京都タワー

眺望だけじゃない! 一度は行ってみたい観光の穴場

京都タワー

  • 定番

  • 宿泊・温泉

周辺のホテル・宿へ

1964年に開業し、ランドマークとして親しまれている京都タワー。高さ100mにある展望室では京都で一番高い眺望を楽しめます。京都駅から徒歩3分なので観光の拠点にも。地下3階にある大浴場は穴場スポット。アメニティなどもあり手ぶらで立ち寄れるので、観光前や後にリフレッシュできます。

京都のランドマークは「世界一」のタワー!?

京都タワー ランドマークとして知られる全長131mの京都タワー。実は鉄骨を使っていないモノコック構造(応力外皮構造)のタワーとして、世界一の高さを誇ります。鉄の骨組みはなく、筒状の塔体で力を受け止め、全体をささえる仕組みとなっているのです。また京都タワービルが土台になっているため、ビルの上にタワーが建っているのも珍しいですね。
以前、京都中央郵便局があった場所に、観光の拠点として建設されました。展望室が開業したのは1964年、東京オリンピックが開催された年でもあります。

世界遺産や古都の街並みを空から眺める展望室

最上階の展望室5階は、地上100mの高さとなっています。眼下に広がるのは、世界遺産や国宝建築などが広がるパノラマビューです。
国宝の東福寺三門、三十三間堂本堂、知恩院三門、世界遺産の東寺、清水寺、西本願寺(国宝)が見えます。いずれも正面から見るのとはまた違った趣があります。
京都駅からも近いので、新幹線に乗る前にちょっと時間があるときなどに立ち寄って、空から名所探訪をしてみてもいいかもしれません。

旅の始まりに終わりにちょっとひと風呂 京都タワー大浴場~YUU~

京都タワー 地下3階にある立ち寄り風呂の「大浴場~YUU~」。早朝にバスで京都に着いたときに、リフレッシュしてから観光へ。あるいは一日たっぷり遊んで帰る前に。朝7時から夜10時までオープンしている癒しのスポットです。
大浴場というだけに、シンプルながらも広々とした浴槽は開放感たっぷり。シャンプー、リンス、ボディソープなどのアメニティも備え付けてあります。また、バスタオルのレンタルもあるので、思い立ったら気軽に立ち寄れるのもいいですね。※写真は男湯です

京都タワーの基本情報

住所 京都府京都市下京区東塩小路町721-1
アクセス JR京都駅より徒歩2分
お問い合わせ 075-361-3215

京都タワー周辺のホテル・宿

アパホテル〈京都駅堀川通〉

アパホテル〈京都駅堀川通〉

京都市内

最上階にサウナ、露天風呂付き大浴場あり!京のおばんざい等の朝食バイキングも人気。京都駅からUSJへも電車で44分★

GuestHouseSENDO

GuestHouseSENDO

京都市内

<西院駅から徒歩5分> アンティークでカラフルなお部屋★女性用・男女ドミトリー・個室などお部屋も用途に合せご利用ください

からすま京都ホテル

からすま京都ホテル

京都市内

四条駅・烏丸駅より徒歩約1分。京都の街中に位置しながら静かに過ごせるホテル。和食・中華など多彩な料理を愉しむ。

天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前

天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前

京都市内

【JR京都駅から徒歩約3分】最上階の天然温泉は露天風呂とTV付サウナ完備!和洋朝食バイキングは京料理も楽しめる♪

周辺の宿一覧へ

京都タワー周辺の観光スポット

廃校の小学校を利用したレトロ喫茶。アートを楽しんだ後に一服♪

前田珈琲 明倫店

廃校の小学校を利用したレトロ喫茶。アートを楽しんだ後に一服♪

情緒あふれる、昭和レトロな小学校跡のカフェ。校庭のベンチで一休みがてら読書をする人もいるんだとか。が…

京都といえば「よーじや」! 京都駅構内、2箇所で販売中

よーじや 京都駅八条口コーナー

京都といえば「よーじや」! 京都駅構内、2箇所で販売中

あぶらとり紙で有名なよーじやは今では京都を代表する化粧品・化粧雑貨ブランドです。海外の方にも人気です…

世界トップクラスのショコラが自慢のサロン

サロン・ド・ロワイヤル 京都店

世界トップクラスのショコラが自慢のサロン

美味しいお店は表通りから見えない場所にあっても、なぜか賑わうものです。「サロン・ド・ロワイヤル 京都…

国際色豊かな本格ブリティッシュパブが和の街で楽しめる

Pig&Whistle(ピッグアンドホイッスル)

国際色豊かな本格ブリティッシュパブが和の街で楽しめる

地元の人にはもちろん、多くの外国人にも愛されている東山三条にある老舗ブリティッシュパブ。本場英国のパ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top