金沢市足軽資料館

大名だけが武士じゃない! 「金沢市足軽資料館」

金沢市足軽資料館

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

金沢市足軽資料館は、実際の足軽が住んでいた屋敷を長町へ移築して作られました。実物の建物を見学できるだけでなく、生活道具類も展示されており、当時の足軽の生活をリアルに感じることができる全国的にも珍しい資料館です。

足軽って、歴史で習いましたよね

金沢市足軽資料館 足軽とは、戦国時代に歩兵として戦った兵士のこと。戦闘がない場合は雑役を務めていたといわれています。戦闘の指揮をとる武士は、馬に乗り刀で戦いますが、足軽は徒歩で移動し (辞書では「『足軽くよく走る兵』と説明されています」)、弓・槍・鉄砲などを持ち集団で戦いました。
身分制度では下級武士という位置づけでしたが、江戸時代に入ると戦闘がなくなったことから、奉公人や浪人となった者も多くいた中、「足軽」として生活したものもいたのだとか。

下級武士でも一軒家に住まわせた藩主

金沢市足軽資料館 下級武士の暮らしは、大名の暮らしと比べ質素でした。時代劇での下級武士は、道場を持ち剣術を教えたり、長屋に住み、軽作業で糊口をしのいだりといった生活が描かれています。
しかし、加賀藩の足軽は、長屋暮らしではなく庭付きの一軒家を与えられそこで生活をしていました。金沢市足軽資料館は、そんな足軽、高西家と清水家の実際の住宅をこの地に移築して改装したものです。金沢は第二次世界大戦でも大きな被害がなく、足軽屋敷も当時のまま残されていたという事情があります。高西家、清水家とも平成になるまで住居として使用されていたのだから驚きです!

百万石の地に住んだ庶民の生活

金沢市足軽資料館 足軽資料館は、実際の足軽屋敷がそのまま移築されています。建物の作り、間取りなどが実物の形で残っていることから、当時の下級武士の生活がどのようなものであったか、リアルに想像ができます。また、面白いのが当時の足軽という身分は「足軽株」によって売買されていたということ。つまり、農民、職人、商人であっても「足軽株」を手に入れることができれば下級武士の身分になれました。こういった興味深いことも、足軽資料館内で説明があり、歴史好きの方なら大変満足できる資料館です。

写真提供:金沢市

金沢市足軽資料館の基本情報

住所 石川県金沢市長町1-9-3
アクセス 金沢駅からバスで15分「香林坊」バス停下車徒歩5分
お問い合わせ 076-263-3640

金沢市足軽資料館周辺のホテル・宿

アパホテル〈金沢西〉

アパホテル〈金沢西〉

金沢

北陸自動車道金沢西I.C.出口からすぐ!平面無料駐車場完備♪和洋バイキングも大人気です◎

アパホテル〈金沢片町〉

アパホテル〈金沢片町〉

金沢

繁華街片町や日本三大庭園の兼六園が徒歩圏内 !アパホテル1号店。静かな立地でゆったりとでき、観光やビジネスに大変便利!

アパヴィラホテル〈金沢片町〉

アパヴィラホテル〈金沢片町〉

金沢

日本三名園の一つ兼六園も徒歩圏内の好立地!全室セミスイートルームでゆったりと!旅の疲れを癒していただけます♪ 

アパホテル〈金沢野町〉

アパホテル〈金沢野町〉

金沢

静かで落ち着いた雰囲気のデザイナーズホテル♪市内繁華街など観光スポットへのアクセスに◎手作り朝食バイキングが大人気

周辺の宿一覧へ

金沢市足軽資料館周辺の観光スポット

金沢駅は駅自体もみどころいっぱいの観光地!

金沢駅

金沢駅は駅自体もみどころいっぱいの観光地!

電車や新幹線で金沢駅に到着したら、まずどこに観光に行きますか?  金沢市内にはたくさんの人気観光地が…

夜は一見さんお断り! ひがし茶屋街の茶屋でいただく贅沢な甘味

懐華楼

夜は一見さんお断り! ひがし茶屋街の茶屋でいただく贅沢な甘味

1820年に加賀藩公認の茶屋街として始まったひがし茶屋街。その伝統建築はカフェやショップとして利用さ…

素材にこだわる絶品鮨! 近江町の手押し棒鮨専門店

舟楽

素材にこだわる絶品鮨! 近江町の手押し棒鮨専門店

新鮮な海の幸や加賀野菜など、美味しいものがたくさんある金沢の近江町市場。そんな近江町市場に来たら、お…

金沢の東照宮「尾崎神社」

尾崎神社

金沢の東照宮「尾崎神社」

尾崎神社は「金沢の東照宮」と呼ばれる、徳川家康を祀った神社です。朱塗りの豪華絢爛な社殿をもつ尾崎神社…

周辺のスポット記事一覧へ

top