辻利 京都店

創業萬延元年の宇治抹茶の老舗

辻利 京都店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

日本の茶文化の中心であった京都宇治で萬延元年(1860年)に創業。150余年もの歴史と伝統を守りつつ、型にはまらず新しいものを生み出す「守破離」の精神を大切にしています。シグニチャーともいえる抹茶を使ったスイーツやドリンクは、ここでしか味わえない日本茶の香り、風味をたっぷりと堪能できます。

茶匠のこだわりが感じられる抹茶

辻利 京都店 京都の宇治は、日本の茶文化の中心です。創業以来およそ150余年にわたり、辻利はこだわりの抹茶の世界を切り拓いてきました。
種類ある日本茶の中でも、抹茶は茶の全てを味わえるからこそ、産地や気候条件、製法が重要なファクターとなります。
現在では、和洋を問わずスイーツやドリンク、料理などに使われています。抹茶の新しいおいしさは定着しており、日本だけではなく、アジアを中心に世界中に広まっています。

ラテからスムージーまで抹茶づくしのドリンク

辻利 京都店 伝統を守りながら新しいことに果敢に挑戦し、“守破離”の精神を体現する辻利。抹茶を使ったコラボからもこのコンセプトが伝わってきます。
クリームと相性抜群の「京ラテ」は抹茶の濃さが二種類あるのが嬉しいですね。八つ橋やあんこの和素材をあしらった「京ラテ スムージー」は、抹茶の味がひきたつスムージー。初めてなのになつかしい気がする味です。型にはまることなく新しい調和を生み出していますが、もちろんお茶の伝統も忘れません。抹茶から広がる世界が創り出す、斬新で上質な味を楽しむことができます。

抹茶の香り高き雅なスイーツ

辻利 京都店 色や香りが重要な抹茶系スイーツ。独特の甘みを帯びた濃厚さが魅力です。抹茶を使用したわらび餅やプリン、ミルフィーユなど、京都っぽさあふれる王道デザートの数々は、じっくり吟味して選びたいですね。甘さとのバランスも絶妙で、最後まで飽きることなくいただけます。
おみやげスイーツも充実しています。宇治抹茶チョコレートでコーティングされた「京茶ラスク 抹茶」、本蕨粉のわらび餅に抹茶が香り立つ「宇治抹茶わらび餅」など、和に洋にさまざまなバリエーションで展開しています。

辻利 京都店の基本情報

住所 京都府京都市東山区中之町(四条通大和大路西入)215
アクセス 電車
京阪電鉄 祇園四条駅[6番出口]より徒歩約1分
阪急電鉄 河原町駅[1番出口]より徒歩約4分
バス
京都市営バス/京都バス/京阪バス
「四条京阪前」より徒歩約1分 「四条河原町」より徒歩約5分
お問い合わせ 075-551-0220

辻利 京都店周辺のホテル・宿

ホテルセントノーム京都

ホテルセントノーム京都

京都市内

JR京都駅より徒歩3分でアクセス良好!日本ベッド社製マットレス採用で寝心地抜群。朝食は和洋のお料理をバイキングスタイルで

OMOTENASHI

OMOTENASHI

京都市内

【一棟貸切宿で大切な人と大切なひと時を堪能】JR京都駅から徒歩10分・充実のアメニティ完備

ホテル平安の森 京都

ホテル平安の森 京都

京都市内

京都東山の観光拠点として銀閣寺や平安神宮などへの散策に最適です。明るく広々とした備長炭入りの大浴場が自慢のホテルです。

下京庵

下京庵

京都市内

~京都の趣を感じる古き良き一棟貸の旅宿~京都駅から徒歩7分でアクセス良好・西本願寺と東本願寺の真ん中!名所巡りの拠点に◎

周辺の宿一覧へ

辻利 京都店周辺の観光スポット

ビジネスマンにオススメ! 願いを聞いてもらえるゑびす神社

京都ゑびす神社

ビジネスマンにオススメ! 願いを聞いてもらえるゑびす神社

えびす様は七福神の一人で出世と豊穣の神様として有名ですが、実はあまりお耳が良くなく、なかなか願いが聞…

お香の老舗「松栄堂」でお気に入りの香りをおみやげに!

香老舗 松栄堂 京都本店

お香の老舗「松栄堂」でお気に入りの香りをおみやげに!

優しい香りに包まれて、心を落ち着かせる……。古くから日本の歴史に根づいているお香。せっかく京都を訪れ…

大正時代の洋館をリノベートした、大人の商業施設

文椿ビルヂング

大正時代の洋館をリノベートした、大人の商業施設

ショッピングや食事目的だけでなく、アートやカルチャーの発信基地としても、地元や観光客から注目を集める…

京町家をそのまま使った、くつろげるブックカフェ!

CAFE1001

京町家をそのまま使った、くつろげるブックカフェ!

築150年以上の京町家にほとんど手を加えず、風情ある雰囲気のままに喫茶店として営業。ちゃぶ台やレトロ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top