モード学園 スパイラルタワーズ

建物がねじれながら空に伸びていくイメージ。斬新な建築デザインは一見の価値あり

モード学園 スパイラルタワーズ

  • 複合施設・商業施設

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

名古屋駅東側を南北に走る名駅通りと、東西方向の広小路通が交差する笹島交差点の東南角に、信号待ちする人たちがスマホのカメラを向けています。それは、螺旋状に空に伸びるイメージの高層ビル。夕焼け空や周りの風景を映してひときわ輝く様子が美しいこの建物は「モード学園スパイラルタワーズ」。学校法人モード学園の運営する専門学校と三井不動産が運営する商業施設の入居する高層ビルです。

最先端のファッションやIT・医療の知識を学ぶエネルギーの体現が「スパイラル」

モード学園 スパイラルタワーズ 斬新な意匠の螺旋ビルは、かつてあった名古屋三井ビルディング南館・東館跡の再開発プロジェクトとして取り組まれたものです。竣工は2008年3月。その翌年3月に開業となり、4月には商業施設も全面開業。現代のファッションを学ぶ校法人モード学園とあって、その設計コンセプト「時代の最先端を行くエネルギーをもつ学生が、切磋琢磨し絡み合いながら上昇して、社会へ羽ばたいていく様」をまさに体現したものとなっています。
建物は、1階から36階が「名古屋モード学園」「HAL名古屋」「名古屋医専」の3つの専門学校。1階の一部と地下1階・2階が商業施設「スパイラルタワーズSHOP & RESTAURANTS」。地下3階が立体駐車場となっています。学校の中には一般の人は入れませんが、学校案内サイトを見る限り、外観以上に先端的。壁面も曲線を描き、全面ガラスばりといった非日常的な感覚のなか、最先端の知識を身に付けるにふさわしい内部デザインとなっています。
ユニークな外観を堪能したら、せっかくですから商業施設の中に入ってみましょう。飲食系では「タリーズコーヒー」や「エクセルシオールカフェ」など定番的なカフェ、バールの「IL BAR Di PUNTO」「Food BOX」、また中華料理の「中国料理 來來 煌星華」やオムレツレストラン「渋谷 ラケル」などがあります。物販・サービス系ではコンビニの「ファミリーマート」をはじめ、エステティックやリラクゼーション、美容室などが入居。気軽に立ち寄って休憩するのに手頃な規模といえます。

モード学園 スパイラルタワーズの基本情報

住所 愛知県名古屋市中村区名駅4-27-1
アクセス JR各線、市営地下鉄東山線・桜道線「名古屋」駅より地下街にて連絡・徒歩3分
近鉄本線、名鉄本線・犬山線「名古屋」駅より徒歩2分
お問い合わせ

モード学園 スパイラルタワーズ周辺のホテル・宿

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

ホテルトラスティ名古屋

ホテルトラスティ名古屋

名古屋市内

地下鉄東山線伏見駅より徒歩4分と好立地。洗礼されたイタリアンモダンなお部屋。人気のラウンジ・クオーレで優雅なひと時を

ホテル名古屋ガーデンパレス

ホテル名古屋ガーデンパレス

名古屋市内

地下鉄栄駅から徒歩5分の好立地 名古屋メニューの和洋ブッフェが人気 全室Wi-Fi対応でインターネット利用無料

ウェスティンナゴヤキャッスル

ウェスティンナゴヤキャッスル

名古屋市内

都会の喧騒を忘れる、名古屋城の自然に囲まれた格式あるクラシカルホテル。 非日常の時間を存分にご堪能ください。

周辺の宿一覧へ

モード学園 スパイラルタワーズ周辺の観光スポット

名古屋でいちばんの賑わいを見せる門前町「大須商店街」の大元となった寺院

大須観音

名古屋でいちばんの賑わいを見せる門前町「大須商店街」の大元となった寺院

大須観音は元亨4年(1324)、後醍醐天皇が尾張国中島郡長庄大須(いまの岐阜県羽島市大須)に創建した…

1989年の世界デザイン博覧会のパビリオンとして整備された本格的日本庭園

白鳥庭園

1989年の世界デザイン博覧会のパビリオンとして整備された本格的日本庭園

かつて木材取引の中心地だった白鳥貯木場を埋め立て、整備された日本庭園。もともと街区公園として開かれま…

ほっとひと息つける名古屋都心のオアシス

白川公園

ほっとひと息つける名古屋都心のオアシス

名古屋の都心で、ちょっと休憩したい。静かな場所でゆっくりしたい。そんな時にオススメのスポットが「白川…

名古屋名物・味噌おでんの真髄ここにあり

島正

名古屋名物・味噌おでんの真髄ここにあり

名古屋名物として確固たる地位を築いた味噌おでん。ここ「島正」はその名店として知られる店です。創業は昭…

周辺のスポット記事一覧へ

top