大須観音

名古屋でいちばんの賑わいを見せる門前町「大須商店街」の大元となった寺院

大須観音

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

大須観音は元亨4年(1324)、後醍醐天皇が尾張国中島郡長庄大須(いまの岐阜県羽島市大須)に創建した北野天満宮が起源という古い寺院。その後、名古屋城築城と清洲越しに伴い、現在地に移転したといいます。当時は7大藩主徳川宗春の功績も手伝って門前町として大いに栄えました。名古屋を代表するパワースポットのひとつです。

「鬼は外」は禁句。「福は内」だけで盛り上がる節分会は、機会があればぜひ

大須観音

大須観音は、正式には「北野山真福寺宝生院」ですが、一般には「大須観音」の名で親しまれています。日本三大観音のひとつともいわれる観音霊場で、なごや七福神のひとつ、布袋像を安置しています。ご利益は縁結び、厄除け、無病息災、商売繁盛など。名古屋を代表するパワースポットのひとつなので、近隣を訪れたならぜひ立ち寄って参拝しておきましょう。
明治25年(1892)には、境内にあった宝生座(芝居小屋)裏手からの出火(大須の大火)により、本堂、五重塔、仁王門を焼失。また、太平洋戦争中の名古屋大空襲で2度目の焼失に遭ってしまいました。屋根の曲面や柱の朱色が美しい現在の本堂は、昭和45年(1970)に再建されたものです。
大須観音の行事としては、新年の初詣でかなりの人出がありますが、もうひとつ有名なのが、節分会での宝船七福神パレードと豆まき。
節分の日には、七福神に扮した名古屋市内の財界人らを乗せた宝船の山車が、名古屋の中心街栄から百貨店やブティックの立ち並ぶ大津通り、さらに大須商店街を通って境内に至り、本堂前のやぐらから豆まきをします。もしこのタイミングに名古屋を訪れることがあるなら、ぜひ見ておくことをオススメします。面白いことに、「大須観音」の寺宝に「鬼の面」があるため「鬼は外」は禁句。「福は内」だけの豆まきで盛り上がります。また、毎18日と28日には境内全体を使っての骨董市も開かれて賑わいます。

大須観音の基本情報

住所 愛知県名古屋市中区大須2-21-47
アクセス 市営地下鉄鶴舞線「大須観音」駅2番出入口より徒歩1分
お問い合わせ 052-231-6525

大須観音周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

名古屋市内

地下鉄〈栄駅〉から徒歩1分市内各スポットに好アクセス!全客室WiFi無料接続可能◎朝食は品数豊富な和洋食バイキングです。

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

名古屋市内

名古屋、栄駅まで地下鉄2駅!丸の内駅屋上に天然温泉、サウナ、露天風呂完備のアパホテル誕生!全客室Wi-Fi無料接続可能。

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

周辺の宿一覧へ

大須観音周辺の観光スポット

過去のしがらみとはスッパリ縁を絶ち、良縁に導いてくれるというウレシイ神様

山田天満宮・金(こがね)神社

過去のしがらみとはスッパリ縁を絶ち、良縁に導いてくれるというウレシイ神様

こちらは寛文12年(1672)、尾張藩の二代藩主、徳川光友が太宰府天満宮から菅原道真公の神霊を招いた…

建物がねじれながら空に伸びていくイメージ。斬新な建築デザインは一見の価値あり

モード学園 スパイラルタワーズ

建物がねじれながら空に伸びていくイメージ。斬新な建築デザインは一見の価値あり

名古屋駅東側を南北に走る名駅通りと、東西方向の広小路通が交差する笹島交差点の東南角に、信号待ちする人…

名古屋のシンボル「100m道路」の広い中央帯を占める長大な都心の公園

久屋大通公園

名古屋のシンボル「100m道路」の広い中央帯を占める長大な都心の公園

名古屋・栄の中心部にある100m道路。この道路の中央帯に、テレビ塔を中心に拡がるのが「久屋大通公園」…

歴史ある喫茶店の味を受け継いだモダンなカフェ&ゲストハウス

西アサヒ

歴史ある喫茶店の味を受け継いだモダンなカフェ&ゲストハウス

下町情緒あふれる名古屋市西区の那古野商店街。その一角にたたずむ西アサヒは、昭和初期からの歴史を誇る老…

周辺のスポット記事一覧へ

top