徳川園

元禄の徳川家のお殿様の隠居所だった日本庭園は大名屋敷ならではのスケール

徳川園

  • 定番

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

徳川園は、元禄8年(1695)に尾張藩二代藩主光友の隠居所として築造された大名庭園です。その後、時代とともに所有者は転々としましたが、現在は市に譲渡され一般公開されています。昔は限られた一部の人しか見れなかった景色を見ていると思うとちょっぴりセレブな気分になれます。季節折々に表情を変える日本庭園はいつ訪れても旅行者を楽しませてくれます。

「現代」という時代を離れ、スマホも電源を切って、しばし江戸期のお殿様気分に浸ってみよう

徳川園

名古屋市の歴史的文化遺産では、名古屋城や数々のお寺や神社なども戦国武将のものが多くありますが、徳川家の安定政権が長く続いたせいか、やはり徳川系の遺構では見事なものが多く残されています。
また、徳川直系の家柄でなくとも、その有力家臣の子孫や財閥に繋がるセレブの系譜は確かにあり、そうしたところは今もハイソな感覚のお屋敷街です。
ここ徳川園のあるあたりもそうした地区の一角。豪壮な大名屋敷然とした大きな「黒門」を入ると、手入れの行き届いた名庭が拡がっています。
その様式は、江戸時代の典型的な大名庭園では主流だった「池泉回遊式」。清流が滝から渓谷を下り、海に見立てた池へと流れる様子を象徴的に凝縮しています。さらに、高低差の大きな地形やもとからあったそのままを取り入れた樹林、立体的な大きな岩組みは見事。庭園を歩いていくと変化に富んだ景観、新緑や紅葉、牡丹や花菖蒲の花々など四季を通じて楽しめます。
また、それだけではなく、園内にはレストランや、戦前に和風建築の迎賓館としてつくられた蘇山荘(昼間はレストラン&カフェ、夜はレストラン&バー)も。静かで風流なひとときをゆったり堪能できます。

徳川園の基本情報

住所 愛知県名古屋市東区徳川町1001
アクセス JR中央本線「大曽根」駅南出口より徒歩10分
市営地下鉄名城線「大曽根」駅3番出口より徒歩15分
市営地下鉄桜道線「車道」駅1番出口より徒歩15分
お問い合わせ 052-935-8988

徳川園周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

名古屋観光ホテル

名古屋観光ホテル

名古屋市内

1936年設立、歴史と伝統を誇るホテル。名古屋市の中心部に位置する好立地ときめ細やかなサービスは、ビジネス利用に最適

アパホテル〈名古屋栄〉

アパホテル〈名古屋栄〉

名古屋市内

名古屋駅から地下鉄駅「栄駅」から徒歩5分!ステーキ・ハンバーグ等の魅力のグリル料理◎展望大浴場と露天風呂は無料!!

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

名古屋市内

地下鉄〈栄駅〉から徒歩1分市内各スポットに好アクセス!全客室WiFi無料接続可能◎朝食は品数豊富な和洋食バイキングです。

周辺の宿一覧へ

徳川園周辺の観光スポット

木造の本堂は名古屋市内最大。阿弥陀如来を祀る徳川家の菩提寺

建中寺

木造の本堂は名古屋市内最大。阿弥陀如来を祀る徳川家の菩提寺

「建中寺」は、慶安4年(1651)に第2代尾張藩主の徳川光友がその父、徳川義直の菩提を弔うために建立…

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

みそかつ 矢場とん

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

昭和20年代初頭、屋台で何気なく串かつを“どて煮”(もつの味噌煮込み)のタレに浸して食べた人がいまし…

発明王・豊田佐吉を支えた実業家、佐助がかつて暮らしていた邸宅

旧豊田佐助邸

発明王・豊田佐吉を支えた実業家、佐助がかつて暮らしていた邸宅

豊田佐助は、発明王・豊田佐吉の弟。そして佐吉を支えた大実業家でした。大正12年(1923)に建てられ…

コスプレのメッカ「大須」で変身し、違う”私”を発見

オー!スタ(Oh!-Sta)

コスプレのメッカ「大須」で変身し、違う”私”を発見

名古屋といえば、知る人ぞ知るコスプレのメッカ。世界コスプレサミットでも、栄の「オアシス21」や大須商…

周辺のスポット記事一覧へ

top