半兵衛麸
2016.6.17更新

おいしい「麸」を色々な料理に! 食べることの楽しさを感じよう

半兵衛麸

  • ショッピング

  • 芸術・文化施設

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

江戸時代に創業し、伝統の味を守り続けて320年余り。「半兵衛麸」は京麸や湯葉の製造販売店。麸にさまざまな調理を施し、老若男女誰もが好んで食べられるようなお料理や、ご進物用、おみやげ用の商品を提供しています。また、完全予約制ですが、店の奥の茶房にて麸・湯葉を使用した料理をいただくことも。本店2階には珍しい「お辨當箱(べんとうばこ)博物館」もあり、日本の食文化の素晴らしさを発信しています。

愛され続ける変わらぬ味はそのままに、さらなる新しい可能性へ!

半兵衛麸

現在の店主で11代目となる、元禄2年(1689)に創業された日本で最も古い麸屋のひとつ。宮中の料理人を務めていた玉置半兵衛が宮中での製麸の技術を生かし、京の街で麸屋を創業したのが始まりといいます。以来、水と素材と技にこだわった伝統の味を守り、人々に親しまれ続けてきました。
麸を製造するにあたっては、餅粉や小麦粉はもちろん大事な要素。しかし、実は水も大変重要で、こちらでは創業当時より、井戸から汲み上げた水質、水温の安定した地下水を使用。
昔から変わらない製法を守りつつ、時代とともに「麸」の可能性を発展させ続けています。

おばんざいから、甘味まで。さまざまに形を変化する万能の食材

半兵衛麸

「なま麸」といえば高級な料亭や懐石料理の一品というイメージがありますが、近年では居酒屋や創作料理店などでも提供される、ポピュラーなものに変化してきました。「半兵衛麸」では、そんな「なま麸」を一般の家庭でも食べていただきたいと、豊富なメニューを提案しています。
販売しているのは、一般的な「麸」のほか、元が「麸」であるとは思えない、貝やお肉のような食感の生麸のしぐれ煮や、サクサクにつくったやき麸にチョコレート!をかけたお菓子などもあるんです。
独創的な調理によって「麸」がさまざまな料理へと昇華されています。

今一度、お弁当に季節感を。工夫を凝らした昔の「お弁当箱」

半兵衛麸

現在、食事をするのは屋内がほとんどですが、昔は今よりも外で食事を楽しむ文化と習慣が多くあり、春には暖かい日差しを感じ、夏には鴨川に足を浸しながら京都人は旬の食材を味わってきました。そんな昔の人々は、お弁当箱のデザインにも楽しみを見出し、季節によって箱の柄を変えていました。
本店の2階には、「お辨當箱(べんとうばこ)博物館 」があります。さまざまな趣味趣向が凝らされた、歴史を感じさせるお弁当箱がたくさん展示されているので、ぜひ見ておきましょう。お弁当箱のデザインと機能は、日本の食文化の一方の演出方法。その楽しさに触れてみませんか。

半兵衛麸の基本情報

住所 京都府京都市東山区問屋町通五条下る上人町433
アクセス 京阪本線「清水五条」駅より徒歩1分
お問い合わせ 075-525-0008

半兵衛麸周辺のホテル・旅館

ホテルインターゲート京都 四条新町(2018年3月オープン)

ホテルインターゲート京都 四条新町(2018年3月オープン)

京都市内

2018年3月にオープンしたばかりのホテル。ごちそう野菜の朝ごはんやホテルオリジナルマットレスで、最高の朝をお届け。

アパホテル〈京都駅北〉

アパホテル〈京都駅北〉

京都市内

全室禁煙! 京都駅から徒歩5分、観光やビジネスの拠点に大変便利!

アパホテル〈京都駅前〉

アパホテル〈京都駅前〉

京都市内

JR京都駅から徒歩圏内◆駅前立地の片隅に佇む静寂な新都市型ホテル

京都東山えそら

京都東山えそら

京都市内

【京都、東山。清水寺眼下に建つ一軒貸切の宿】信楽焼きの浴槽などこだわりの設備でリラックス。寺社仏閣めぐりに最適な立地。

周辺の宿一覧へ

半兵衛麸周辺の観光スポット

京都の個性派書店は、まるで居心地のいい雑貨屋さん!?

ホホホ座

京都の個性派書店は、まるで居心地のいい雑貨屋さん!?

学生街のせいか、どことなく文化の香りが漂う京都市左京区。その中でひときわ個性あふれる書店が、哲学の道…

伏見稲荷大社に参拝の際は、名物煎餅をお土産にいかが?

おせんの里 松屋

伏見稲荷大社に参拝の際は、名物煎餅をお土産にいかが?

狐の顔の煎餅「きつねちゃん」が名物のお煎餅屋さん。お店で販売されている煎餅は一枚一枚丁寧に手焼きされ…

平安京時代に創建された京の市場を守る神社

市比賣神社

平安京時代に創建された京の市場を守る神社

平安京の官営市場の守護社として創建された神社。市場の守り神として、また女厄除けの女神として崇められて…

豊かな才能が集う場所「Gallery Cafe&Bar CoLLabo」

Gallery Cafe&Bar CoLLabo

豊かな才能が集う場所「Gallery Cafe&Bar CoLLabo」

京都市営地下鉄「烏丸御池駅」より徒歩5分の場所にある「Gallery Cafe&Bar CoLLab…

周辺のスポット記事一覧へ

ショッピングの他の記事を見る

この本屋では、読書も仕事も昼寝も部活もなんだって自由

天狼院書店

この本屋では、読書も仕事も昼寝も部活もなんだって自由

コンパクトな空間に本棚が並べられ、店内にはアンティーク調のイスやテーブル。その場にある本だけでなく、…

定番観光地は飽きたあなたに! 京都の個性派スポット5選

京都カルチャースポット

定番観光地は飽きたあなたに! 京都の個性派スポット5選

京都観光といえば、清水寺、伏見稲荷、三十三間堂、金閣寺、鴨川、祇園・・・。そんな人気の定番観光スポッ…

松本らしいお土産もあり! ナワテ通りの雑貨店

Pino Libro

松本らしいお土産もあり! ナワテ通りの雑貨店

ナワテ通りのおしゃれであたたかい雑貨店「Pino Libro」。店主が集めたこだわりの雑貨とともに、…

日本で最初の百貨店は、江戸の歴史を受け継ぐ日本橋のシンボル

日本橋三越本店

日本で最初の百貨店は、江戸の歴史を受け継ぐ日本橋のシンボル

日本銀行本店や三井本館、日本橋三越本店と、壮麗な歴史的建築物がずらりと並ぶ風景が、ほかの街にはない風…

芸術・文化施設の他の記事を見る

元禄の徳川家のお殿様の隠居所だった日本庭園は大名屋敷ならではのスケール

徳川園

元禄の徳川家のお殿様の隠居所だった日本庭園は大名屋敷ならではのスケール

徳川園は、元禄8年(1695)に尾張藩二代藩主光友の隠居所として築造された大名庭園です。その後、時代…

佐賀県の文化活動の拠点。佐賀が生んだ巨匠の作品を常時鑑賞できる

佐賀県立美術館

佐賀県の文化活動の拠点。佐賀が生んだ巨匠の作品を常時鑑賞できる

平成27年(2015)7月にリニューアルした、佐賀県立美術館。開館以来初の大規模改修とあって、美術フ…

建築デザインも注目! メディアを通じて感性を磨ける施設

せんだいメディアテーク

建築デザインも注目! メディアを通じて感性を磨ける施設

仙台市の街中にあるせんだいメディアテークは、美術とメディアを一度に楽しむことができるスポットです。斬…

元遊郭の荘厳さに圧倒される国の登録有形文化財の料亭

鯛よし百番

元遊郭の荘厳さに圧倒される国の登録有形文化財の料亭

これほどまでに贅を尽くしていたのかと驚きを隠せません。大正時代に築かれた遊郭「飛田新地」にある料亭「…

グルメなどの他の記事を見る

旧日本銀行の荘厳な建物にオープンした匠の館

カラコロ工房

旧日本銀行の荘厳な建物にオープンした匠の館

城下町松江は、歩いて回れるところにさまざまな観光名所があります。中でも異彩を放っているのが「カラコロ…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

温暖な気候、豊かな自然。伊豆への愛とこだわりをこめて

石舟庵 湯の花店

温暖な気候、豊かな自然。伊豆への愛とこだわりをこめて

四季折々、美味しい実りの溢れる伊豆。この地で生まれる素材にこだわり、ひとつひとつ丁寧にお菓子を作り上…

52階からの眺め+アート+美味の、大都会ならではの贅沢な時間

Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON

52階からの眺め+アート+美味の、大都会ならではの贅沢な時間

六本木ヒルズの屋内展望台「東京シティビュー」と同じフロアにあるミュージアムカフェ&レストラン「THE…

祇園・東山・北白川(金閣寺)の他の記事を見る

色とりどりの京飴はどれもが魅力的で、目移り必至

家傳京飴 祇園小石

色とりどりの京飴はどれもが魅力的で、目移り必至

さまざまなお店が並ぶ四条通りの中、祇園石段下で構えるこちらは創業80年以上になる京飴専門のお店。創業…

東山の観光名所である参道で京情緒あふれる散策を

三年坂

東山の観光名所である参道で京情緒あふれる散策を

「産寧坂」とも呼ばれる三年坂は、音羽山清水寺の参道である坂道のこと。まさに京都らしい趣の漂う石畳が有…

恋愛パワースポットとして注目の神社

八坂神社

恋愛パワースポットとして注目の神社

京都の八坂神社は全国的に知られた有名な神社ですが、縁結びの神や美人の女神が祀られているなど、ここは女…

創業萬延元年の宇治抹茶の老舗

辻利 京都店

創業萬延元年の宇治抹茶の老舗

日本の茶文化の中心であった京都宇治で萬延元年(1860年)に創業。150余年もの歴史と伝統を守りつつ…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

京都府のホテル・旅館

top