中央突堤(ダイヤモンドポイント)

和むならウッドデッキのある大阪港の突堤で。夕日や夜景の美しさは感動もの!

中央突堤(ダイヤモンドポイント)

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

明治時代に「新大阪港」としてスタートした中央突堤付近は、昭和初期には横浜、神戸と並んで日本三大港としてにぎわいました。今はそんな喧噪もなく、打ち寄せる波の音を聞きながらホッと一息つくのにちょうどいい癒しのエリア。なかでも「ダイヤモンドポイント」と呼ばれる場所は、大阪港で見る夕陽がいちばん美しいところ。特に冬の時期は、夕日が落ちる荘厳な光景を目前に眺めることができます。

広い空と海で気分リフレッシュ! 夕日と天保山の夜景でロマンチックに過ごすのもおすすめ

中央突堤(ダイヤモンドポイント)

海遊館のすぐ近くに、ウッドデッキで整備された中央突堤があります。海風に吹かれながら行き交う船や橋、倉庫や工場など、遮るもののない広い景色が楽しめ、同時に大阪港で最も美しい夕日が眺められる場所として知られます。そんなことから、いつしか「ダイヤモンドポイント」と呼ばれるようになりました。
夕暮れどきにはカメラを携えたカメラマンが数多く集まり、美しい一瞬を撮ろうとシャッターチャンスを狙っています。いつ来てもきれいですが、特におすすめは冬。ダイヤモンドポイントの真正面に陽が沈んでいく様はまさに荘厳。
また、夜はライトアップされた海遊館や、そばにある大観覧車、阪神高速道路の橋などが闇に浮かびあがり、昼間とはまた違う、ロマンチックな風景を楽しむことができます。
周辺にはカレーの「自由軒」や串かつの「活」、お好み焼き「ぼてぢゅう」など大阪の食が楽しめる「なにわ食いしんぼ横丁」や、忍者屋敷などもあるので、それらとセットにしてお出かけするのもいいですね。

中央突堤(ダイヤモンドポイント)の基本情報

住所 大阪府大阪市港区海岸通1-5
アクセス 市営地下鉄中央線「大阪港」駅より徒歩12分
お問い合わせ 06-6576-9683(大阪市港区役所 総務課区政統括グループ)

中央突堤(ダイヤモンドポイント)周辺のホテル・宿

ホテルコスモスクエア国際交流センター

ホテルコスモスクエア国際交流センター

大阪市内

「コスモスクエア駅」よりバスで5分 海遊館など主要観光スポットへもアクセス良好◎ キッズルーム完備で家族旅行にも最適

ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

大阪市内

パークに一番近い、東急ホテルズが運営するオフィシャルホテル。駅からも徒歩約1分! パークで見た夢の続きをご堪能ください。

ホテル大阪ベイタワー

ホテル大阪ベイタワー

大阪市内

全室30階以上!大阪が一望できる最高のロケーション。弁天町駅直結でアクセス至便。ダイナミックな夜景と共に大阪の美食を堪能

Universal Hotel グローレ

Universal Hotel グローレ

大阪市内

桜島駅から徒歩3分、USJ(R)から徒歩15分。大阪観光やビジネスに最適なロケーションの中で自宅の様に過ごせる充実設備!

周辺の宿一覧へ

中央突堤(ダイヤモンドポイント)周辺の観光スポット

最新モデルも敵わない味わい…。魅惑のクラシックカーの世界へようこそ!

GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)

最新モデルも敵わない味わい…。魅惑のクラシックカーの世界へようこそ!

ジーライオンミュージアム(GLION MUSEUM)は、94年の歴史を誇る赤レンガ倉庫にある、クラシ…

大坂市内から涌き出る100%天然温泉で癒しのひとときを

上方温泉 一休

大坂市内から涌き出る100%天然温泉で癒しのひとときを

立地はUSJのすぐ近く。淀川のほとり、大阪市内で源泉掛け流しの100%天然温泉を楽しむことができる施…

旧ミュージアムから受け継いだ上質な展示空間で、作品をゆったり鑑賞

大阪文化館・天保山

旧ミュージアムから受け継いだ上質な展示空間で、作品をゆったり鑑賞

近現代美術の収集・展示を行っていたサントリーミュージアム[天保山]は、閉館に伴い大阪市に無償譲渡され…

イベント・ショッピング・レストランが集結した大型シーサイドモール

大阪南港ATC(アジア太平洋トレードセンター)

イベント・ショッピング・レストランが集結した大型シーサイドモール

大阪南港に建つ大型複合商業施設。シーサイドならではの、海が見える抜群のロケーションに約70店舗が軒を…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top