kara-S

若い芸術家たちのアイデア作品が集まったお店

kara-S

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

烏丸と精華大学の「S」を組み合わせて名付けられた「kara-S」は、COCON KARASUMAの3階にある学外サテライトスペース。才能ある若い芸術家が精華大学から「kara-S」から成長していくといった意味が込められています。展覧会やワークショップ、イベントなどを行う「ギャラリー」と、アートグッズを販売する「ショップ」の2つのスペースからなり、在学生や卒業生による独創的な作品も販売中。

選び抜かれた精華大学在学生の作品が商品に。新たなる試み

kara-S

平成28年4月から、SSC(Seika Student Connection)と呼ばれる新たなスペースをショップにて展開しているこちら。そこには、施設スタッフ選りすぐりの在学生の作品が並べられています。
精華大学OBのスタッフが学生アーティストと直接話し合い、作品の改善・プロデュースを積極的に行い、サポートも怠らないのだとか。
1カ月半ごとに作品を入れ替えて販売しており、売れ行きのいいものは常時お店に置いてくれるという懐の広さ。新進気鋭の作家さんにとっては、自分の腕試しができる大切な場所となっています。

ギャラリースペースでは展示会が。才能あふれる若い作品を鑑賞しよう

kara-S

展覧会やワークショップ、イベントを開催できるレンタルギャラリーは、在学生から卒業生、若手のアーティスト、一般の人も使用可能。週一でローテーションしており、こちらのスペースも学生アーティストにとっては、自分の作品を気軽に発表できる貴重な場所となっています。
学生の間ではなかなか機会のない、個展や二人展などが開けるのも好ポイントのひとつ。発展途上である未来の芸術家たちのエナジーを感じ、刺激を受けてみませんか!?

新たなアーティストらの発信の場所に。「kara-S」から世界へ!

kara-S

「パン」と「ランプシェード」を合体させた「パンプシェード」(写真)なる商品も注目株。こちらは驚くことに本物のパンを使用し、中身をくりぬいてつくられているのだそう。コーティングにより艶を出して、中身にライトを入れ、なんともかわいらしく仕上げられています。
こういった一風変わったデザインで取り上げられた雑貨から、まだほかでは発表していない若手作家の作品まで、多数展示、販売しているので要チェックです。今後もここ「kara-S」からさまざまなアーティストが巣立っていくに違いありません。

kara-Sの基本情報

住所 京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON KARASUMA 3F
アクセス 市営地下鉄烏丸線「四条」駅2番出入り口直結
阪急京都線「烏丸」駅23番出入り口住友信託銀行口直結
お問い合わせ 075-352-0844

kara-S周辺のホテル・宿

ホテルセントノーム京都

ホテルセントノーム京都

京都市内

JR京都駅より徒歩3分でアクセス良好!日本ベッド社製マットレス採用で寝心地抜群。朝食は和洋のお料理をバイキングスタイルで

アパホテル〈京都駅堀川通〉

アパホテル〈京都駅堀川通〉

京都市内

最上階にサウナ、露天風呂付き大浴場あり!京のおばんざい等の朝食バイキングも人気。京都駅からUSJへも電車で44分★

アパホテル〈京都駅前〉

アパホテル〈京都駅前〉

京都市内

JR京都駅30番改札(ビックカメラ京都内)から徒歩1分(30番改札AM10:00~PM9:00 ) 全室WiFi利用可能

京都第一ホテル

京都第一ホテル

京都市内

九条駅徒歩2分、京都駅より無料送迎バス運行中 全客室にシモンズ社製ベッドを採用 和食・洋食、選べる朝食が好評

周辺の宿一覧へ

kara-S周辺の観光スポット

おたべ本館へ行って生八つ橋の工場見学をしよう!

おたべ本館

おたべ本館へ行って生八つ橋の工場見学をしよう!

定番・八ッ橋から八ッ橋クランチやチョコ八ッ橋などの進化系まで取り扱う、京都銘菓「おたべ」。ここでしか…

清水寺、高台寺界隈で、京の香りの余韻にひたる

二井三

清水寺、高台寺界隈で、京の香りの余韻にひたる

高台寺から清水寺に通じる二年坂は、京都らしい風情が色濃く残る界隈。そこに佇み、お香を扱う店「二井三」…

京都御所近くのこだわりの日本料理店

寺町 よしくら

京都御所近くのこだわりの日本料理店

数々の有名ホテルで修業を積み、迎賓館や総理公邸などでも腕をふるった店主がオープンした、こだわりのお店…

京大生に長年親しまれてきた名喫茶。静寂にひたりつつゆっくりコーヒーを

進々堂 京大北門前

京大生に長年親しまれてきた名喫茶。静寂にひたりつつゆっくりコーヒーを

京都大学の第二学食的な存在の名門カフェ。レンガ造りの建物が長い歴史を感じさせる。「大勢の学生が一斉に…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top