久屋大通庭園 フラリエ

「旧・ランの館」が生まれ変わって「久屋大通庭園フラリエ」に

久屋大通庭園 フラリエ

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

1998年にランをテーマとした「ランの館」が開園したものの、来場者が低迷。そのため「廃止」が決まり、2014年に閉館となります。しかしその後、新たに花の公園として再整備され、同年9月「久屋大通庭園フラリエ」として再スタート。以前は有料の施設でしたが、新しくなったフラリエは入場無料。お散歩気分で、手入れの行き届いた庭園や豪華なアトリウムを楽しめるとあって、市民からも旅行者からも好評です。

カフェやイタリア料理のほか、ウエディングにも対応。落ち着いた欧風庭園でのんびり過ごそう

久屋大通庭園 フラリエ

旧・ランの館時代からある建物は、著名なラン愛好家、欧州の外交官アジョナ・オーキッド(架空の人物)の邸宅というイメージ。中庭はスペインのパティオ、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会の水晶宮を模した設計でした。
2014年9月にリニューアルオープンした「久屋大通庭園フラリエ」では、その上質な庭園趣味を引き継ぎながらも、誰もが立ち寄りやすいよう入場無料とし、花や緑、水辺などの自然を心ゆくまで楽しめる多くのテーマガーデンが造営されています。いくつか例を挙げるなら、エントランスガーデンから始まり、大温室のクリスタルガーデン、多彩なバラを中心としたハーモニーガーデン、芝生広場のフラリエコート、東南アジアのリゾートを演出したアジアンガーデンなど。また、水辺を歩くウォーターガーデン、並木道の桜の小道、シャクナゲのみちといった散策路が整備され、深い森をイメージしたフォレストガーデンではウエディングも行われます。
ボランティアや各種教室などの参加を募り、市民参加型の庭園づくり、地域のコミュニティーづくりの一環としての花壇づくりを進めているのもフラリエの特徴。園内にはフラワーショップ、雑貨ショップ、カフェやイタリアンレストラン、ビア&ワインガーデンも設備され、いろいろなニーズで楽しむことができるスポットです。

久屋大通庭園 フラリエの基本情報

住所 愛知県名古屋市中区大須4-4-1
アクセス 市営地下鉄名城線「矢場町」駅4番出口より徒歩3分
市営地下鉄名城線・鶴舞線「上前津」駅1番出口より徒歩5分
お問い合わせ 052-243-0511(公益財団法人 名古屋市みどりの協会)

久屋大通庭園 フラリエ周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

名古屋市内

【名古屋城下に佇む癒しの空間】男女別天然温泉大浴場&サウナを完備。グルメやショッピングなど、アクティブに楽しむ拠点に♪

アパホテル〈名古屋栄〉

アパホテル〈名古屋栄〉

名古屋市内

名古屋駅から地下鉄駅「栄駅」から徒歩5分!ステーキ・ハンバーグ等の魅力のグリル料理◎展望大浴場と露天風呂は無料!!

周辺の宿一覧へ

久屋大通庭園 フラリエ周辺の観光スポット

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

みそかつ 矢場とん

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

昭和20年代初頭、屋台で何気なく串かつを“どて煮”(もつの味噌煮込み)のタレに浸して食べた人がいまし…

明治6年創業。名古屋の味「ひつまぶし」の元祖

あつた蓬莱軒 松坂屋店

明治6年創業。名古屋の味「ひつまぶし」の元祖

名古屋めしといえば、必ずノミネートされるもののひとつに「ひつまぶし」があります。細かく切ったうなぎを…

木造の本堂は名古屋市内最大。阿弥陀如来を祀る徳川家の菩提寺

建中寺

木造の本堂は名古屋市内最大。阿弥陀如来を祀る徳川家の菩提寺

「建中寺」は、慶安4年(1651)に第2代尾張藩主の徳川光友がその父、徳川義直の菩提を弔うために建立…

全国的にも珍しい「ゲームバー」。遊びながらお酒も楽しめる

レトロゲームバー てーぶる・まうんてん

全国的にも珍しい「ゲームバー」。遊びながらお酒も楽しめる

現代人の文化を語るとき、ゲームを抜きには語れません。それほどまでに生活に入り込んでいるゲーム、そろそ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top