定禅寺通り

杜の都 仙台をケヤキを眺めながらまったり散歩

定禅寺通り

  • 散策・モデルコース

周辺のホテル・宿へ

杜の都 仙台の象徴ともいえる定禅寺通り。四季折々に表情を変える緑あふれる大通りは市民の憩いの道であり、イベントなどが開催される文化の発信地でもあります。歴史や趣を感じながら、旅の始めに終わりにゆっくりと散策してみましょう。

ケヤキ並木が美しい定禅寺通りの由来と杜の都・仙台

定禅寺通り まずはのんびりと杜の都を散策しましょう。定禅寺通りは仙台の中心を東西に結んでおり、市民の憩いの場であり街のシンボル。ケヤキ並木が続き光そそぐ遊歩道は、まるで訪れる者を出迎えてくれるかのようです。その歴史は古く江戸時代にさかのぼり、仙台城の鬼門を封じるために城下町にあった定禅寺までの参道だったと伝えられています。城主伊達家の祈願寺でもありました。また大正時代頃には、樹齢150年ともいわれる桜の老樹「定禅寺桜」があったといわれています。

季節ごとの仙台を眺めながらまったり散歩

定禅寺通り 涼しげな木陰と美しい緑に恵まれる春夏、鮮やかな橙や黄に染まる紅葉の秋、そして木漏れ日がやさしく降り注ぐ冬。ケヤキ並木は季節ごとの魅力があります。電線が埋没されているため、ケヤキの枝が美しいトンネルを描いているように見えるのも、その魅力を引き立てています。噴水やグレコをはじめとする、国内外の有名な彫像作品などを眺めつつまったりと散策できますよ。隠れ家的なカフェも多いので、通りをちょっと離れてみても素敵な発見があります。天気のよい時には、遊歩道にも即席のカフェがオープンしています。

冬の夜空に輝くイルミネーション「光のページェント」

定禅寺通り 青葉まつり、七夕まつり、ジャズフェスティバルなどの会場となることも多い定禅寺通り。中でも見逃せないのが12月に開催される「仙台光のページェント」です。雪がうっすらと積もった遊歩道と、LEDでデコレーションされた木々は幻想的でロマンチック。道の両側に立ち並ぶオフィスビルなどの窓にも反射して、遊歩道だけではなく通り全体がライトアップされたようにも見えます。会場ではシンンボルツリーの公開、光の回廊、サンタクロースのマーチング・パレードなど期間中のイベントも要チェックです。

定禅寺通りの基本情報

住所 宮城県仙台市青葉区国分町3-3付近
アクセス 仙台市地下鉄南北線「勾当台公園駅」下車
バス「定禅寺通市役所前」下車
お問い合わせ 022-261-1111(仙台市役所 代表)

定禅寺通り周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル仙台

リッチモンドホテル仙台

仙台・作並・秋保

仙台駅やアンパンマンミュージアムが徒歩圏内。女性限定やキッズのアメニティがあり充実。全館Wi-Fi無料接続。

ホテルグランテラス仙台国分町

ホテルグランテラス仙台国分町

仙台・作並・秋保

広瀬通駅の西5番出口より徒歩3分の好立地 地元の食材を使用した朝食バイキングはおすすめ 充実の無料サービスコーナー

ウェスティンホテル仙台

ウェスティンホテル仙台

仙台・作並・秋保

心地よい眺望に包まれた広い客室。伊達と舶来の文化芸術が融合したモダンな空間。レストラン&バーで国際色豊かなお食事をご提供

ホテルパレス仙台

ホテルパレス仙台

仙台・作並・秋保

仙台駅より徒歩10分。コンビニすぐそこ 全室Wi-Fi完備で旅行中の調べものに便利 レストランで昼食・夕食も楽しめる

周辺の宿一覧へ

定禅寺通り周辺の観光スポット

約120軒の様々なお店を楽しめる昔ながらの横丁

壱弐参(いろは)横丁

約120軒の様々なお店を楽しめる昔ながらの横丁

仙台の街中で、昭和の香りを色濃く残しながらも約70年活気が絶えない横丁として愛されている「壱弐参(い…

贈るこころ。食べてほしくなる菓匠三全のお菓子三選

菓匠 三全 仙台駅構内

贈るこころ。食べてほしくなる菓匠三全のお菓子三選

仙台のお土産の代表格である菓匠 三全のお菓子たち。家族や友人、恋人に贈りたくなる甘くて素敵なお菓子を…

荒城の月の作詞者が晩年を過ごした邸宅

晩翠草堂

荒城の月の作詞者が晩年を過ごした邸宅

仙台の街中にある「晩翠通り」には多くの商業施設が立ち並んでいます。この晩翠通りの名前の由来には、荒城…

仙台の情報やTV情報を手に入れるならここ

仙台縁日&仙臺いろは

仙台の情報やTV情報を手に入れるならここ

仙台のアーケードの1つ、クリスロード商店街にある、フジテレビ系列仙台放送のイベントスペースです。映像…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top