梅小路公園

京都駅から徒歩で行く、緑あふれる癒しの新名所

梅小路公園

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

旧JR梅小路駅の跡地にできた総合公園です。京都駅から徒歩で約15分の距離にありながら、緑と花にあふれている憩いの空間です。京都市電だった車両が走るチンチン電車は大人気。2016年4月末には日本最大級の京都鉄道博物館もオープンしました。

伝統的な日本と自然が息づく癒しの庭園

梅小路公園

古来より培われた作庭技術を、平成の今に創生させた池泉回遊式庭園が「朱雀の庭」です。池全体を「水鏡」にみたてたり、芝生の中を幾筋もの水流が流れる「野筋」などが目をひきます。
歩道橋でつながる「いのちの森」は、元貨物駅とは想像もつきません。なるべく自然に近い形でのいきものの生息空間づくりとなっています。
次第に一体となった二つの空間に、いつの日か都会から姿を消してしまったいきもの達が戻ってくるかもしれませんね。

なつかしき昭和の風景 廃止された市電の保存車両がチンチン電車に

梅小路公園

1978年に廃止された京都市電ですが、現在でも市内各所にその名残が感じられます。その保存車両がチンチン電車となり、土日祝に運行しています。
市電カフェ、市電グッズ販売や休憩所として利用される保存車両が展示してある「市電ひろば」。そこから「すざくゆめ広場」まで、距離自体は短いのですが、ゆっくりと走っていくので景色も楽しめます。
木造でレトロ感のある車両はきれいに整備されており、ノスタルジックな気分になれそうです。

庭園の中に自然にとけ込む「緑の館」とレストラン

梅小路公園

イベントスペースや展示会場としても利用できるのが「緑の館」です。「朱雀の庭」にとけこんでいるように見えます。
その館内にあるのが「京野菜レストラン梅小路公園」です。店内は天井までのガラス張りで、庭の一部のような開放感ある佇まいです。京野菜を使ったオリジナルのメニューはおいしいだけではなく、体が元気になるようなお料理ばかり! 四季を通して旬の恵みをいただけます。モーニングからディナー、バータイムまで利用できるので、ゆったりとした空間で過ごしてみてはいかがでしょうか。

梅小路公園の基本情報

住所 京都府京都市下京区観喜寺町56-3
アクセス 「京都」駅(JR・地下鉄・近鉄)中央口より塩小路通を西へ徒歩約15分
お問い合わせ 075-352-2500

梅小路公園周辺のホテル・宿

アパホテル〈京都駅前〉

アパホテル〈京都駅前〉

京都市内

JR京都駅30番改札(ビックカメラ京都内)から徒歩1分(30番改札AM10:00~PM9:00 ) 全室WiFi利用可能

アパホテル〈京都駅堀川通〉

アパホテル〈京都駅堀川通〉

京都市内

最上階にサウナ、露天風呂付き大浴場あり!京のおばんざい等の朝食バイキングも人気。京都駅からUSJへも電車で44分★

ルビノ京都堀川

ルビノ京都堀川

京都市内

京都市内を南北に貫く«堀川通り»に当館あり!市バス堀川下長者町より徒歩1分♪種類豊富な和洋食の朝食バイキングをご堪能あれ

ホテルセントノーム京都

ホテルセントノーム京都

京都市内

JR京都駅より徒歩3分でアクセス良好!日本ベッド社製マットレス採用で寝心地抜群。朝食は和洋のお料理をバイキングスタイルで

周辺の宿一覧へ

梅小路公園周辺の観光スポット

地元の人から観光客まで、時間を気にせず気軽に立ち寄れるうどん屋さん

辨慶うどん 東山店

地元の人から観光客まで、時間を気にせず気軽に立ち寄れるうどん屋さん

五条大橋を越えて、真っ直ぐに五条通を歩いて行くと見えてくる、昔からある人気のうどん屋さん。暖簾をくぐ…

1751年から続く日本画用絵具専門店。胡粉ネイルは京都ならではのアイテム

上羽絵惣

1751年から続く日本画用絵具専門店。胡粉ネイルは京都ならではのアイテム

地下鉄烏丸線「四条」駅から歩いて約5分のところに、日本最古の絵の具屋さんがあります。現在もプロの日本…

京都らしい食材を使った和食を鴨川を眺めながら楽しめる

まんざら亭 団栗橋

京都らしい食材を使った和食を鴨川を眺めながら楽しめる

京都で人気の居酒屋チェーン「まんざら」の団栗橋店。湯葉や生麩など、京都らしい食材を使った一品をお手ご…

老舗の箸専門店。自分にぴったりのMY箸を見つけよう

市原平兵衞商店

老舗の箸専門店。自分にぴったりのMY箸を見つけよう

禁裏御用達の、250年以上続くお箸専門店。明和元年(1764)創業で、店内には杉や竹黒檀など、さまざ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top