名港線「名古屋港」駅3番出口より徒歩3分
お問い合わせ 052‐652-1111

南極観測船ふじ周辺の観光スポット

東海道のにぎわいを見つめてきた歴史的な橋址

裁断橋址

東海道のにぎわいを見つめてきた歴史的な橋址

江戸時代、多くの人が行き交った東海道五十三次。その街道にかつて架かっていた橋のひとつが「裁断橋」です…

宮の宿から七里先の桑名の渡しまでの東海道中唯一の海上路の遺構

七里の渡し(宮の渡し公園)

宮の宿から七里先の桑名の渡しまでの東海道中唯一の海上路の遺構

その昔、旧東海道の「宮の宿」(現在の熱田)から「桑名」へと渡る「七里の渡し」の渡船場として堀川運河は…

子どもよりオトナが熱中してしまう「ガチャガチャ」の殿堂

ガチャガチャミュージアム

子どもよりオトナが熱中してしまう「ガチャガチャ」の殿堂

100円〜300円程度のコインを入れて、ハンドルを回すと、カプセルに入った小さなおもちゃがひとつ出て…

往復6車線もある橋が三橋連立する例は世界でも珍しいと評判

名港トリトン

往復6車線もある橋が三橋連立する例は世界でも珍しいと評判

名港トリトンは「名港東大橋」「名港中央大橋」「名港西大橋」の3つの橋からなる海上斜張橋の総称。結んで…

周辺のスポット記事一覧へ

top