茶丈藤村
2016.6.9更新

石山寺観光で立ち寄りたい甘味処。看板メニューは「たばしる」

茶丈藤村

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

紫式部ゆかりの地である石山寺。そのふもとにある和菓子店『茶丈藤村』は、作家・島崎藤村の名に由来します。丁寧に作られた上品な味の和菓子は、世代を問わず愛されています。

作家・島崎藤村がこの地に滞在していたことからその名が付けられた名店

茶丈藤村 『茶丈藤村』は、石山寺の門前すぐのところに甘味喫茶を併設している和菓子店です。店名は作家・島崎藤村がこの地に滞在していたことに由来します。御菓子は石山寺にゆかりの文人や近江の季節を反映させ、目に楽しく、食べて美味しいものが創作されているそう。柔らかな餅に包まれた丹波大納言の蜜漬けとくるみの食感が人気の「たばしる」や、山菜の蕨の根っこのでんぷんから作る本物のわらびもち「本蕨ほんわらび」など人気商品がたくさんあります。

茶丈藤村の基本情報

住所 滋賀県大津市石山寺1-3-22
アクセス 京阪石山坂本線 石山寺駅 徒歩10分
お問い合わせ 077-533-3900

茶丈藤村周辺のホテル・旅館

アパホテル〈びわ湖 瀬田駅前〉

アパホテル〈びわ湖 瀬田駅前〉

大津

2019年10月3日グランドオープン!全客室リニューアルをし、新しく生まれ変わりました!

アーブしが

アーブしが

大津

「瀬田の唐橋」を臨む中ノ島に位置 瀬田川湖畔に囲まれた静かな落ち着いた環境 川を眺めながらのお食事でゆったり

ニューびわこホテル

ニューびわこホテル

大津

全国でも珍しい天然ラドン温泉が入り放題 全館館内Wi-Fi接続、パソコンコーナーも 選べる枕で快適こだわりの寝心地

周辺の宿一覧へ

茶丈藤村周辺の観光スポット

紫式部が源氏物語を起筆した、大津観光定番のお寺

石山寺

紫式部が源氏物語を起筆した、大津観光定番のお寺

『石山寺』は、大津の南端、清流瀬田川の畔、伽藍山の麓に位置する寺。西国第十三番の札所であり、奈良時代…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

心斎橋・なんば・四ツ橋の他の記事を見る

オリックスのフランチャイズ球場。野球以外のイベントも幅広く実施

京セラドーム大阪

オリックスのフランチャイズ球場。野球以外のイベントも幅広く実施

プロ野球の公式試合が多く行われるオリックス・バッファローズのフランチャイズ球場で、試合以外にも、球場…

今も変わらぬうどんが主役の大阪の味。“うどんすき”発祥がここ

美々卯 本店

今も変わらぬうどんが主役の大阪の味。“うどんすき”発祥がここ

落ち着いた雰囲気の店内で自家製粉・自家製麺のうどん・そばを味わえる老舗。毎朝2時間かけて引いた出汁と…

なんば駅直結! 屋上庭園も備えるお買い物&グルメスポット

なんばパークス

なんば駅直結! 屋上庭園も備えるお買い物&グルメスポット

人と都市、自然が融合した商業施設。ショップ・レストラン街はもちろんのこと、スポーツクラブ、ヘアサロン…

なんばHatchを核とした複合施設であり、大阪ミナミの中心地

湊町リバープレイス

なんばHatchを核とした複合施設であり、大阪ミナミの中心地

道頓堀川に面する、水と緑の憩いの広場。広場は3つのプラザに分かれており、ファッションショーやフリーマ…

周辺のホテル・旅館

top